So-net無料ブログ作成

快速 鎌倉紅葉号で鎌倉へ! 稲村ヶ崎の海岸の砂浜を踏む!

快速 鎌倉紅葉号で鎌倉へ! 稲村ヶ崎の海岸の砂浜を踏む!
DSC01772.JPG
長谷寺からの眺望

11月23日の勤労感謝の日に、JR青梅駅発の鎌倉駅行き直行便に乗車した。全席指定券で、申し込んだときは最後の一席だった。鎌倉は2010年2月に「温泉巡り」で出かけて以来の8年9か月ぶりだ。その時の入浴は、私の温泉入浴1325カ所目の湘南「ひらつか温泉太古の湯」、1326カ所目の「稲村ケ崎温泉」の二か所だった。
参考:湘南の温泉巡りと鎌倉・報国寺、杉本寺を訪ねる!
https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2010-02-11

鎌倉行に際し、昭和60年刊の松本清張・樋口清之共著の光文社文庫を持参した。七里ケ浜の項で興味深い内容に目を止めた。頼朝が鎌倉に幕府を開いた理由に鉄の加工だけではなく鉄の生産地だったのでではないかという。鎌倉の名前からして「鎌」「釡」はいずれも鉄に関係。七里ケ浜を東へ向かって歩いた時のことを記している。砂は黒ずんで重い。行合川の河口付近で砂鉄層があることを知る。さらに音無川へ行き砂を持ち帰り、砂鉄片を差し込むと砂の塊が鉄片に吸い寄せられ、確信したという。後に「湘中紀行」や「鎌倉記」にすでに記録されていたこともわかる。鎌倉の鉄製品の名工正宗の関係もある。それで私も砂鉄の浜を確かめたいと思った。
長谷寺、光則寺、鎌倉大仏を見学した後、江ノ電の長谷駅に戻り稲村ヶ崎駅へ移動。極楽寺川河口付近にある稲村ケ崎温泉がちかく、砂鉄の浜音無川河口も近い。ガイドブックに掲載されたグルメ垂涎の「湘南の海を眺めつつイタリアンを堪能 タベルナ・ロンディーノ」へ。1980年(昭和55年)オープンの本格イタリアンとか。三連休の晴天でとても込んでいた。結局一時間ほど待って、食事にありついた。新鮮な魚貝スパゲティランチに生ビールを賞味。
DSC01832.JPG
DSC01829.JPG
イタリアンを堪能 タベルナ・ロンディーノ

 目の前の海では色鮮やかなヨットが走り、海岸に降りて写真を撮る人たちでにぎわっている。砂浜は見た目にも黒っぽく固そうだ。足を踏み付けてもとても固い。手に掬ってみるとボソボソと固まっている感じでさらさら感とは程遠い。これなら鎌倉のどこかに製鉄・精錬場があったに違いない。
DSC01839.JPG
DSC01836.JPG
DSC01840.JPG
DSC01842.JPG
稲村ケ崎海岸

最初に行った長谷寺の紅葉は期待外れだった。寺には常時五人の庭師が境内を守っている。「今年の紅葉はどうですか」の問いに「浜からの塩害にやられダメです。鎌倉の他の寺も・・・」という。長谷寺の山の傾斜の高みの展望台から、ヨット群が漂う相模湾の眺望を楽しむことができた。
DSC01758.JPG
江ノ電
DSC01760.JPG
DSC01761.JPG
DSC01764.JPG
長谷寺のタブの木
DSC01765.JPG
DSC01769.JPG
DSC01771.JPG
高浜虚子の句碑「永き日のわれらが為の観世音」
DSC01772.JPG
DSC01774.JPG
DSC01778.JPG
DSC01780.JPG
DSC01781.JPG
長谷寺の紅葉
DSC01789.JPG
DSC01791.JPG
DSC01799.JPG
光則寺

 鎌倉唯一の国宝仏、鎌倉大仏はとても混雑していて、胎内巡りの人たちが列をなしていた。中ががらんどうで、南北朝時代の建武二年(1338年)中先代の乱の時、大風で梁が折れ、中に避難していた兵士五百人が圧死したという。この中で男女が密会したり、ばくちを打ったり、乞食が焚火をしていたこともあるという。
DSC01818.JPG
DSC01821.JPG
DSC01823.JPG
DSC01824.JPG
DSC01827.JPG
鎌倉大仏

