So-net無料ブログ作成

ミャンマーへの入国と機内での出来事! [海外のはなし]

ミャンマーへの入国と機内での出来事!
DSC02344.JPG
日本の八朔に似た身と味

 2月4日、日本出国時の手荷物検査で若い男性の検査官から呼び止められて、岡根さんから預かった細い羊羹四本が液体扱いで没収すると言われた。悔しいので「それでは、今かぶりつくから」と一口。すると隣の先輩女性検査官が「それは大丈夫」という。

結局、「一本二百円程度の補償では納得できない!」とごねてみたら、後で千円をこっそり渡してくれた。搭乗口で岡根さんのワンカップ酒と二個のおにぎりに化けてしまった。
DSC02330.JPG
DSC02329.JPG
DSC02332.JPG
DSC02333.JPG

 エアアジアXJ601便タイバンコック行き、18Bの座席。窓側の男性は26才の仙台出身の小俣祥平氏。
DSC02338.JPG
仕事を辞めてタイ、マレーシア、インドなどの旅を一年半かけて旅をすると言う。調理師の資格を1年で取り、メキシコで過ごしたこともあるが、料理は好きではないと言う。右隣は
LWIN SAN氏でITを学ぶ早稲田大学生29才。
DSC02335.JPG
2月28日まで実家に帰省すると言う。実家は薬屋さんらしい。毎月20万円の仕送りを受け、更に早稲田大学の奨学金を受けている恵まれている。実家に立ち寄りたいとメールアドレスの交換をした。

 空港には岡根さんのかつての従業員だったミオンさんが出迎えに来ていただいた。前に羽村でお会いした日野自動車のコックをされているトンウエイさんのお兄さんで、車の洗車業を経営されている。トンウエイさんの奥さんのお姉さんの実家にミオンさんは住まわれて、家に立ち寄らせていただいた。豪華なお家で驚いた。
DSC02340.JPG
DSC02345.JPG
DSC02346.JPG
DSC02341.JPG
DSC02344.JPG
DSC02342.JPG

 二階の祭壇には、日本から買い求めた牛久大仏、鎌倉大仏などのミニチュアが飾られていた。八朔によく似たポメロ、餃子、ビールを御馳走になった。ミャンマーでは珍しい日本のウオッシュレットトイレを備えていた。その後、Snmmit Parkviewホテルへ。中々豪華な六階建てのホテル、337号室へ。手動のウオシュレットシャワーが付いている。疲れてしまい、9時に寝てしまった。無呼吸症候群の治療でマウスピースといびき対策の耳栓をして。翌朝、蛙の鳴き声かと思わせる声に驚いた。ヒヨドリか?
DSC02357.JPG
DSC02349.JPG
DSC02351.JPG

2月5日、ホテルのパソコンが使えるか7時にパオコンルームへ。一時間3ドル。若い女性がヘルパーしてくれる。日本語版を設定していただいたが、ブログ作成のIDが思い出せず、とうとうこの時は開けなかった。妻に頼んで、切り替え前のスマホの「日記帳」の中から探して貰い、ようやく夜から作成できるようになった。今、タブレットで原稿を書いている。ホテル一階のレストランでバイキングの朝食を済ませた。

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ




nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

あきる野市の美肌の湯で有名な「瀬音の湯」で入浴へ! 2019年1月31日 [温泉巡浴]

あきる野市の美肌の湯で有名な「瀬音の湯」で入浴へ! 2019年1月31日
梅さくら.jpg
画 金森 達

市役所で発行していただいた、65歳以上の高齢者が利用できる入浴料補助券を利用して、朝から「瀬音の湯」入浴に出かけた。一人200円の割り引きとなり、3時間利用で900円が700円になる。瀬音の湯に最初に入浴したのは、2009年10月5日。私の国内温泉巡浴1323カ所目の温泉地で、その後何度か、家族で、また時々、障がい者の移動支援ヘルパーで瀬音の湯の「足の湯」を利用し、遊歩道を散策することなど何度か行っている。
参考:https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2015-07-29
DSC02318.JPG
DSC02310.JPG
DSC02303.JPG
DSC02311.JPG
足湯

