So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

添乗奇談快談56. 沖縄戦跡めぐりのはなし [添乗奇談快談]

添乗奇談快談56. 沖縄戦跡めぐりのはなし
添乗奇談快談 沖縄戦跡めぐりのはなし.jpg
金森 達 画

 2010年7月に「沖縄戦跡と基地めぐり」に私が添乗に行く機会があった。ある地区の教職員組合が主催した研修で、お客様が手配したワゴン車の運転手が足りないので、添乗で運転手の役をかってくれないかとの要望に応えたものだった。過去に大型観光バスでの沖縄南部戦跡めぐりで、ひめゆりの塔や沖縄平和祈念資料館は何度か見学したことがあった。今回、現地の教職員組合の迫田さんの説明で、初めて南城市糸数にある糸数アブチラガマに入った。戦時中、日本軍の陣地濠や倉庫として、軍医、看護婦、ひめゆり学徒隊が配属された場所だ。全長270mの濠に600人以上の負傷兵が運ばれたという。ヘルメットをかぶり、懐中電灯を手に持ち、濠の漆黒の闇に中に入り、説明を受ける。

医薬設備や医薬品が無く、看護婦たちの仕事は、負傷した兵士の傷跡に沸くウジをピンセットで捕ることだった。化膿して手足を切断しなければならない。切断しても抗生物質が無いため、ほとんどが手術後死亡してしまう。「もういい!殺してくれ!」と叫ぶ患者たち。ひめゆり学徒たちの心痛は、いかばかりだったか。捕虜にもなれず、最後には日本軍に迫られて自爆に追い込まれたり、銃殺されたりした。沖縄戦で沖縄の人たちの肉親がこうした体験を持っている。こうした延長線に強引にブルドーザーで土地を収奪されて造られたアメリカ軍の基地の存在があり、日常的な人権侵害や騒音被害、生命の危険が晒されている。

翌日は、平和委員会の与儀さんの案内で宜野湾市のど真ん中の面積26%を占める海兵隊航空団の基地普天間飛行場が見える嘉数高台へ。その後、安保の見える丘から、嘉手納町、沖縄市、北谷町にまたがる西太平洋最大の機能を持つ嘉手納基地を見る。午後には普天間基地移設へリポート建設予定地である辺野古(へのこ)へ向かった。鉄のフェンスで仕切られた場所で、建設予定地への防衛施設庁のくい打ちを食い止めるおじぃおばぁ達の海上での戦いぶりを聞いた。漁船の柱に自らの身や首に綱を結んで引き剥がしを阻止しようとした様子は圧巻だった。おばぁたちは「おまえたち!引き剥がすなら、引き剥がしておばぁの首を絞めてみろ!」とまさに命を賭けた戦いだったという。今の本土の平和?は、こうした本土の我々に知らされていないおじぃおばぁ達の無名の戦いによって支えられていたんだと実感した一日だった。

20年前に沖縄南部観光で観光バスのガイドさんが言っていたことが忘れられない。「本土のお客さんに、戦争の話は気が滅入るからしなくていい、と言われてとても悲しい」「私たちは戦時中もそして今も戦争の傷跡に苦しんでいます。本土の人たちに少しでも実情をもっと知ってもらいたい」

冷え性対策に!田口式健康サポーターhttp://www.a-spa.co.jp/spa/hawai/

添乗奇談快談54.観光バスでのお土産のはなし
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2010-02-28
乗奇談快談53.いちご狩りなど「果実狩り」のはなし
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2010-01-23
添乗奇談快談52.三が日初詣人出のはなし
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2009-12-31
添乗奇談快談51.ビール・ウイスキー工場見学・試飲体験
https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=16478942
添乗奇談快談50.明治初期建築の洋風旧学校校舎を訪ねて・・・。
https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=16126386
旅と温泉の相談室アスパサービスhttp://www.a-spa.co.jp/

エッセイ「温泉夜話」 http://www.a-spa.co.jp/yawa/index.htm

温泉巡浴紀行http://www.a-spa.co.jp/junyoku/index.html

温泉水サーチhttp://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/search.html

旧街道をあるく旅http://aaspa.web.fc2.com/index-tabi.html
nice!(69)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:旅行

nice! 69

コメント 4

きょん

同じ日本なのに、知らない事ばかりです。
戦争の話は辛くて悲しくて重い気持ちになりますが、伝え残していかなくてはいけない事ですよね。
お話ありがとうございました。
by きょん (2010-12-11 16:17) 

ノリパ

去年ひめゆりの塔に行き、衝撃を受けました。知覧の特攻隊記念館とは
違い、体が震える感じでした。子供たちと行ったので、いい経験をさせら
れました。
by ノリパ (2010-12-12 16:08) 

旅爺さん

ひめゆりの塔では女学生の一人一人の死んだ状況が記されてますが読んでるうち涙が出そうでした。
by 旅爺さん (2010-12-16 15:11) 

つなみ

先刻はご訪問いただきniceをありがとうございました^^
by つなみ (2010-12-17 10:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3