So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

「大人の休日倶楽部パス」5日間乗り放題26,000円で北海道へ。八戸・種差海岸へ! [温泉巡浴]

「大人の休日倶楽部パス」5日間乗り放題26,000円で北海道へ。
八戸に一泊!種差海岸を初ドライブ!2018年11月2日
DSC01989.JPG
八戸・種差海岸

JR駅構内のチラシで、新幹線乗り放題5日間26,000円に目を止めた。北海道まで行っての料金は激安だ。12月9日は母の命日。北海道北見市出身の私にとっては、いつも交通費が大変。これを利用して、11月29日に北海道新幹線などを乗り継いで北見へ。自宅を5時に出て、北見の実家に着いたのは午後8時30分、実に15時間半かかった。墓参りを済ませ帰途、まだ一度も行ったことなない青森県八戸に立ち寄ることにした。
DSC01977.JPG
北海道阿新幹線
DSC01979.JPG
函館駅で購入した駅弁

12月2日、午後2時過ぎにJR八戸着。駅前の日産レンタカーで借りた車で種差海岸へ。波打ち際まで天然の芝生が観られる観光地。種差海岸インフォメーションセンターに駐車し、しばらく芝生の丘を歩き回る。
DSC01981.JPG
DSC01983.JPG
DSC01987.JPG
DSC01989.JPG
DSC01990.JPG
DSC01992.JPG
DSC01995.JPG
DSC01996.JPG
種差海岸

 ここから鳴き砂の大須賀海岸、葦毛崎(あしげざき)展望台へ足を運ぶ。天気は快晴で、並み際の岩場、奇岩に打ち寄せる波は穏やかだった。天然の芝生には二人連れの若人や若い家族連れの観光客が目立った。大須賀海岸は、2.3キロ続く白浜海岸、「日本の渚百選」に選ばれている。
DSC01999.JPG
DSC02002.JPG
DSC02004.JPG
DSC02008.JPG
DSC02011.JPG
DSC02014.JPG
DSC02017.JPG
DSC02018.JPG
葦毛崎(あしげざき)展望台

八戸市内の宿泊は、スーパーホテル八戸天然温泉。LOHAS(ロハス)を唱え、「健康と地球環境」意識の高いライフスタイルを目指している。健康イオン水を供給、朝食には有機JAS認定野菜のみを使用、大浴場は天然温泉の運び湯を用意し、斬新な試みに挑戦している。1階にはパソコン、電子レンジ、トースターが完備。私の部屋は611室のダブル室で宿泊料金は無料の朝食付きで、1泊4,300円。フロント脇の棚に展示されている低反発枕とパジャマをチョイスして部屋へ。
DSC02019.JPG
DSC02032.JPG
DSC02030.JPG
DSC02031.JPG
DSC02029.JPG
DSC02028.JPG
DSC02026.JPG
DSC02027.JPG

1階フロアの浴室は、日帰り入浴施設「熊ノ沢温泉」から運び湯している。泉温は26.7度の加温。泉質はアルカリ性単純泉。100グラム中にナトリウム188.0グラム、カリウム4.9、カルシウム3.0、塩化物イオン26.9、硫酸イオン31.6、炭酸水素イオン358.0、炭酸イオン37.3、メタケイ酸69.7㎎、メタホウ酸1.4。浴槽に入ると肌はつるつる感が凄い!湯口からは湯が出ていない。タンクローリーで運んでくるようだ。部屋には浴室があるので、温泉に興味のない人は部屋で済ますようだ。
参考:熊ノ沢温泉 http://kumanosawaonsen.com/
DSC02022.JPG
DSC02023.JPG

朝食は一階フロアにて日替わりバイキングで用意される。(朝6時~9時)コーヒーやオレンジ、コーラ、烏龍茶など各種ドリンクは無料。有機大豆や有機米を利用した即席みそ汁もセルフで。
       
☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(73)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

快速 鎌倉紅葉号で鎌倉へ! 稲村ヶ崎の海岸の砂浜を踏む!

