So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ボゴール南のサラック山麓「タリ•コロットの湯」入浴!ジャワ島7つ目の湯! [海外のはなし]

ボゴール南のサラック山麓「タリ・コロットの湯」入浴!ジャワの湯7つ目!
DSC00777-576x432.JPG
チクルウン川沿いに湯が湧いているー地元の人は服を着たまま水遊び

 昨日、6月16日(土)朝食は宿のお母さんが200円で作ってくれた玉ねぎ、ニンニク、バークンプーテイを炒めたシーレゴンを作る。この宿は家族は人が良いが、設備が何ともし難い。シャワーがない。蚊に刺される。窓がなく暑苦しい。で、直線で1粁以内のWisma Rengganisウイスマ レンゲネシホテルに変更する。昼までボゴール植物園へ。昨日のイベントの招待客が何人か知りたいので、銃を持った警備兵に聞くと三千人と言う。余りにも暑苦しい、竹群のエリアで休憩した。ラマダンが明けて、一斉に休暇に入ったようで、どこもひどい混雑だ。ホテルも二泊は取ったが、それ以降は満室状態。宿は裏通りでタクシーがいなく、荷を引きずって、上の大通りへ出る。新しい宿には、12時頃に到着。ここもかつて20年間大邸宅だったところで、宿にして10年という。日中は若いお兄ちゃんが二人で管理している。部屋は広くトイレシャワー付き、ダブルベット、テレビ、エアコン大鏡付きだ。
DSC00736-576x432.JPG
DSC00733-576x432.JPG
DSC00716-576x432.JPG
DSC00720-576x432.JPG
DSC00715-576x432.JPG
DSC00714-432x576.JPG
DSC00722-576x432.JPG
 二階のベランダに時代物のゆり椅子がある。部屋の椅子にホコリが溜まっていたり、階段の絨毯が汚れたまま。壁に掛けられたバリ絵や錦鯉の油絵は見事だ。大邸宅時代の遺物か。今度の宿代は、1泊朝食付きで2,500円ほど。昨日までの二泊は朝食無しで1,750円。

 昨日は暑さにやられたのか、だるい!風邪も引いたみたい。夕食に近くのラーメン屋に行った。営業して9年目と言う34歳のオーナーのNicoさん。日本人はほとんどこない。味噌ラーメンにトッピングにスモークビーフとビールを注文した。鰹節やワカメが入ったさっぱりした味で中々いける。店の中央に桜の木の造花が華々しく咲き誇っている。
DSC00732-576x432.JPG
DSC00727-432x576.JPG
DSC00728-576x432.JPG
DSC00731-576x432.JPG
ラーメン屋さんへ

 6月17日(日)朝食後、直ぐにボゴール駅へ乗り合いバスで。スシさん(45歳)とサキナさん(70歳)親子と会話。孫が13人。駅でボゴール南部20粁のサラック山麓「タリ•コロットの湯」への行き方を警察に聞くと、乗合のワゴン車バス乗り場に案内されてすぐ8時20分に乗車。
DSC00739-576x432.JPG
DSC00741-576x432.JPG

 大渋滞で、2時間半かけて二回乗り継ぎで、途中のチバトックで降ろされる。ここから先はバスはない。貸し切りの料金を交渉すると、とんでもない料金を言い出す。場所を変えて、地元の若い女性Arinアリンさんの相談し、結局温泉まで片道1時間、入浴時間1時間、合計3時間で2,000円に交渉成立。
DSC00743-576x432.JPG
DSC00752-576x432.JPG

 担当のキップリーさんは自分の家族を乗せてきた。しかも帰りは相乗り客を三人乗せた。条件が違うだろ!これもインドネシア流か?1時間かけて登って行くと釣り堀のような所が温泉への分岐点か。更に渓谷にはいる。入場料は車で運転手が2,000ルピーを支払っていた。アーチのところで、13時に待ち合わせにし、いよいよ長い階段を川畔へと向かう。シーズンでお客が多いのか露店の食べ物屋が沢山いる。右下にチクルウン川に大勢の人が川遊び中。左川壁から、足湯と45℃位の熱い打たせ湯が4本ほど。
DSC00761-576x432.JPG
DSC00762-576x432.JPG
DSC00769-432x576.JPG
DSC00764-576x432.JPG
DSC00766-360x270.JPG
DSC00772-576x432.JPG
DSC00774-432x576.JPG
DSC00778-576x432.JPG
DSC00775-576x432.JPG
DSC00793-432x576.JPG

 左側上に子供用と大人用らしき温泉プールが2つ。入場料徴収ゲートらしきものがあったが、無料でスルー。予め、海水パンツを履いてきたので、打たせ湯の所で服を脱ぎ、まずは打たせ湯。
DSC00777-576x432.JPG
DSC00791-576x432.JPG
DSC00798-576x432.JPG
DSC00790-432x576.JPG

 プールは茶色の湯で鉄分を含むのか。ここん所、左睾丸に雑菌が入ったのか違和感があり、前立腺肥大症等の後遺症の主治医から、抗生物質を頂いて万一のときには服用するようにと言われているので、長い入浴は控えめにならざるを得ない。奥には個室浴室もある。トイレはどこも300ルピーを徴収される。
DSC00784-576x432.JPG
DSC00786-576x432.JPG
DSC00797-432x576.JPG
DSC00794-576x432.JPG
DSC00800-432x576.JPG
DSC00802-576x432.JPG
DSC00801-576x432.JPG
中継点のチバトック

 ゲートまで降りた分登らなければならない。焼き物やとうもろこし(100円)を食べながら、10分かかった。家族連れは大抵幼子を抱いたり、おぶって登っていた。帰りは又1時間でチバトックまで戻り、乗り合いバスで、ボゴール駅へ。混雑はしていたが1時間30分で駅へ到着。ここからはバイクタクシー(300円)で宿へ。乗り合いバスは長い時間でも4000ルピー(40円)で済むが貸し切りは多額を言われてしまう。それにしても、山麓の景勝地のはずなのに、道路脇のゴミ、ビニール袋のポイ捨ては目に余る。川にもビニール袋が目立つ。景勝地も台無しに思えるが気にならないのだろうか。

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ

nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。