So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

温泉夜話 外国の温泉切手のはなし [温泉マニア]

温泉夜話 外国の温泉切手のはなし
外国の温泉切手.jpg
外国の温泉切手 金森 達 画

郵趣サービス社の雑誌「マガジンスタンプ」の中から、フランスで2011年3月28日に発行されたヨーロッパの首都シリーズ「ドナウの薔薇ブタペスト」を見つけた。ドナウ川流域で最も美しい街、ドナウの薔薇、ドナウの真珠ともいわれるハンガリーの首都ブタペストの4種類の切手の一つに「セーチェ二温泉(ヨーロッパ最大の入浴施設)」があった。5年前に我ら夫婦で中央ヨーロッパに行った時に入浴した懐かしい宮殿のような温泉プールの絵柄だった。ブタペストは、市中に百余りの源泉があり毎日7千万リットルの湯量を誇る世界でも稀な「温泉都市」である。他にもないかと探したら、旧チェコスロバキアで1956年3月に発行された「温泉保養地4種」で、神聖ローマ帝国皇帝カルル4世にちなんだ温泉地カルロヴィ・ヴァリ、ラーズニェ・ポジェプラディ、マリアーンスケー他。ヨーロッパの温泉場は、17~19世紀にかけて王侯貴族達の社交場や療養地として地歩を築き、その建築物もその権威にふさわしい入浴施設が造られた。国境をこえて利用されてきたため、切手の発行にもその国際性が発揮されている。

他の国で探したら、韓国で切手の消印に用いられた郵便局の温泉マークの入った風景印を見つけた。逓信省の発表では、「南朝鮮の三代名刹の一、梵魚寺の山門と東莱温泉場」と説明されている。日本統治時代の1931年10月20日から釜山の東莱温泉、元山、朱乙、朱乙温泉、開城、慶州、仏国寺郵便局で開始された。京城(ソウル)での開始は11月1日だという。(以上は、内藤陽介氏のブログより)
「三国遺事」に683年の記事に新羅の宰相が東莱温泉に入浴し、王族がたびたび行幸に訪れたという歴史ある温泉、朱乙温泉は北朝鮮の温泉で、日本の別府温泉と並び称される湯量豊富な温泉である。

中国地上手配業者の紹介で、台湾の温泉切手を知ることとなった。4種セットで5元の「蘇澳冷泉」、5元の「陽明山温泉」、10元の「関子嶺温泉」、25元の台東の東の離島「緑島 海底温泉」の4種だが、私はかつて「関子嶺温泉」を除く温泉に入浴したことがあるので、とても懐かしい。特に離島緑島での何十年ぶりかのバイク乗りでの島一週観光には全身打撲のように疲れた思いがある。台湾も100ヶ所以上の温泉を数える温泉大国といえるほどの温泉の多いところだ。

温泉大国として日本は特別の密度で、温泉が存在し、国民が大変な恩恵を受けているのに温泉切手がほとんど無いのには、常々忌々しいと感じていたので、これらの温泉切手に触発されて関係者の猛省を促したい。日本温泉切手の話はかつて温泉夜話でも紹介している。http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2007-04-29
温泉切手を沢山発行して、海外からの温泉マニアを呼び込もうではないですか。

温泉夜話 ゲーテ、ベートーベンと温泉のはなし
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2010-05-17
温泉夜話 別府温泉「別府八湯」切手シートのはなし
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2010-04-17
温泉夜話 温泉課のある行政、市、町のはなし
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2010-03-11
温泉夜話 全国唯一温泉のある百貨店のはなし
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2010-02-18
温泉夜話 温泉巡浴1300湯達成を記念して
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2009-09-30
温泉夜話 私の健康ダイエット法 飲泉・バナナ・自彊術(じきょうじゅつ)
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2009-08-29
温泉夜話 ペットと泊まる温泉宿のはなし http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2009-07-08
エッセイ「温泉夜話」 http://www.a-spa.co.jp/yawa/index.htm

飲泉のすすめ http://www.a-spa.co.jp/shop/insen-susume.html
温泉水サーチhttp://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/search.html

温泉巡浴紀行http://www.a-spa.co.jp/junyoku/index.html

旧街道をあるく旅http://aaspa.web.fc2.com/index-tabi.html

nice!(54)  コメント(9)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行