快速 鎌倉紅葉号で鎌倉へ! 稲村ヶ崎の海岸の砂浜を踏む!
DSC01772.JPG
長谷寺からの眺望

11月23日の勤労感謝の日に、JR青梅駅発の鎌倉駅行き直行便に乗車した。全席指定券で、申し込んだときは最後の一席だった。鎌倉は2010年2月に「温泉巡り」で出かけて以来の8年9か月ぶりだ。その時の入浴は、私の温泉入浴1325カ所目の湘南「ひらつか温泉太古の湯」、1326カ所目の「稲村ケ崎温泉」の二か所だった。
参考:湘南の温泉巡りと鎌倉・報国寺、杉本寺を訪ねる!
https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2010-02-11

鎌倉行に際し、昭和60年刊の松本清張・樋口清之共著の光文社文庫を持参した。七里ケ浜の項で興味深い内容に目を止めた。頼朝が鎌倉に幕府を開いた理由に鉄の加工だけではなく鉄の生産地だったのでではないかという。鎌倉の名前からして「鎌」「釡」はいずれも鉄に関係。七里ケ浜を東へ向かって歩いた時のことを記している。砂は黒ずんで重い。行合川の河口付近で砂鉄層があることを知る。さらに音無川へ行き砂を持ち帰り、砂鉄片を差し込むと砂の塊が鉄片に吸い寄せられ、確信したという。後に「湘中紀行」や「鎌倉記」にすでに記録されていたこともわかる。鎌倉の鉄製品の名工正宗の関係もある。それで私も砂鉄の浜を確かめたいと思った。
長谷寺、光則寺、鎌倉大仏を見学した後、江ノ電の長谷駅に戻り稲村ヶ崎駅へ移動。極楽寺川河口付近にある稲村ケ崎温泉がちかく、砂鉄の浜音無川河口も近い。ガイドブックに掲載されたグルメ垂涎の「湘南の海を眺めつつイタリアンを堪能 タベルナ・ロンディーノ」へ。1980年(昭和55年)オープンの本格イタリアンとか。三連休の晴天でとても込んでいた。結局一時間ほど待って、食事にありついた。新鮮な魚貝スパゲティランチに生ビールを賞味。
DSC01832.JPG
DSC01829.JPG
イタリアンを堪能 タベルナ・ロンディーノ

 目の前の海では色鮮やかなヨットが走り、海岸に降りて写真を撮る人たちでにぎわっている。砂浜は見た目にも黒っぽく固そうだ。足を踏み付けてもとても固い。手に掬ってみるとボソボソと固まっている感じでさらさら感とは程遠い。これなら鎌倉のどこかに製鉄・精錬場があったに違いない。
DSC01839.JPG
DSC01836.JPG
DSC01840.JPG
DSC01842.JPG
稲村ケ崎海岸

最初に行った長谷寺の紅葉は期待外れだった。寺には常時五人の庭師が境内を守っている。「今年の紅葉はどうですか」の問いに「浜からの塩害にやられダメです。鎌倉の他の寺も・・・」という。長谷寺の山の傾斜の高みの展望台から、ヨット群が漂う相模湾の眺望を楽しむことができた。
DSC01758.JPG
江ノ電
DSC01760.JPG
DSC01761.JPG
DSC01764.JPG
長谷寺のタブの木
DSC01765.JPG
DSC01769.JPG
DSC01771.JPG
高浜虚子の句碑「永き日のわれらが為の観世音」
DSC01772.JPG
DSC01774.JPG
DSC01778.JPG
DSC01780.JPG
DSC01781.JPG
長谷寺の紅葉
DSC01789.JPG
DSC01791.JPG
DSC01799.JPG
光則寺

 鎌倉唯一の国宝仏、鎌倉大仏はとても混雑していて、胎内巡りの人たちが列をなしていた。中ががらんどうで、南北朝時代の建武二年(1338年)中先代の乱の時、大風で梁が折れ、中に避難していた兵士五百人が圧死したという。この中で男女が密会したり、ばくちを打ったり、乞食が焚火をしていたこともあるという。
DSC01818.JPG
DSC01821.JPG
DSC01823.JPG
DSC01824.JPG
DSC01827.JPG
鎌倉大仏

