So-net無料ブログ作成

夜行バス、白タク軽トラでラーショー温泉、テイーボー温泉入浴へ! [海外のはなし]

夜行バス、軽トラ白タクでラーショー温泉、ティーボー温泉へ!
DSC02928.JPG
広大なラーショー
温泉プール

ニャウンシュエでの三日目は、寺院や文化博物館へ。今日は「組合の日」で、博物館は休日だった。当初、Lashioラーショー温泉へ行くのにラーショーへの航空券を予約しようとフロントに調べていただいたが、全便満席。次善の策で、午後三時四十分に夜行バスに乗り、翌朝七時に着いた。約15時間。
DSC02895.JPG
DSC02903.JPG
DSC02890.JPG
DSC02901.JPG
DSC02897.JPG

 予約の際には、エアコンはなく、三列席のバスということだったが、どちらも外れた。エアコンの調整ができないと言って、とても寒かったが毛布が支給されていたので助かった。車中では九時まで見たことがある映画「ゾロ」をミャンマー字幕でやっていた。途中で小瓶のウイスキーを飲んで凌いだ。到着後、バスターミナルで麺を食べ、インターネット接続を何とかしようとしたら、ユエイさんに付きまとわれ、結局彼に接続の解決をしていただいた事で彼についていくことになった。ところがタクシーではなく白タクの軽トラックだった。ラーショー温泉は市街地からわずか北へ15分、入り口で四千五百チャットを支払う。200mも行くと目の前に地下から湧き出ている大きなプールが見えてきた。奥には女性専用の露天プールも。
DSC02909.JPG
DSC02910.JPG
DSC02918.JPG
DSC02919.JPG
DSC02927.JPG
DSC02928.JPG
DSC02935.JPG
DSC02941.JPG
DSC02919.JPG

大きなプールでも皆、石鹸やシャンプーで体を洗う、歯磨きをしている。手前の丘には、見晴らしの良いレストハウス(ジュースを飲んで800チャット)と個室入浴所がある。ユエイさんに案内されて、階段に足が追いつかず転んで左膝を擦りむいてしまった。いつも持参する天然の温泉水「月のしずく・源泉」をスプレーする。約40度程の湯に浸かるとひどい痛み!湯は無色透明。私のが海外温泉巡浴90カ所目の温泉になる。
DSC02922.JPG
DSC02921.JPG
DSC02923.JPG

 ついで、空港からバガンへ移動しようとラーショー空港へ着くと、今日の木曜日は便がない。夜行バスにしようかと思ったその時、ラーショーの隣町ティーボーに温泉があると知った。
DSC02945.JPG
DSC02946.JPG

 夜行バス出発までに片道二時間余かけて入浴し戻ろうということに。彼が都合が悪く、急遽彼の友人が三万チャットで駆り出された。ユエイさんにはバスターミナルからラーショー温泉往復と待ち時間代一万二千チャット。道路は荒れて、舗装が凸凹で車が跳ねる。舗装作業は人力で、砂利や石を女性が運んでいて、気が遠くなるような時代遅れ。時々、大型トラックが道路外に突っ込んでいた姿を見た。ランチに道路傍の店で食べた。蝿が たかったおかずも食べた。
DSC02956.JPG
DSC02958.JPG
DSC02960.JPG
DSC02961.JPG
DSC02962.JPG
DSC02968.JPG
DSC02969.JPG
DSC02976.JPG
DSC02974.JPG
DSC02980.JPG
DSC02983.JPG

 「テイーボー温泉」は、ティーボー駅を過ぎた先のショップを左折する。とても狭い道で軽トラックの幅でいっぱい。一キロもしないで正面にそれらしき雰囲気が。店が八店舗あり、温泉場を囲むように立っている。露天のコンクリ作りの浴舍だ。入り口で二百チャットを支払う。男性用は左、女子用は右側で、垣根が低く洗濯物が掛けられていた。男子用からお坊さんが出てきた所だ。底は細かい砂と石で、所々から湯がぷくぷくと湧いている様子がわかる。浴槽は横4✕9mの広さで溢れた湯は川へ流れる仕組みで、入浴者が少ない限りでは、洗濯や石鹸で洗っても浴槽の湯は清潔さが保たれるが河川の汚染は心配だ。私の海外温泉巡浴91カ所目の温泉地になる。

DSC02984.JPG
DSC02989.JPG
DSC02986.JPG

こうして入浴を果たし、バスターミナルへスピードを上げ、追い越して急ぐ気配だ。シートベルトは一応あるが、ドライバーの腕を信じるしかない。16時に着いて、出発の17時半を近くのカフェで待つ。バガン着予定は6時だが、実際は7時だったが、運賃は一万七千チャット(日本円で1700円)バスは四列の最前列だが、荷物がトランクにもう乗せる場所がないと運転席の後ろの棚にぼんと置かれた。前列の四人が皆そうだ。右手のガラスにはひびが入っている。エアコンが強くてとても寒かった。毛布は支給されなかった。運転手とスタッフ四人は、ずっと大声で話し続けていて、お客が音量を上げて音楽を鳴らし続けていても知らん顔だ。自分たちが騒がしくしているのだから注意するわけもない。タバコを吸うのにバウを止める、休憩時間に客と一緒の時間に食べばいいのに、それ以外に食事を作らせている時間バスを停車したして、まさに自分の都合で動いている様子だ。まさに我ら客はモノ扱いなのだ。日本で言えば、かつて貨物運転手が観光バス運転に転じたときもこんな感じだった。とにかく無事ついてよかった。十四時間かかった。

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ





nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 28

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。