10時10分頃の早い時間帯なのに、駐車場には所沢や練馬、石川ナンバーもある結構車で一ぱいだ。自動販売機で入場券を購入し、妻と一時間後の集合としてそれぞれに入浴。肌につるつる感が強く気持ちが良い。PH10.1のアルカリ度の高いアルカリ性単純泉で、お肌にうるおいを与えてくれる「美肌の湯」。「温泉選挙2017」の「うる肌部門」で全国第3位に選ばれたことがある。天候が曇りなので露天風呂からの眺めは暗い印象だ。30分ほどで上り、場所を休憩広間に変えて横になりながら、新聞を読んで妻を待った。
DSC02309.JPG
DSC02300.JPG
DSC02298.JPG
ダイニング川霧の天井
DSC02296.JPG
DSC02297.JPG

入浴後にレストラン「ダイニング川霧」で、私は「とろろそば」850円、妻は「瀬音膳」1080円を注文した。「カフェせせらぎ」や「物産即売所」で扱っている弁当などを休憩所で食べる家族も多い。
BGMで雅楽の越天楽(えてんらく)が流れていた。今日は1月31日、まだ一月なので今日までお正月の雰囲気を出そうとしているのか。物産即売所で買い物を楽しんで、帰宅に着いた。自宅からわずか30分ほどで行くことができるので、半日でゆっくり楽しめる贅沢な時間だった。
DSC02312.JPG
DSC02314.JPG
DSC02315.JPG
DSC02316.JPG
別棟の物産即売所

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ




nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2月4日発ミャンマーの準備におおわらわ! [海外のはなし]

2月4日発ミャンマーの準備におおわらわ!
節分豆まき.jpg
金森 達 画

ミャンマーに2週間滞在する旅の準備に大わらわです。1週間は同道する友人のミャンマー知人が案内してくれるのにお任せで、後の1週間は温泉選巡りに行く予定です。フライトが格安航空券で、手荷物は7キログラム以内と決められているので、ウェストバックは大き目のを持参する予定です。
必需品の寝袋、デジカメ、タブレット、充電器、持病薬、肌着らが中心。携帯ウォシュレットはネット1,180円で購入しました。肌着のパンツは1枚にし、洗濯の面倒さを避けるため介護用紙パンツを持参するつもり。15日間の旅行傷害保険は「ネットたびとも」で、治療費用3000万円、他は2000万円、賠償責任1億円保証で、6,270円でした。
DSC02277.JPG
DSC02278.JPG
百円ショップで購入した、耳栓
DSC02280.JPG
DSC02282.JPG
DSC02281.JPG

友人が日本在住のミャンマーの友人に「荷物を運んでほしい」と頼まれているようで、航空会社に問い合わせをしてみました。20キログラムまでは事前予約で7,190円。当日だと2.5倍になるようです。出発時間が9時15分と早いので、当日だと青梅からのJR始発時間に間に合わないので、前泊することにしました。成田ビューホテル1ツインルーム2名利用で、6,080円でした。一人3,040円は安いですよね。成田空港までの送迎バスは無料です。
 自宅からは冬物コートを羽織っていくので、成田空港で預ける場所を探しました。成田第二ターミナルJAL ABCの手荷物預かりカウンターです。10日間で1,550円だそうです。

体調の面では、出発前に頸椎のリバビリや前立腺肥大症の後遺症で尿道拡張措置に行って、抗生物質をいただかなければなりません。かつて、中国瀋陽での温泉巡りで、砂湯などに入浴したせいか、帰国日あたりから睾丸が痛くなり、病院での診察で炎症を起こしていると即入院でした。どうも尿道から細菌が入り、膀胱から睾丸に移ったらしいという。その後、昨年のインドネシア・ジャワ島の温泉巡りでは、またそのような事態が予想されるので、違和感があったら、抗生物質を飲用するようにと医師の指示をいただいていたのです。今回もそれに見習ってみようと思います。海外の温泉巡りも、体を張った命がけなのです。

ブログを書いている1月25日、NHK・BSプレミアムで2018年作の日・ミャンマー合作映画「マイ・カントリー マイ・ホーム」を観ました。日本人として生きてきた高校生が着郷を告げられ、揺れ動く心情を描いたもので、「国籍」を問うテーマでした。ミャンマーの都市や田舎の風景も見られました。
http://blog.livedoor.jp/jikogisei212/archives/2062798.html