午後は江ノ電に乗り鎌倉へ。西口から、寿福寺、海蔵寺を見て、亀ケ谷坂切通を抜けた。夕暮れて、建長寺前を通り、鶴岡八幡宮を通過して鎌倉駅へ戻った。
DSC01844.JPG
DSC01843.JPG
DSC01845.JPG
長寿寺
DSC01847.JPG
DSC01849.JPG
DSC01850.JPG
DSC01853.JPG
DSC01861.JPG
DSC01862.JPG
DSC01864.JPG
海蔵寺・十六の井
DSC01866.JPG
亀ケ谷坂切通
DSC01867.JPG
DSC01869.JPG
長寿寺
DSC01870.JPG
DSC01871.JPG
建長寺
DSC01874.JPG
DSC01875.JPG
鶴岡八幡宮

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

乗り物や露天風呂の貸切状態体験のはなし。 [旧街道を歩く]

乗り物や露天風呂の貸切状態体験のはなし。
奥の細道.jpg
奥の細道を歩く 画 金森 達

旧街道歩きをしていて、乗り物の貸し切り状態を経験することがあった。2005年の大型夜行バスの貸し切り状態体験には驚いた。考えてみると、他にも2008年4月の最上川舟下り、2005年5月12日の一両編成のローカル列車でも経験した。乗り物に限らなければ、トルコでカムッパレの大露天風呂での一人入浴は、自慢したいことだ。

旧街道歩きは、一度には完歩できないので、歩き繋ぐことになる。前回歩いた場所へ戻るのに、近い場所は列車で移動できるが、遠くになると夜行バスを使うことが多かった。2005年6月21日、「旧中山道歩き」の第22回の鳥居宿から歩くときに、新宿から夜行バスを利用したことがある。乗車時に座席を指定されるが、運転手に「今日はお一人ですから、どこでもいいですよ」と言われて驚いた。12mの長さの大型バスの貸し切り状態だった。
参考:旧中山道六十九次を歩く第22回 鳥居本宿~守山宿
http://aaspa.web.fc2.com/nakasendo/nakasendou-22.htm

2008年4月7日、「奥の細道歩き」で、戸沢藩船番所~舟下り降舟所までの約12㎞の定
期便でガイドさんと船頭さんに案内されて、乗船したことがある。手を抜くことなく、私一人のために、ガイドをしていただき申し訳ない思いがある。
参考:奥の細道を歩く 第31回 新庄~最上川舟下り、羽黒山 2008年4月7~9日 [奥の細道を歩く] [編集] https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2008-04-15

2005年5月12日、旧中山道を歩く旅(第22回)の途次、岐阜県大垣駅から12時31分発の樽見鉄道に乗車した。うすずみ温泉四季彩館へ宿泊する途次の体験だった。
参考:ローカル電車に貸切乗車?交通機関の貸切状態体験 [旧街道を歩く]
https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/archive/200804-1

2015年3月3日、「トルコパッケージツアー」で訪ねたパムッカレ温泉の早朝露天風呂で体験したギリシア時代の大理石がゴロゴロしている広大な露天風呂が印象深い。
参考:トルコの温泉巡浴 パムッカレ温泉とカラハユット温泉 2015.3.2~3
https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2015-03-16

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

栗兄弟の生き様を調べに、青梅市成木・栗平を訪ねる! 2018年11月6日(火) [東京・青梅周辺]

栗兄弟の生き様を調べに、青梅市成木・栗平を訪ねる! 2018年11月6日(火)
DSC01741.JPG
庭に池の鯉は、アライグマに襲われた生き残りが一匹

栗をいただいて6日間気付かずに小さなリュックに入れたまま、仕事に日常の散策に、様々なコンサートや尾瀬散策に出かけていた。そこで「栗兄弟の7日間の大冒険!」童話か短編小説を残したいと思った。その取材の一つに欠かせないのは、栗が育った環境を見てみたいということ。
句会の席でいただいた萩原さんのお宅へ伺った。青梅の黒沢交差点を左折し、吹上トンネルを越して左折した栗平林道の入り口に位置するお宅だ。
DSC01734.JPG
バスで「坂下」で降りて、そこから歩く

 道路の対面に栗の木が6本立っている。南側がお宅で裏には栗平林道に沿った沢からの小川が流れている。黒塀に囲まれた庭の池には、大きな鯉が1匹泳いでいた。今年3月に囲いがあったにも関わらず、当時12匹の錦鯉などの内11匹があらいぐまに襲われ食べられてしまったという。残った1匹も肉が見えるほどの深傷を負った。栗の木は萩原さんの息子さんが3歳の時に記念に実がなる木を植えようと栗の苗を6本買って植えたという。だから樹齢は60年くらいだろう。栗の実が大きく丹波栗だろうという。栗の実が熟していがが自然に割れて、実が落ちるのを拾っていた。
DSC01736.JPG
DSC01742.JPG
DSC01739.JPG
DSC01742.JPG
手入れされた庭園

