So-net無料ブログ作成

第3回 旧甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 [旧街道を歩く]

第3回 旧甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7
第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 005.jpg
府中の馬場大門けやき並木に達つりりしい源頼義家像

 2001年8月7日午前7時30分、京王線府中駅に降り立つ。甲州街道を歩く第3回目になる。馬場大門けやき並木の巨木が見事で、圧倒される。大国魂神社の表参道で、平安後期の康平5年(1062年)源頼家、義家父子が奥州の安倍一族の乱を平定した戦勝記念に千本のケヤキを奉納したのが始まりという。現在は70本ほど残っている。義家の銅像が建つ。前回、近くにあるかつて入浴したことのある府中駅前温泉「縄文の湯」に入浴にしようとしたが、小学生は入浴不可とかで銭湯に替えたいわくつきの温泉が目の前にある。
第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 001.jpg
府中の馬場大門けやき並木

 府中街道との交差点にあたる高札場跡前を通って、300mも過ぎると足利尊氏由来の高安寺がある。二階建ての山門が見事。片町2丁目の信号まで敷地が続く大変広い境内だ。本堂の裏には「弁慶の井」と呼ばれる井戸など弁慶伝説の話が多い。8時18分、国道20号線と合流した所に「本宿」の碑がある。熊野神社、火伏の秋葉神社に由来する常夜灯をえて、8時50分に谷保天満宮へ。
第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 009.jpg
高札場跡

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 012.jpg
足利尊氏由来の高安寺山門

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 016.jpg
「本宿」の碑

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 018.jpg
熊野神社

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 020.jpg
秋葉神社火伏せの常夜灯

 途中、民家の前に馬と牛をかたどった茄子と胡瓜で作った精霊馬(しょうりょううま)を見かけた。旧盆にはまだ早いが、この地区はこの時期なのだろうか。谷保天満宮境内には沢山の鶏が放し飼いで、遅い時間なのに盛んに鬨(とき)をあげている。石段を下って右手に拝殿がある。昔は南側に街道があったという。ここから3㎞もいくと「日野橋」だ。
第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 019.jpg
精霊馬

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 022.jpg
谷保天満宮入り口

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 024.jpg
階段を下ったところの拝殿

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 023.jpg
なぜか鶏の放し飼い?

多摩川を渡る船の渡しは、現在の日野橋よりももっと手前だったようで、国立市石田の万願寺へ結ぶ渡しが使われた。日本橋から10里目の万願寺一里塚跡あたりである。日野の渡しは、今の立日橋辺りで江戸時代から鮎漁が盛んで江戸城へ納めていたという。さて、9時45分、甲州街道「日野橋」交差点を左折して日野橋を渡る。お腹がすいていたので、ファミレスでもあったら昼食にしようと炎天下を歩いていると、左手に「とんでん」が目に入る。10時10分、孫娘はうどん付きの天ぷら・握りずしと私は北海道ざるそばに生ビール、つまみにうなぎきも焼きをいただいた。汗が滴るところへ強冷房に突入したのでとても寒い。
第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 026.jpg
元青柳村の常夜灯

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 029.jpg
現在の日野橋

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 037.jpg
「とんでん」で昼食にありつける

 ここからは水に浸したタオルを頭からほおかむりにして歩き、涼を取る。格好などにはかまって入られない。身体、いや命が大事だ。「とんでん」を出て100mほどのはす向いに地蔵堂と馬頭観音、石仏群に出る。頭を切り取られた石仏もある。
第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 039.jpg
地蔵堂と馬頭観音、石仏群

 25分も歩くと日野宿本陣に着く。本陣・脇本陣の建物は、嘉永2年(1849)正月の大火で消失し、現在の脇本陣の建物は元治元年(1864年)に再建されたもの。3ヶ所残る甲州街道に現存する本陣建築の一つ。(他は小原宿本陣・下花咲宿本陣)当主佐藤彦五郎の妻は、土方歳三の姉で、長屋門の一室を剣術修行に供していたため、土方歳三を通じて近藤勇、沖田総司、井上源三郎らとの交流があった幕末歴史の舞台でもあった。入り口から通して襖や障子を開け放つと反対側の中庭が見えるというシンプルにして美しい建築物だ。
第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 040.jpg
日野宿本陣

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 044.jpg
内部の広間

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 047.jpg
上段の間

 国道対面に日野宿交流館があり、すぐ先には問屋場高札場跡の碑の場所に2階建ての日野図書館がある。輪業店の前で、さきほどボランティアガイドをしていた年配の男性が「なにか変わったことはないかね」と言葉を交わしていていかにも好奇心の強い人らしい発言が面白い。寛政12年(1,800年)に再建された八坂神社を過ぎて日野市街へ。JR線のガードをくぐる手前を左折して旧道を登る。しばらく長い上り坂、日野自動車工場前を通過、八王子へ入ってから道を北側へ間違えて遠回りをして八王子駅前「横山町」に到着。
第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 052.jpg
本陣正面から、中庭まで通して見える

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 054.jpg
日野宿交流館

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 057.jpg
展示室の一部 日野の渡し舟

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 058.jpg
日野渡し船場の図

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 060.jpg
問屋場高札場跡にある日野図書館

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 061.jpg
寛政12年(1,800年)に再建された八坂神社

 八王子市街地に天然の温泉「やすらぎの湯」があるので、料金が安ければ入浴したいと孫娘と向かった。ナトリウムー強塩化物泉の湯で、私が2003年1月に入浴した1,014湯目の温泉地だ。日曜日で入浴料金が大人2,000円と知り、諦めて銭湯を探した。
第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 067.jpg
八王子市内「横山町」

 八日町に破風造りの「福の湯」を見つけて入浴した。銭湯特有の壁画は、平成16年に描かれた野尻湖のようだ。浴槽は薬湯もり、今日は「薄荷湯(はっかゆ)」だった。私は北海道の北見市生まれで、一時は世界の薄荷生産の99%を生産していたという土地柄に育ったので、とても懐かしい。八日町の祭りがあるようで、いなせな半被の男5人がどっと入ってきたが、一人の背中一面が刺青だった。露天商の人たちだろうか。孫娘は女湯に一人だったので、周りのおばさんたちに「どこから来たの?」「誰と来たの?」「熱ければ水を入れていいのよ」「背中を流してあげようか」などと声をかけていただいたとか。この世の中、まだまだ人情が厚いのだなと思った。
第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 070.jpg
銭湯「福の湯」入り口

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 074.jpg
浴室の壁画

第3回 甲州街道を歩く 府中~八王子 2011.8.7 075.jpg
更衣室

旅と温泉の思い出ショップhttp://aaspa.web.fc2.com/shop/
旅と温泉の相談室アスパサービスhttp://www.a-spa.co.jp/

まつの家の温泉尽くしの1日http://www.a-spa.co.jp/matunoke/index.html
ペットと泊まる温泉宿 http://www.a-spa.co.jp/pet/
エッセイ「温泉夜話」 http://www.a-spa.co.jp/yawa/index.htm

温泉巡浴紀行http://www.a-spa.co.jp/junyoku/index.html

温泉水サーチhttp://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/search.html

旧街道をあるく旅 http://aaspa.web.fc2.com/index-tabi.html
冷え性対策に!田口式健康サポーターhttp://www.a-spa.co.jp/taguti/
温泉グッズ 譲ります、譲ってください。http://www.a-spa.co.jp/mania/index.html



nice!(43)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 43

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0