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(63)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

池上大坊 本行寺のお墓参りと戸越銀座商店街散策へ! 1月16日 [東京・青梅周辺]

池上大坊 本行寺のお墓参りと戸越銀座商店街散策へ! 1月16日
DSC02266.JPG
戸越銀座商店街

 昨年、青梅市に住んでいた友人が青梅線電車に乗車中、心不全で亡くなった。67才だった。かつて、港区の沖電気に勤務していた。現役時代に労働組合活動をしていて、退職後も労働者の権利を守る、不当な首切などの裁判闘争ボランティアに携わり、青梅から電車で港区に日参していた矢先だった。
近所に住まわれて、何かと親しくしていただいていただけに、とてもショックだった。
 亡くなった1月16日は、初閻魔といい、閻魔大王の縁日。この日は地獄の蓋が開くといわれ、鬼も亡者も休むとされる日である。彼は池上大坊 本行寺の樹木墓地「そせい」に散骨されている。幼い頃、池上で育ったことから、この地を選んだらしい。池上大坊 本行寺は、日蓮上人の霊場である。700年前の弘安五年(1282年)9月8日、9か年滞在していた身延山を後にして、病んだ身でこの地の郷士、池上宗仲公の館で療養に日々を過ごした。10月3日辰の刻(午前8時頃)に61歳の生涯を閉じられた。ご臨終の間は、日蓮上人がご入滅になられたお部屋で、病弱の身で弟子に「立正安国論」の講義をした時に寄りかかったとされる「お寄り掛かりの柱」が残されている。裏には日本庭園「鶴林庭」も美しい。
DSC02235.JPG
DSC02236.JPG
池上大坊 本行寺

 さて、本堂の右後ろの傾斜地に樹木墓地「そせい」がある。平成26年秋に創設され、ちょうど4年が過ぎた。百余人の方々の散骨がされていて、山側に戒名が記された表示板が貼り付けられている。献花祭壇が何カ所かあり、お参りに見えた花束が飾られていた。寒桜が花を咲かせていた。
DSC02237.JPG
DSC02248.JPG
DSC02238.JPG
DSC02245.JPG
DSC02247.JPG
DSC02244.JPG
DSC02246.JPG
樹木墓地「そせい」
DSC02251.JPG
DSC02252.JPG
DSC02255.JPG
DSC02256.JPG
日蓮上人ご臨終の間・庭園・お寄り掛かりの柱

 路線バスの「本門寺裏」から五反田駅行に乗る。五反田駅手前の「戸越銀座」バス停で下車し、戸越銀座商店街を散策する。http://www.togoshiginza.jp/
この地には、「戸越銀座温泉」があり、2010年8月2日に入浴に訪れた。私の国内温泉巡浴1347カ所目の湯だ。第二京浜国道の「戸越銀座」バス停で下車し、商店街に入る。戸越銀座商店街は、全長1.3㎞に及ぶ関東有数の長さを誇り、商店街ブランドや産学連携の成功事例として注目されている。今では、下町情緒あふれる商店街としてメディアからの注目度が高い。昨日も日本テレビで19時から放映されたという。東急池上線戸越銀座駅から中原街道方面に向かったすぐ左手に寿司割烹三善(さんぜん)に入店してランチ。店前のランチメニュー「海鮮漬け丼 茶わん蒸し 小鉢 あら汁 880円」に釣られてだ。カウンターに座ると正面に「期間限定 たる酒」が峰入る。友人の命日の供養で升酒を飲むことになった。海鮮の漬け丼がとてもおいしかった。「この料金でよくぞ出せるものだ」と後で立ち寄った観光案内所の女性に話したら、「他にもおいしいお寿司屋さんがあります。寿司勢屋さんにも行ってみて!」と言っていた。最後に「戸越銀座温泉」に立ち寄ってみたが、15時からの営業だった。http://www.togoshiginzaonsen.com/
DSC02271.JPG
DSC02266.JPG
DSC02269.JPG
DSC02263.JPG
DSC02265.JPG
寿司割烹三善寿司
DSC02272.JPG
DSC02273.JPG
戸越銀座温泉
DSC02275.JPG
案内所