ご主人は材木商をしていたが20年前に亡くなった。この辺りの萩原姓は甲州武田家の落人ではないかと言われていた。ご主人の祖父が「祖父の話で、上に住む萩原姓の家は位が高かったのか、青梅の中心地へ行くのにお籠で行っていたり、その家の神棚は豪華で名刀が飾っていた」という。武田家家臣団には荻原正勝という甲斐武田の侍大将がいたが「はぎとおぎ」との違いがある。平家の落人伝説の在る湯西川には、追っ手を逃れて「平家の平」を平家の人という隠れ文字「伴」姓に家が多いことで知られているので、あるいは隠れ文字で変えた可能性があるかも知れない。
お宅の家紋は、井桁に花菱で、武田家は花菱なので、その関係からも武田家との縁があるのかもしれない。
お話を伺っているうちに「柚子と林檎の和え物」や「春雨と柿、ブロッコリーのサラダ」「栗と人参のポタージュ」にパンをごちそうになった。彼女は料理教室を開いていた師範の腕前でもあった。栗兄弟の「ポタージュ」で再会することも驚きだった。
DSC01743.JPG
「柚子と林檎の和え物」
DSC01744.JPG
「春雨と柿、ブロッコリーのサラダ」「栗と人参のポタージュ」
DSC01746.JPG

昭和26年4月1日に市制が敷かれた同じ日に青梅第一小学校の校舎の一部を借りて開校した。市制10年の年に第四小学校教頭の木住野先生の音頭でPTAの俳句教室が開かれたのでという。ですから、彼女らの俳句活動はもう57年たっている。

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

インドカレー「ジョテイ アジアンダイニング&バー」の開店パーティーで生演奏! [東京・青梅周辺]

インドカレー「ジョテイ アジアンダイニング&バー」の開店パーティーで生演奏!
DSC01674.JPG
「トリオ3104 SLOW」

10月23日(火)、青梅市河辺8-20-17 ファミリーレストランガストの東向かいに「ジョテイ アジアンダイニング&バー」の開店パーティーが開かれた。河辺駅南にある「アジアンカフェとの関連でO氏に誘われて、出席した。この店の場所は、中華料理店があったところで、かつてはよく利用していた。
会費が三千円の飲み放題で、呑み助の私は、二つ返事で参加を申し込んだ。演奏会メンバーがすでに準備の真っ最中。メンバーを見て驚いた。ピアノと歌の光野真理・サックスの成宮雄三・ソプラノの瀧上美保の「トリオ3104 SLOW」とドラムとパーカッションの錦織裕之のメンバー。このトリオは2018年3月23日に結成したという。光野氏と瀧上氏は面識があった。光野真理さんは、地元を中心に各地でイベントの出没していることは知っていたが、この日に会えるとは・・・。
童謡の「小さな秋」「枯葉」「真っ赤な秋」「こぎつね」から、歌劇「蝶々夫人」「ヘンデルとグレーテル」など多彩な歌と演奏に酔いしれた一時でした。
DSC01671.JPG
DSC01694.JPG
DSC01692.JPG
DSC01673.JPG

生ビールから始まり、日本酒、焼酎、瓶ビールの飲み放題。シーザーサラダ、チキンテッカや焼き鳥などが食べられた。参加者はO氏の人脈の面々が多く、社交ダンスの関連の人たちが多かった。この日のパーティーの後に一度ランチを食べに行ったことがある。大きなナンに驚かされた。サラダにカレーのランチセットが580円から食べられる。(ナン、ライスはおかわり自由)肉料理には、タンドリーチキン、チキンテッカ、シシカバブ。スナックに、イカ軟骨、キムチ、フライポテト、椎茸バター焼き、枝豆、コーンバター、スタミナ焼き、鶏肉と野菜を包んだ蒸し餃子「モモ」、ピザ、ほうれん草チーズ焼き、手羽先、タンドリー海老、焼き鳥、スパイシ焼きそばがある。
DSC01747.JPG
DSC01751.JPG
DSC01752.JPG

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(68)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

青梅・成木の栗平林道の奥に「賢治の農楽校」を発見! [東京・青梅周辺]

青梅・成木の栗平林道の奥に「賢治の農楽校」を発見!
DSC01653.JPG
「賢治の農楽校」畑の入り口の扉?

