So-net無料ブログ作成

吟行で、熱海梅園と小田原・「外郎 ういろう」に行く!

吟行で、熱海梅園と小田原・「外郎 ういろう」に行く!
DSC03298.JPG
創業は平安期の老舗・小田原「ういろう」

2月27日、地元の老人会・明和会俳句倶楽部の吟行に参加した。
季節柄花見にと、まず熱海梅園へ。圏央道が東名高速や小田原厚木自動車道とつながったので、ずいぶんと早くなった。青梅市を8時に、レンタカーで出発し、厚木PAで一度休憩し、熱海梅園へ到着したのは、11時。
DSC03272.JPG
伊部方面へ、小田原手前か

 参加者は13名で。入園料は通常300円で、熱海温泉へ宿泊した人の入園料は。100円になる。頼み込んで、その扱いにしていただいた。
 多くの種類が咲いていたが、梅園奥の「梅見の滝」の方が満開のようだった。滝の裏側にもまわってみた。松尾芭蕉の句碑「梅が香にのっと日の出る山地かな」の句碑もあった。同行の俳人たちは、指折り数えて、句作にひとひねり。どんな句ができるのか。
DSC03275.JPG
DSC03277.JPG
DSC03279.JPG
DSC03281.JPG
DSC03284.JPG
DSC03286.JPG
DSC03290.JPG

 ランチは早川港まで車を入れて、港にある駐車場へ。魚市場食堂で食べることになった。海鮮丼定食を1,450円でいただいた。食後は、国道一号線にあるお城の店構えの小田原・外郎「ういろう」に立ち寄る。旧東海道五十三次を1999年に歩いたときにはじめて知った。外郎家は平安時代からの老舗で、神奈川県最古の商家になる。名古屋名物の「ういろう」よりもずっと古い歴史を持つ。
DSC03298.JPG
DSC03312.JPG
DSC03310.JPG

 店内の右手は喫茶とお菓子のスペース。左手は薬の販売のスペース。左側に回り込んでいくと、蔵造りの外郎博物館があり、案内付きで見せてくれる。蔵の中の資料は、撮影禁止で「せめて蔵を背景に案内人の写真をお願い!」とKさんの許可をいただいた。外郎家はもともと、中国の元王朝(1271年~1368年)に仕えた公家だったようだ。
DSC03309.JPG
DSC03308.JPG
店内の天井
DSC03304.JPG
DSC03303.JPG
DSC03302.JPG
DSC03299.JPG
蔵造りの外郎博物館
DSC03301.JPG
案内していただいたKさん

「ういろう」の歴史は、詳しくはHPをご覧ください。http://www.uirou.co.jp/
建物関係で、は建て替えられて、江戸時代からのものは「鬼瓦」だけが、ケースに入れられて展示されている。薬の透頂香や妙香散など昔の製法でいまでも作られているのはすごい!お菓子の「栗ういろう」をお土産に買い求めて帰宅した。
DSC03306.JPG
鬼瓦

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ




nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 51

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。