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(56)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

丹波山村無形民俗文化財の「お松曳き」に参加する! 2019.1.7 [東京・青梅周辺]

丹波山村無形民俗文化財の「お松曳き」に参加する! 2019.1.7
DSC02117.JPG
お松曳きの前で前奏の演

知人の岡根さんからのお誘いで、山梨県丹波山村の「お松曳き」に参加した。「飲み放題の振る舞い酒に参加しませんか?」のメールが届いた。1月7日の当日、JR青梅駅前を11時に出発!岡根氏の運転でマイクロバス14人の同行者メンバーは、まるで旅一座のようだった。ピアニスト・弾き語りの光野真理さん、ニューヨーク帰りのピアニスト滝沢かつあきさん、即興舞踊家・気功研究家の池田美鳥さんなど。丹波山村には12時40分に着いた。
DSC02102.JPG

 彼女ら前座の演奏グループは準備に忙しい中、私は顔見知りの友人と道の駅へ行き、腹ごしらえをする。私は、鹿そば(900円)とラグー仕立てのカゴロッケ(250円)、友人は鹿の味噌だれ丼(900円)。レストランは川沿いにあり、対岸には「丹波山温泉のめこい湯」がある。ここにはイベントが終わってから、入浴することになる。
参考:http://www.nomekoiyu.com/ 1997年12月20日に入浴した私の国内温泉巡浴79湯目の温泉だ。(現在の国内温泉巡浴数1410湯)
DSC02103.JPG
道の駅のレストラン
DSC02110.JPG
鹿そば
DSC02111.JPG
鹿の味噌だれ丼

神社前に戻ると、「お松曳き」の前座として、光野真理さんらの弾き語りと演奏、舞踊が厳かに行われていた。舞踊家の池田さんの舞いは、幻想的で天女の舞いのような神聖な雰囲気が感じられた。岡根さんは、水戸黄門様のいでたちで多くの耳目を集めた。
DSC02096.JPG
「お松曳き」の修羅
DSC02117.JPG
DSC02128.JPG
DSC02136.JPG
神社前の前奏の演

 正月7日に行われる「お松曳き」は、門松を払う松送りの催事。七草粥を食べた後、熊野神社に集められた松や正月飾りを運び、修羅と呼ばれるY字形の木ぞりに積み上げ、正面にはその年の干支を飾る。午後1時30分にかどや旅館前をスタート。修羅につけられた二本の綱を法被姿の村人や観客たちが「よーいよーい」と木遺の音頭で掛け声を合わせながら、道祖神まで引いていく。途中に三回ほど二階家から菓子や餅、蜜柑が投げられる。それを食べると1年病気をしないとい言われる。
お松引きの面々の首に小さな升がかけられている。一升瓶で注ぎに来るお酒を受ける升なのだ。出発地点のテーブルに一個500円で売られていたものだ。注ぎに来るたびに升で受けるうまい仕組みだ。購入すると個数限定で、小瓶の芋焼酎をいただける。
休憩地では樽酒(無料)、けんちん汁、焼き鳥、ぜんざい、鹿肉など用意されていて、4時頃をめどに終了となる。
DSC02172.JPG
DSC02208.JPG
DSC02202.JPG
DSC02206.JPG
DSC02146.JPG
DSC02149.JPG
けんちん汁
DSC02145.JPG
DSC02225.JPG

休憩の合間には、他地区からの助っ人のお囃子や和太鼓の演奏が観られた。お囃子は奥多摩町羽黒三田神社囃子、
DSC02160.JPG
DSC02170.JPG

 和太鼓は3年前から来ているという若手の青梅の太鼓グループ「和太鼓JZ(ジェス)」で大熱演だった。
DSC02177.JPG
DSC02179.JPG
DSC02193.JPG
DSC02199.JPG
DSC02197.JPG

 天候にはとても恵まれ、雲一つない快晴だったが、午後三時を過ぎ日がかげると一気に気温が下がる。私は早めに抜け出して、道の駅の対岸の「丹波山温泉のめこい湯」へ。時間帯が良かったのか、貸し切り状態で最高の気分!「道の駅」へ戻る橋にはイルミネーションが点灯し夜のロマンチックな夜景も楽しめた。
DSC02215.JPG
DSC02217.JPG
DSC02218.JPG
DSC02229.JPG
DSC02231.JPG