句会仲間に栗を13個いただいき、小さな茶色のリュックに入れたまま、6日後の尾瀬散策から帰るまで気づかなかった。散策から鳩待峠を上ってホテルへたどり着いた時、飲料水やお弁当も食べてリュックから重いものが無くなったはずなのにどうしてか?とリュックを覗いたら、ビニールに入った栗兄弟が蒸せて汗をかいていたというわけだ。
栗兄弟たちは、6日間リュックに入れられたまま私といろいろな所へ行っていたわけだ。それで栗兄弟たちのこの間の体験を童話か短編小説にできないかと無謀な挑戦をすることになった。その一端で、栗兄弟の生き様を知りたいと、いただいた主が住む青梅・成木のご自宅へお訪ねした。成木8丁目の栗平林道の入り口だった。傾斜に植えられていた栗の木4本はすぐにわかった。野菜などの洗い物に使われていたらしいご自宅から沢に階段が作らていた懐かしい風景も見られた。
DSC01636.JPG
DSC01635.JPG
DSC01632.JPG
DSC01668.JPG
DSC01667.JPG

沢に沿っての道には「栗平林道」の標識があった。この沢沿いの道には、栗が多いのか?と林道をさかのぼってみた。500mほども登ると正面に林業関係の会社らしい建物と車が2台。入り口に「賢治の農楽校」の看板があった。脇に「この森林は東京都花粉症発生源対策の補助を受けて、スギ、ヒノキを伐採し、広葉樹を植えました。東京都森林事務所」の看板もあった。
DSC01640.JPG
DSC01641.JPG
DSC01644.JPG
DSC01642.JPG

「賢治の農楽校」の矢印へ山道を上ってみた。ジグザグの急坂を上り詰めると急に山景が開け、柿や栗の木の奥に傾斜に広がる畑があった。中腹にはいくつかの家屋と外に開けた見覚えのあるテラスがある。
DSC01646.JPG
DSC01665.JPG
DSC01647.JPG
DSC01648.JPG
DSC01649.JPG
DSC01650.JPG
DSC01653.JPG
DSC01652.JPG
https://www.facebook.com/青梅-賢治の農楽校-1577584292502999/

畑から帰ろうとしていた女性に声をかけた。勝沼に住むとうやまとしこさんと言った。立川に事務所を置き、7年前から「賢治の農楽校」として、元地主の萩原軍治さんより譲り受けた土地で畑を耕して20年になるという。萩原軍治さんの名前を聞いて思い出した。35年ほど前、2~3回筍掘りに小学低学年の娘たちと参加した時の記憶に、傾斜の中腹にあるテラスがあった。昔ここへ来たことがあるんだ!と私は驚いた。
DSC01651.JPG
DSC01656.JPG
DSC01657.JPG
DSC01654.JPG
DSC01661.JPG
DSC01655.JPG
DSC01658.JPG
DSC01660.JPG
DSC01663.JPG
DSC01664.JPG

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(71)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

吾、芸術の秋にしたき候。(2018年前半)