午後は江ノ電に乗り鎌倉へ。西口から、寿福寺、海蔵寺を見て、亀ケ谷坂切通を抜けた。夕暮れて、建長寺前を通り、鶴岡八幡宮を通過して鎌倉駅へ戻った。
DSC01844.JPG
DSC01843.JPG
DSC01845.JPG
長寿寺
DSC01847.JPG
DSC01849.JPG
DSC01850.JPG
DSC01853.JPG
DSC01861.JPG
DSC01862.JPG
DSC01864.JPG
海蔵寺・十六の井
DSC01866.JPG
亀ケ谷坂切通
DSC01867.JPG
DSC01869.JPG
長寿寺
DSC01870.JPG
DSC01871.JPG
建長寺
DSC01874.JPG
DSC01875.JPG
鶴岡八幡宮

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

乗り物や露天風呂の貸切状態体験のはなし。 [旧街道を歩く]

乗り物や露天風呂の貸切状態体験のはなし。
奥の細道.jpg
奥の細道を歩く 画 金森 達

旧街道歩きをしていて、乗り物の貸し切り状態を経験することがあった。2005年の大型夜行バスの貸し切り状態体験には驚いた。考えてみると、他にも2008年4月の最上川舟下り、2005年5月12日の一両編成のローカル列車でも経験した。乗り物に限らなければ、トルコでカムッパレの大露天風呂での一人入浴は、自慢したいことだ。

旧街道歩きは、一度には完歩できないので、歩き繋ぐことになる。前回歩いた場所へ戻るのに、近い場所は列車で移動できるが、遠くになると夜行バスを使うことが多かった。2005年6月21日、「旧中山道歩き」の第22回の鳥居宿から歩くときに、新宿から夜行バスを利用したことがある。乗車時に座席を指定されるが、運転手に「今日はお一人ですから、どこでもいいですよ」と言われて驚いた。12mの長さの大型バスの貸し切り状態だった。
参考:旧中山道六十九次を歩く第22回 鳥居本宿~守山宿
http://aaspa.web.fc2.com/nakasendo/nakasendou-22.htm

2008年4月7日、「奥の細道歩き」で、戸沢藩船番所~舟下り降舟所までの約12㎞の定
期便でガイドさんと船頭さんに案内されて、乗船したことがある。手を抜くことなく、私一人のために、ガイドをしていただき申し訳ない思いがある。
参考:奥の細道を歩く 第31回 新庄~最上川舟下り、羽黒山 2008年4月7~9日 [奥の細道を歩く] [編集] https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2008-04-15

2005年5月12日、旧中山道を歩く旅(第22回)の途次、岐阜県大垣駅から12時31分発の樽見鉄道に乗車した。うすずみ温泉四季彩館へ宿泊する途次の体験だった。
参考:ローカル電車に貸切乗車?交通機関の貸切状態体験 [旧街道を歩く]
https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/archive/200804-1

2015年3月3日、「トルコパッケージツアー」で訪ねたパムッカレ温泉の早朝露天風呂で体験したギリシア時代の大理石がゴロゴロしている広大な露天風呂が印象深い。
参考:トルコの温泉巡浴 パムッカレ温泉とカラハユット温泉 2015.3.2~3
https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2015-03-16

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

栗兄弟の生き様を調べに、青梅市成木・栗平を訪ねる! 2018年11月6日(火) [東京・青梅周辺]

栗兄弟の生き様を調べに、青梅市成木・栗平を訪ねる! 2018年11月6日(火)
DSC01741.JPG
庭に池の鯉は、アライグマに襲われた生き残りが一匹

栗をいただいて6日間気付かずに小さなリュックに入れたまま、仕事に日常の散策に、様々なコンサートや尾瀬散策に出かけていた。そこで「栗兄弟の7日間の大冒険!」童話か短編小説を残したいと思った。その取材の一つに欠かせないのは、栗が育った環境を見てみたいということ。
句会の席でいただいた萩原さんのお宅へ伺った。青梅の黒沢交差点を左折し、吹上トンネルを越して左折した栗平林道の入り口に位置するお宅だ。
DSC01734.JPG
バスで「坂下」で降りて、そこから歩く