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


 

nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019年 明けましておめでとうございます。 [東京・青梅周辺]

2019年 明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
DSC02053.JPG
あきる野市二宮神社

家の松飾りは、今年はとても小さな松飾りになりました。毎年年末に、妻の仲間たちが地域の会館をお借りして、自前の松飾りを作っていました。昨年末は、会館が修理のため借りられず、中止になりました。
私の親しい絵描きの友人が84歳の高齢で、病院に入院したのでお見舞いに行きました。あらかじめ面会の連絡を取ると、「その時に食べられるもの以外は持ち込まないで」と注意されていました。たまたまその日は息子さんが面会に来ていて、食べ物もNGだったので、百金で「お正月らしい雰囲気を楽しめるもの」として小さな松飾りを持ち込みました。ところが本人があまり興味を示さなかったので、持ち帰ることになり、自宅の玄関に飾ることになりました。
DSC02050.JPG

正月一日は、朝神棚に新しいお酒を供えました。金沢の寛永二年(1625年)創業の福光屋のお酒。金箔入り純米酒です。金沢は金箔の生産量は全国の99%らしいので流石です。
DSC02052.JPG

 一日は私のアルバイトで障がい者の移動支援へルパの仕事が6時間半予定されていました。本人との相談で買い物の後、初詣に行くことになり、近くのあきる野市の二宮神社に行きました。駐車場がなく、参拝者は階段の下に路上駐車でした。参拝者や神社の関係者方に確認したら、いつもそうしてるから大丈夫とのこと。午前10時頃、参拝に並ぶともうすでに100人の列をなしています。お参りが終わるころは200人の列を作っていました。参拝の後、拝殿手前で「お神酒」を用意していましたが、参拝者は車で来ていたことからか、受け取る人はあまりいませんでした。
DSC02054.JPG
DSC02055.JPG
DSC02059.JPG
DSC02058.JPG
あきる野市 二宮神社

二宮神社は歴史が古く、社伝によれば、日本武尊が御東征の折、国常立尊を祀った天慶二年(九三九)平将門の乱が起こった時、藤原秀郷が将門追討のため当地に来たことがあった。当社を尊敬し、戦勝祈願をこめた。乱平定の奉賽として社殿、玉垣を造営したという。
後、源頼朝より社領千石寄付されたというし、くだって戦国時代になって、小田原城主北条氏政から社領五〇〇石を寄せられ、一族の滝山城主北条氏照の祈願所となった。その後天正十九年(一五九一)には、徳川家康より御朱印一五石を受けたという。
社務所の裏に無料で観られる「二宮考古館」があると知り、立ち寄ったが休館日で入館できなかった。

我が家は妻と二人住まいですが、年末29日~1月5日まで、妻は長女の三女の出産もあり、三重県に出かけました。ですから、いつもはお節料理を楽しんでいたのが、お節料理は無く、自炊のお正月になりました。「一人で静かになっていい」と三日目までは思っていましたが、毎日お蕎麦やカップ麺ではさすがに飽きてしまいました。

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(70)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

2018年の終わりに当たって 

2018年の終わりに当たって 
12月クリスマスと年越し挿絵.jpg
金森 達 画

今年も一年過ぎた。2018年新年の抱負を下記のように綴っていた。

「今年の抱負は、四国遍路を21番から繋いで歩くこと、海外温泉はインドネシア・バンドンに腰を据えて1か月くらい滞在しながら温泉巡りをしたいと夢を膨らませています。俳句生活は作句の数量と共に質を高める努力を続けたいと思います。」