吾、芸術の秋にしたき候。(2018年前半)
IM000672.jpg
無題-スキャンされた画像-01.jpg
金森 達 画

 芸術の秋と申します。この時期位は芸術に親しもうではありませんか。
それで私には何ができるのかと、従来から考えていて今年の秋は意識して挑戦しました。

9月17日(月)Sophia Wind Orchestra (吹奏楽)鑑賞へ。第一部 アルヴァマー序曲、スーパー マリオブラザーズ、千と千尋の神隠し、はとポッポの世界旅行。第二部 喜歌劇「天国と獄」、 幻想交響楽4,5楽章。指揮者:神林克哉 国立オリンピック記念青少年総合センター
9月22日(土)仕事で「アクアパーク品川」へ。
9月23日(日)仕事で「羽村動物公園」へ散策。
9月28日(金)NBAバレエ団公演「リトルマーメイド」新国立劇場。芸術監督・演出:久保紘一 某 新聞社プレゼント応募で招待券当選。
10月1日(月)9月30日から2泊3日の水上高原ホテル滞在、中日の尾瀬散策の旅。9月26日の句会で いただいた13個の栗をリュックに入れたまま、尾瀬散策から帰るまで気付かずにいた。この体験 を「13個の栗兄弟の7日間大冒険!」童話か絵本にできないか検討し始める。
10月6日(土)荻窪祝祭管弦楽団 第6回定期演奏会。杉並公会堂。G・ヴェルデイ作曲「歌劇ナ  ブッコ序曲」P・チャイコフスキー作曲:ピアノ協奏曲第一番変ロ長調」J・ブラームス作曲 交 響曲第一番ハ短調OP.68 指揮者:高橋誠一郎
10月7日(日)仕事で井之頭公園を散策、水生物園と動物園を見学。
10月8日(月)仕事で、葛西臨海公園へ。鳥類園と水族館の見学。
10月12日(金)韓国光州市立交響楽団日本公演2018へ。同新聞社プレゼント応募で当選。キム・デ ソン作曲 交響詩「民主」、ラフマニコフ作曲「ピアノ協奏曲第二番ハ短調」ピアノ独奏:近藤 義弘 ドヴォルザーク作曲「交響曲第八番ト長調」指揮者:金 洪才
  パルテノン多摩
10月14日(日)ハルモニアオーケストラ(日本歯科大学・女子栄養大学)第43回定期公演会。J・シ ベリウス「フィンランディア」、E・グリーグ「ペール・ギュント」、A・ドボルザーク「交響曲 第8番ト長調」米田覚士指揮。
10月15日(月)仕事でイオン日の出店の映画館で「音量を上げろタコ!」鑑賞。
10月22日(月)三多摩演劇を観る会例会 グループる・ばる公演「―詩人・茨木のり子異聞―蜜柑 とユウウツ」昭島市民会館

俳句の句会は月に三回、老人会の句会は第三土曜日で、いつも仕事で出られないので欠席投句。「欅の会」は毎月第一金曜日、「月の会」は毎月第四水曜日に行われれる。力試しで、新聞紙上の「俳壇」やサンデー毎日の「サンデー俳句王」に投句している。以下は入選句の紹介です。
むさしの俳壇(東京新聞多摩版)9月11日付 入選・沖山志朴選「雲水の無音の食事秋の風」。10月23日付 入選・沖山志朴選「白樺を浮き立たせる草紅葉」
サンデー毎日 サンデー俳句王 9月25日刊・佳作「蹴つまずく老化の進む炎暑かな」(10/7号)、10月09日刊・秀作・人「落穂引き首回したる雀かな」(10/21号)
花巻温泉郷・鉛温泉 文学を訪ねる温泉紀行.jpg
金森 達 画

 ☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(50)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

旧東海道五十三次踏破が今、脚光? [旧街道を歩く]

旧東海道五十三次踏破が今、脚光?
甲州街道を歩く 2.jpg
金森 達 画

 2018年10月1日付け朝日新聞夕刊で、「五十三次踏破 いま脚光!」との記事があった。江戸と京都を結ぶ492㎞に53の宿駅が置かれ、当時は徒歩で2週間かかったという。旧東海道五十三次の道は、今の国道1号線にほぼ踏襲している。今、個人やグループで五十三次を熱くツアーが盛況らしい。テレビドラマの「一路 ―参勤交代は戦だ!」や映画「超高速参勤交代」「超参勤交代リターンズ」などの影響もあるだろう。
IM000824.jpg
鎌森 達 画

 実は私は退職後、平成27年から1年半にわたりクラブツーリズムフェローフレンドリスタッフ(FFS)として、「テーマのある旅行の添乗員」をしていたことがある。主に「富士山すそ野ぐるり一周ウオーク」、「甲州ぐるり一周ウオーク」「山手線ぐるり一周」だったが、このころに「東海道を歩き繋ぐツアー」をはじめた様だった。記事では1993年から始めたとあるが、繋いで歩くのではなく、有名な宿場をピックアップして歩く旅だった。私は1999年に足の衰えを感じて、登山から旧街道歩きに転じた。最初の挑戦が、旧東海道歩きだった。旅行会社経営する現役だったが、週末の休日はすべて「旧街道歩き」に費やした。前回歩いた場所まで戻るのに、土曜日の夜行バスで東京を出て、日曜日の早朝に現地に着き、20~30㎞を歩いて、また夜行で東京・中野に着き、月曜日はそのまま出勤した。日本橋から、京都三条大橋まで1年7か月かかり踏破した。
旧東海道五十三次を歩くhttp://aaspa.web.fc2.com/toukaido/index.htm
旧東海道 赤坂宿 大橋屋.jpg
旧東海道 赤坂宿 大橋屋 金森 達 画

