So-net無料ブログ作成

温泉夜話  画期的な書籍 朝倉一善著「医者も驚く“奇跡の温泉”」 [温泉マニア]

温泉夜話  画期的な書籍 朝倉一善著「医者も驚く“奇跡の温泉”」

医者も驚く奇跡の温泉 001.jpg

2000年(平成12年)、小学館から健康ジャーナリストとして活躍する朝倉一善著「医者も驚く“奇跡”の温泉」が発行された。1998年(平成10年)から「日刊ゲンダイ」の週末特別版に3月30日号から週1回連載された「カラダに効く名水ガイド」の中から飲泉可能な温泉(鉱泉)を51ヶ所選んで紹介された。翌年、続編55ヶ所も出され、
医者がすすめる 続!奇跡の温泉 001.jpg

好評を得て2007年1月には、朝日文庫から 「医者も驚く飲泉力“奇跡”の温泉」とリニューアルして発行された。

医者も驚く奇跡の温泉1 002.jpg

日本全国の効能著しいといわれる温泉を訪ね、浴用のほかに飲用することで、高血圧症、糖尿病などの生活習慣病、癌やアトピー性皮膚炎、肝硬変、脳梗塞などの難病を克服した療養者を徹底取材したもの。取材力はたいしたものだ。私が1990年7月、耳鳴りや花粉症、ガラス破片を吐き出す効用があるという特異な温泉、長野県毒沢温泉沢乃湯(私の温泉巡浴548湯目)に取材・入浴した際、親父さんがつぶやいた。「朝倉さんには、しつこいと常連客から苦情がきている。困ったものだ」「朝倉さんが、どうしたんですか」と聞くと「取材したいからとうちの客を紹介したら、夜遅くでもしつこく取材にこられて・・・」という。温泉宿の主人が言われたことを紹介するだけではなく、本人に直接会ってきちんと取材されているなと感じた。

私は当時、ホームページで療養温泉や湯治の情報を紹介しており、飲める温泉水の紹介・販売をしていた。当時は、温泉と言ってもいわゆる浴用の歓楽温泉のイメージが強く、温泉を飲む、飲めると思っている人は少なかった。ましてや、飲泉で病気を治す、難病改善に効果があるとは信じてもらえなかった。平成15年に「飲む温泉水」という言葉を商標登録できないかと弁理士に本気で相談し、申請もしてみた。その頃は「飲む温泉水」とインターネットで検索すると私が主宰するアスパサービスの関連の情報しか出てこなかった。それ以降の温泉(飲泉)とミネラルウオーターブームはすざましい勢いだった。

この一連の書籍は、そうしたブームに確かな温泉(飲泉)情報を伝える大きな役割を果たしたと思う。私は30年前、山梨県増富温泉ホテル不老閣に宿泊した折、癌患者から届いた沢山の癌克服の御礼の手紙を見て以来、「温泉の認知度」を高めるために情報を提供しようと決意した。そうした思いに共通する志を感じ、今度の朝倉一善氏のいっそうの活躍を期待したいと思う。

まつの家の温泉尽くしの1日http://www.a-spa.co.jp/matunoke/index.html
アスパサービス 書籍紹介 http://www.a-spa.co.jp/shop/syoseki.html
旅と温泉の相談室アスパサービスhttp://www.a-spa.co.jp/

エッセイ「温泉夜話」 http://www.a-spa.co.jp/yawa/index.htm

温泉巡浴紀行http://www.a-spa.co.jp/junyoku/index.html

温泉マニアショップ http://www.a-spa.co.jp/maniya/index.html

温泉水サーチhttp://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/search.html

旧街道をあるく旅http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 4

hide-m

tmykj1さん ご訪問とnice!をありがとうございます。
by hide-m (2008-04-01 07:42) 

ずくなし たぬき

仕事の関係でちょっと聞いた事があるのですが
飲用できる温泉(保健所の許可を得ている)は
まだまだ少ないみたいですね。
温泉場では飲めても、持ち帰ろうとするとダメだったりするそうです。
違ったかな f(^^)p
by ずくなし たぬき (2008-04-03 22:16) 

hide-m

ずくなし たぬき さん ご訪問とnice! をありがとうございます。昔は飲める温泉は、宿の浴槽のところにコップや枡を置いてあって、「自由に飲んでいいですよ」とコメントを書いてありました。最近は、持ち帰りなどで、責任が負えないとかでコップを置かなくなりました。レジオネラ菌対策で、ほとんどの宿が循環・塩素殺菌システムになったことも理由でしょうね。
by hide-m (2008-04-04 19:00) 

吉本@まにあ道

はじめまして。「まにあ道」の吉本と申します。

私共のサイト「まにあ道」とはマニアな知識や情報をみんなで楽しめる
コミュニティサイトです。まにあ道では好きなものや得意なこと、
こだわりのある人を「まにあ」と呼んでいます。
その分野に興味がある人はもちろん、ちょっとのぞいてみようかなと
いう人も気軽に見にくることができるサイトです。
「まにあ道」 http://www.maniado.jp

hide-m さんのブログを拝見して、面白い記事が充実していると思い
お声がけさせていただきました。

現在、道場主になっていただける方を募集しておりまして
何かにこだわりをもっていらっしゃる方や、趣味をお持ちの方に
ご紹介させていただいております。
道場主になっていただいた方にはもれなく「まにあ道
オリジナルシール」をプレゼントしております。
ブログパーツもご用意させていただいてまして、
5月には第2弾のブログパーツも出す予定です。

ご興味いただけましたら是非一度ご覧下さい。
hide-mさんのご参加を心よりお待ちしております。

# 突然コメントを書込みました失礼をお許しください。
今回、どうしてもご連絡を差し上げたかったのでこのような
形でアプローチさせて頂きました。
こちらのブログにふさわしくないようでしたら、お手数ですが
削除をお願い致します。

私も温泉が大好きなのですが、もっぱら中部地区の温泉ばかりですね。
加温・加水無しのそのまま温泉の片岡温泉というところがお気に入りです。
個人的にまた拝見させていただきます。
by 吉本@まにあ道 (2008-04-09 12:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0