○四国お遍路は手付かずだった。
○インドネシア・ジャワ島には予定通り1か月滞在し、温泉巡りで、9カ所の取材を成し遂げた。
○俳句生活は、予定通り、俳句三昧の一年だった。12年前に「奥の細道歩き」の時に、芭蕉の句に触れて、「私も詠んでみたい!」と我流で詠んでいた。退職して地元の老人会の俳句倶楽部句会に出て四年が過ぎた。他流試合で、雑誌や新聞に投稿を重ねた。東京新聞の全国版の「東京俳壇」に4句、地方版の「むさしの俳壇」に13句、サンデー毎日「サンデー俳句王」に7句、月刊誌「俳句」の「平成俳壇」に4句掲載採用された。昨年より2割増でまあまあの上達と言えると思う。
○クラシックコンサート通いは、杉並公会堂や三鷹市周辺の会場で無料のアマチュア演奏会を月に2~3回聴きに出かけた。
○仕事は障碍者の移動支援ヘルパーを月に8日前後こなしている。国内外旅行やコンサートへの交通費の出費があるのでこれも欠かせない。

 以上の結果から、2019年は
○海外の温泉巡りは、2月4~17日に友人に誘われてミャンマーに行く予定だ。
○俳句生活とクラシックコンサート通いは、引き続きやりたい。
○旧街道歩きは、四国お遍路か旧街道歩きをどこかでやりたい。
○オーストラリア在住の次女と孫二人が4月から日本に来て、日本の学校へ通うことになった。今は小学校2年と年長だが、だんだん日本語を使うのを面倒がっているので、日本語を学ばせたいという親の希望だ。孫たちとの生活と語学の援助をすることになるのだろう。

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(44)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2019年2月に神秘の国ミャンマーへ行く! [温泉巡浴]

2019年2月に神秘の国ミャンマーへ行く!
DSC02042.JPG

2018年5月27日~6月28日、インドネシアのジャワ島に温泉巡りへ行った。その後、その話を聞きつけたアルバイト先の同僚岡根氏から「話を聞きたい」とのことから付き合いが始まった。彼は中古車販売業などをしていた方で、青梅にある「インドカレー店」を営むミャンマー人の人たちと懇意で、何度かミャンマーに行ったことがあるようだ。今回、「ミャンマーに行くので一緒に行かないか」とのお誘いがあった。私は一緒に行くなら、ミャンマーの温泉巡りもしたいと二週間の予定を組んでみた。2019年2月4日に彼と一緒の便でミャンマーへ。帰国は彼が一週間、私は二週間になった。ネットとで航空運賃を調べ、乗り継ぎ便だが、乗り継ぎ時間が最大でも4時間くらいの条件で、総計35,060円。(内訳は、運賃24,905円、税・サービス料7,554円、カード手数料2,600円)

2月4日 エアアジアXJ601便 
成田国際空港9時15分発 ⇒ タイ・バンコック14時05分着 乗り継ぎ便FD253便
タイ・バンコック16時10発 ⇒ ミャンマー・ヤンゴン17時05分着

2月17日 エアアジアFD254便
ヤンゴン・ミャンマー17時35分発 ⇒ タイ・バンコック19時25分着 乗り継ぎ便XJ600便
タイ・バンコック23時45分発 ⇒ 成田国際空港2月18日8時00分着

岡根氏を現地で案内する人の弟さんと羽村駅前の「餃子の満州」でお会いした。26歳の時に来日し、26年在日、岡根氏の会社にも従業員としていたらしい。コックとして生計を立てている。一週間は現地の知人の案内で岡根氏に同道し、現地のご案内で過ごし、その後は温泉の取材に行く予定だ。現在ミャンマーの温泉は二か所調べたが、とりあえず、シャン高原にある細長い古代湖・インレー湖の近くにあるカウンダイン温泉KhaungDaing Hot Spring に行きたいと思っている。外国人専用スペシャルプールUSドル10、パブリックプールUSドル7とガイドブックに記載されている。
DSC02044.JPG
DSC02045.JPG

ミャンマーにはもう一つミャンマー東部のタイ国境に接するミャン州の山岳部のチャイントンに天然温泉がある。雨季(5月下旬から10月中旬)だと川の水量があふれて車で行けないかもしれないという。交通事情が分からないので、今回はそこまで足を延ばせるかわからない。参考資料がとても少なく、今のところ、「地球の歩き方ミャンマー」、2008年・文藝春秋刊・乃南アサ著「ミャンマー 失われるアジアのふるさと」、2018年・彩流社刊・桑野淳一著「ミャンマーからラオスへ 古タイ族と出会う山岳回廊」の三冊。

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(67)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

5日間26,000円、新幹線・特急乗り放題で北海道へ行く!