 当時はまだホームページを作ってなかったので、写真は後であるもので間に合わせ、粗末な編集となっている。その後、中山道、青梅街道、甲州街道、日光街道&奥の細道と歩き続けた。2,400㎞の奥の細道を踏破するのに、5年半かかり、芭蕉に倣い俳句を身近に感じることができたのもこの時がきっかけだった。

 特に旧東海道は、現地の商店街が蛇腹式の歩き用の歴史や商店街の案内地図を作っている所が多かったので、これがとても役立った。記事の中で「松村公明・立教大学観光学部教授の「東海道はそれ自体がテーマパークのようなものだ。富士山をはじめ変化に富んだ地形や景観があり、多くの人が物語を共有している。完全に近代化した場所も多いが資料の助けを借りれば歴史も体感できる」との言葉に全く同感だ。若い人にこそおすすめのテーマパークである。歴史が好きになり、歩き続けることで健康を保ち、精神力も鍛えられると思う。
 
参考:マツノヒデマサの旧街道歩きhttp://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/
旧街道歩き閑話 3. 現存する本陣と参勤交代のはなし
https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2012-06-13


旧街道歩き閑話 6. 大名行列の殿様の駕籠と峠みちのはなし 
https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2012-08-30
旧街道歩き閑話 10. 江戸時代の旅の携帯品のはなし 
   https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-02-28
 ☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(63)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

水上高原リゾート200(ツーハンドレッド)へ2泊3日滞在! [温泉巡浴]

水上高原リゾート200(ツーハンドレッド)へ2泊3日滞在!
DSC01585.JPG
別棟・露天風呂「凛楽(りらく)」

秋の尾瀬へ散策を!したくて、妻と選んだ場所がここでした。尾瀬へは2~30年行っていないので、秋はどんな様子かと・・・。で、尾瀬散策は、前回のブログで紹介したとおりです。今回はホテルとその環境をお知らせします。
DSC01498.JPG
DSC01507.JPG
DSC01512.JPG
DSC01520.JPG
ロビー奥にある暖炉

名前の通り、200(ツーハンドレッド)は、群馬県の北部のホテルの敷地の広さを表現。標高966mの高原で、敷地が200万坪の高原リゾート。2コース・36ホールのアーノルド・パーマー氏の設計によるゴルフ場、冬はリフト4基、コース11本のスキー場になる。本州唯一の本格犬ぞり体験もできるという。カートドライブ、テニスコート、フョレストジップライン、ツリートレッキング、屋外温水プール(夏限定)なども楽しめる。館内では、ビリヤード、卓球、ダーツ、麻雀も。11階フロアには、レストラン藤原、Bar月夜の、フイットネスジム、ライブラリーがある。
DSC01510.JPG
DSC01504.JPG
ツリートレッキング
DSC01603.JPG
一階フロアの大浴場手前にある卓球場

さて、ここを選んだのは、良質の美肌天然温泉があること。30年前から上の原温泉が湧出していたらしい。6年前にプリンスホテルから移管し、「水上高原ホテル200」として営業している。pH 9.1 のアルカリ性単純硫黄温泉PH9.26で、入浴すると肌のつるつる感が凄い!メタケイ酸の含有が多いせいだろう。
詳細はhttps://www.minakamikogen200.jp/spa/quality_efficacy.html
源泉はホテル正面にある大井戸の湧水の近くらしい。大井戸の湧水の右手に別棟・露天風呂「凛楽(りらく)」がある。ここは宿泊者専用になる。
DSC01513.JPG

ホテル一階フロアに男女別の大浴場。山側は総ガラス張りで、眺望が良い。男子浴場の浴室は、温度差がある湯船がふたつ。無色透明、無臭の湯ですべすべ感が半端じゃない。美肌の湯と言われるゆえんだ。
DSC01596.JPG
DSC01599.JPG
DSC01600.JPG
DSC01602.JPG
ホテル一階フロアに男女別の大浴場