 道路の対面に栗の木が6本立っている。南側がお宅で裏には栗平林道に沿った沢からの小川が流れている。黒塀に囲まれた庭の池には、大きな鯉が1匹泳いでいた。今年3月に囲いがあったにも関わらず、当時12匹の錦鯉などの内11匹があらいぐまに襲われ食べられてしまったという。残った1匹も肉が見えるほどの深傷を負った。栗の木は萩原さんの息子さんが3歳の時に記念に実がなる木を植えようと栗の苗を6本買って植えたという。だから樹齢は60年くらいだろう。栗の実が大きく丹波栗だろうという。栗の実が熟していがが自然に割れて、実が落ちるのを拾っていた。
DSC01736.JPG
DSC01742.JPG
DSC01739.JPG
DSC01742.JPG
手入れされた庭園

ご主人は材木商をしていたが20年前に亡くなった。この辺りの萩原姓は甲州武田家の落人ではないかと言われていた。ご主人の祖父が「祖父の話で、上に住む萩原姓の家は位が高かったのか、青梅の中心地へ行くのにお籠で行っていたり、その家の神棚は豪華で名刀が飾っていた」という。武田家家臣団には荻原正勝という甲斐武田の侍大将がいたが「はぎとおぎ」との違いがある。平家の落人伝説の在る湯西川には、追っ手を逃れて「平家の平」を平家の人という隠れ文字「伴」姓に家が多いことで知られているので、あるいは隠れ文字で変えた可能性があるかも知れない。
お宅の家紋は、井桁に花菱で、武田家は花菱なので、その関係からも武田家との縁があるのかもしれない。
お話を伺っているうちに「柚子と林檎の和え物」や「春雨と柿、ブロッコリーのサラダ」「栗と人参のポタージュ」にパンをごちそうになった。彼女は料理教室を開いていた師範の腕前でもあった。栗兄弟の「ポタージュ」で再会することも驚きだった。
DSC01743.JPG
「柚子と林檎の和え物」
DSC01744.JPG
「春雨と柿、ブロッコリーのサラダ」「栗と人参のポタージュ」
DSC01746.JPG

昭和26年4月1日に市制が敷かれた同じ日に青梅第一小学校の校舎の一部を借りて開校した。市制10年の年に第四小学校教頭の木住野先生の音頭でPTAの俳句教室が開かれたのでという。ですから、彼女らの俳句活動はもう57年たっている。

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

インドカレー「ジョテイ アジアンダイニング&バー」の開店パーティーで生演奏! [東京・青梅周辺]

インドカレー「ジョテイ アジアンダイニング&バー」の開店パーティーで生演奏!
DSC01674.JPG
「トリオ3104 SLOW」

10月23日(火)、青梅市河辺8-20-17 ファミリーレストランガストの東向かいに「ジョテイ アジアンダイニング&バー」の開店パーティーが開かれた。河辺駅南にある「アジアンカフェとの関連でO氏に誘われて、出席した。この店の場所は、中華料理店があったところで、かつてはよく利用していた。
会費が三千円の飲み放題で、呑み助の私は、二つ返事で参加を申し込んだ。演奏会メンバーがすでに準備の真っ最中。メンバーを見て驚いた。ピアノと歌の光野真理・サックスの成宮雄三・ソプラノの瀧上美保の「トリオ3104 SLOW」とドラムとパーカッションの錦織裕之のメンバー。このトリオは2018年3月23日に結成したという。光野氏と瀧上氏は面識があった。光野真理さんは、地元を中心に各地でイベントの出没していることは知っていたが、この日に会えるとは・・・。
童謡の「小さな秋」「枯葉」「真っ赤な秋」「こぎつね」から、歌劇「蝶々夫人」「ヘンデルとグレーテル」など多彩な歌と演奏に酔いしれた一時でした。
DSC01671.JPG
DSC01694.JPG
DSC01692.JPG
DSC01673.JPG

生ビールから始まり、日本酒、焼酎、瓶ビールの飲み放題。シーザーサラダ、チキンテッカや焼き鳥などが食べられた。参加者はO氏の人脈の面々が多く、社交ダンスの関連の人たちが多かった。この日のパーティーの後に一度ランチを食べに行ったことがある。大きなナンに驚かされた。サラダにカレーのランチセットが580円から食べられる。(ナン、ライスはおかわり自由)肉料理には、タンドリーチキン、チキンテッカ、シシカバブ。スナックに、イカ軟骨、キムチ、フライポテト、椎茸バター焼き、枝豆、コーンバター、スタミナ焼き、鶏肉と野菜を包んだ蒸し餃子「モモ」、ピザ、ほうれん草チーズ焼き、手羽先、タンドリー海老、焼き鳥、スパイシ焼きそばがある。
DSC01747.JPG
DSC01751.JPG
DSC01752.JPG

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(69)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行