11月29~12月3日、大人の休日倶楽部5日間26,000円、
                 新幹線・特急乗り放題北海道へ行く!!
DSC01894.JPG
函館から札幌行きの特急で大沼公園・駒ケ岳

駅で「大人の休日倶楽部5日間26,000円、新幹線・特急乗り放題」のチラシを見て、急に北海道の実家へ行くことにした。母の命日が12月9日なのでお墓参りと長兄に父母の話を聞けないかと思った。我が家は古い家庭で、父は厳しく兄弟は父とまともに口を利くことができなかった。大正6年に福島市信夫群南又村から北海道北見市冨里へ移住した開拓農家だったので、相当の苦労をし、貧乏生活を強いられていた。長兄は農業の後継ぎを嫌い、街へ工場の仕事についたりした。開拓農家時代、農地を二束三文で売ってしまった事情などを聞きたいと思った。
DSC01877.JPG
東京駅構内の駅弁や
DSC01879.JPG
深川めし
DSC01889.JPG
DSC01894.JPG
大沼公園・駒ケ岳

自宅を5時に出て、北海道新幹線は東京駅から新函館北斗駅まで3時間25分で着く。そこから札幌、旭川で乗り継ぎ北見の実家に着いたのは午後8時30分、実に15時間半かかった。途中、岩見沢では30センチの雪が積もっていたが、旭川以降は雪がなかった。予定では、実家に二泊して墓参り、母校の北見北斗高校を訪ね。できれば北斗高校時代の友人と会う。苫小牧に住む小中学時代の同級生で従妹に会う。本州のまだ寄ったことのない青森県種差海岸へ立ち寄ることだった。

一日目に実家の兄夫婦が夕食とお酒を用意してくれていた。長兄から生前の父母との目新しい話は聞けなかった。長兄は77才、冨里から街の工場に出たのが1981年40歳の時、父が十町歩の田畑・山・川を50万円という二束三文で売ったのが1998年兄は57歳の時。当時の不動産屋の話で「最低でも200万円はする土地なのに」と驚いていたという。大牧場に足元を見られていたのだろう。翌日近くの共同墓地へ出かけお墓参りをした。長兄は娘一人で婿は海産物卸業をする父が亡くなり、後を継いで網走に通っている。娘はいずれは網走へ行くだろうと、お墓の世話をしてもらうのはむつかしいと永代供養の手続きをしているという。
DSC01901.JPG
DSC01903.JPG
墓石に刻まれた家紋

北見市外へバスで出かけた。友人に声をかけて一人の同級生と14時に会うことにして、母校の北見北斗高校へ出かけた。なだらかな坂道を登ったところに母校がある。昨夜雪が降ったので、テニスコートなど足を踏み入れていないところは、真っ白な無垢な景色を見せている。正面には岩で造られたかつて名門だったラグビーの顕彰碑が立っている。ラグビーと卓球が毎年全国大会へ出場していた。特にラグビーは何度か決勝戦に出場したこともあるが優勝の経験はない。担任が簔口先生でラグビーの顧問で、同じクラスにはラグビーの正選手が5~6人いた。当時は商業科と普通科が各5クラスあり、冬季の昼休みにはクラス対抗ラグビーの試合が行われるほどの熱狂ぶりだった。しょっちゅう鎖骨や足の骨折をしてギブス姿の生徒が珍しくなかった。
DSC01906.JPG
北見市内
DSC01912.JPG
DSC01911.JPG

3日目は札幌で乗り換えた後、苫小牧に立ち寄り従妹で小中時代の同級生に会った。看護師の彼女は定年後も病院に乞われて、いまも週4日ほど仕事を続けていた。生前の父は白老に住んでいた弟の家をよく訪ねていたらしく、ついでに彼女の夫とも会っていたらしい。私の顔を見て父とよく似ていると言われた。5日間という短い期間に北海道北見への往復だけでも2日間要するので、途中での立ち寄り・観光の時間はとても限られてしまう。本州内であれば、相当余裕のある乗り放題の過ごし方ができると思う。
DSC01937.JPG
DSC01938.JPG
DSC01940.JPG
DSC01942.JPG
DSC01943.JPG
DSC01974.JPG
大沼公園
DSC01977.JPG
DSC01980.JPG
東京から新幹線・特急列車を乗り継いで、北海道の東部・北見までは遠い。往復30時間列車に乗っていた。お昼時間には乗り換え時間がないので、駅弁を食べるしかなかった。どの駅弁もおいしかった。

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(67)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

「大人の休日倶楽部パス」5日間乗り放題26,000円で北海道へ。八戸・種差海岸へ! [温泉巡浴]

「大人の休日倶楽部パス」5日間乗り放題26,000円で北海道へ。
八戸に一泊!種差海岸を初ドライブ!2018年11月2日
DSC01989.JPG
八戸・種差海岸

JR駅構内のチラシで、新幹線乗り放題5日間26,000円に目を止めた。北海道まで行っての料金は激安だ。12月9日は母の命日。北海道北見市出身の私にとっては、いつも交通費が大変。これを利用して、11月29日に北海道新幹線などを乗り継いで北見へ。自宅を5時に出て、北見の実家に着いたのは午後8時30分、実に15時間半かかった。墓参りを済ませ帰途、まだ一度も行ったことなない青森県八戸に立ち寄ることにした。
DSC01977.JPG
北海道阿新幹線
DSC01979.JPG
函館駅で購入した駅弁

12月2日、午後2時過ぎにJR八戸着。駅前の日産レンタカーで借りた車で種差海岸へ。波打ち際まで天然の芝生が観られる観光地。種差海岸インフォメーションセンターに駐車し、しばらく芝生の丘を歩き回る。
DSC01981.JPG
DSC01983.JPG
DSC01987.JPG
DSC01989.JPG
DSC01990.JPG
DSC01992.JPG
DSC01995.JPG
DSC01996.JPG
種差海岸

 ここから鳴き砂の大須賀海岸、葦毛崎(あしげざき)展望台へ足を運ぶ。天気は快晴で、並み際の岩場、奇岩に打ち寄せる波は穏やかだった。天然の芝生には二人連れの若人や若い家族連れの観光客が目立った。大須賀海岸は、2.3キロ続く白浜海岸、「日本の渚百選」に選ばれている。
DSC01999.JPG
DSC02002.JPG
DSC02004.JPG
DSC02008.JPG
DSC02011.JPG
DSC02014.JPG
DSC02017.JPG
DSC02018.JPG
葦毛崎(あしげざき)展望台

八戸市内の宿泊は、スーパーホテル八戸天然温泉。LOHAS(ロハス)を唱え、「健康と地球環境」意識の高いライフスタイルを目指している。健康イオン水を供給、朝食には有機JAS認定野菜のみを使用、大浴場は天然温泉の運び湯を用意し、斬新な試みに挑戦している。1階にはパソコン、電子レンジ、トースターが完備。私の部屋は611室のダブル室で宿泊料金は無料の朝食付きで、1泊4,300円。フロント脇の棚に展示されている低反発枕とパジャマをチョイスして部屋へ。
DSC02019.JPG
DSC02032.JPG
DSC02030.JPG
DSC02031.JPG
DSC02029.JPG
DSC02028.JPG
DSC02026.JPG
DSC02027.JPG

1階フロアの浴室は、日帰り入浴施設「熊ノ沢温泉」から運び湯している。泉温は26.7度の加温。泉質はアルカリ性単純泉。100グラム中にナトリウム188.0グラム、カリウム4.9、カルシウム3.0、塩化物イオン26.9、硫酸イオン31.6、炭酸水素イオン358.0、炭酸イオン37.3、メタケイ酸69.7㎎、メタホウ酸1.4。浴槽に入ると肌はつるつる感が凄い!湯口からは湯が出ていない。タンクローリーで運んでくるようだ。部屋には浴室があるので、温泉に興味のない人は部屋で済ますようだ。
参考:熊ノ沢温泉 http://kumanosawaonsen.com/
DSC02022.JPG
DSC02023.JPG

朝食は一階フロアにて日替わりバイキングで用意される。(朝6時~9時)コーヒーやオレンジ、コーラ、烏龍茶など各種ドリンクは無料。有機大豆や有機米を利用した即席みそ汁もセルフで。
       
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(81)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行