別棟の露天風呂「凛楽」は、事前にチエックイン時に渡されるキーを持参して、玄関でサンダルにはきかえて入浴に行く。別棟のキーで開けて、それぞれ男女別の露天風呂浴室へ行く。帰りの出るときにはキーは使わない。
男子用の露天風呂は、傾斜のある浴室で二つの浴槽があり、山並みの景色は遮るものが無く素晴らしい。湯はかけ流しだが、加温加水しているためか、すべすべ感はない。泉質は本館の大浴場に劣る。温泉の効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性など。
DSC01516.JPG
DSC01581.JPG
DSC01582.JPG
DSC01585.JPG
DSC01588.JPG
別棟・露天風呂「凛楽(りらく)」

ホテル前には足湯「なごみの湯」、アクティビティカウンター横には足の古い角質をついばんでお掃除してくれるお魚ドクターフィッシュも体験できる。(有料)

食事は1階フロアの白樺バイキング会場で、バイキングがメイン。夕食は地元産の新鮮な食材を使った60~80種類、朝食は30種類のメニューが並ぶ。
DSC01518.JPG
DSC01511.JPG
バイキングの会場と出口に持ち帰り用のコーヒー

 今回のツアーは、トラピックス主催の二泊三日で@26,500円の費用だった。ここには東京山手線からの上毛高原駅までの上越新幹線の往復の運賃、ホテルまでの送迎バス代、中日の尾瀬散策の鳩待峠までの往復バス、ホテルの2夕食・2朝食代金とグレードアップ室料のが含まれている。
ただ一つの不満は、部屋が11階フロアで眺望はよかったが、とても狭いことだった。
DSC01500.JPG
DSC01501.JPG
DSC01502.JPG

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(63)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

10月1日、鳩待峠より尾瀬へ、草紅葉を散策する! [温泉巡浴]

10月1日、鳩待峠より尾瀬へ、草紅葉を散策する!
DSC01545.JPG

群馬県の水上高原ホテルに滞在のオプションで、尾瀬散策に出かける機会があった。9月30日(日)台風24号の関東直撃の天気予報の中、東京・青梅の自宅を出発。東海道新幹線は運航中止をしていた時間帯だったが、上越新幹線は運航していた。
東京駅発10時16分のMaxたにがわ315号に乗車。2階建て新幹線E4系車両で、2021年3月までに廃止されるらしい。上毛高原駅着は11時22分、わずかに1時間余でもっと乗っていたい眺望が優れた車両だった。水上高原ホテル200での2泊だったが、中日の10月1日の尾瀬散策の話を綴ってみたい。
DSC01515.JPG
水上高原ホテル200の全景

台風24号の勢いはわれらの部屋、9階のフロアでの「ゆらりゆらり」の揺れは、地震にでも出会ったような感じだ。本当に出かけられるのか心配だった。翌朝、9階フロアからの遠方の雲間から青空が見え、朝食時も雨は降っていなかった。ホテルの標高は966m、尾瀬の鳩待峠の標高は、1,591m、山の天気は変わりやすいというので油断は禁物。一応、雨具を持参して8時に「尾瀬シャトルバス」は発車。
DSC01521.JPG
DSC01522.JPG
鳩待峠への乗り合いバスからの車窓

 1時間余りで尾瀬・鳩待峠に着きましたが、細い道には枝や倒木があり、一カ所で道をふさいでいた大木をクレーン車で移動している場面にも出会った。鳩待峠には山荘があったはずだが、営業をしていないようだ。売店の建物はあった。台風で停電らしく、トイレの水洗ができなくて、湧き水で手洗いをしていた。
DSC01580.JPG
鳩待峠

10時に鳩待峠を出発。3~400mほど沢伝いに下るコースだ。台風の影響で水かさが増し、石段の道は水浸しで、雨具を付けて足場を見つけながらの下りになる。ブナやダケカンバの樹林の中、木道が見えて来てほっとする。1時間で標高1,409mの「山ノ鼻」に到着。尾瀬には5回ほど来たことがあるが、鳩待峠からの尾瀬は初めてだった。バス路線がないために、ほとんどは清水峠から尾瀬に入る。一度は若い頃、何も調べずに5月の連休時に行って、一面雪景色に驚きながらも歩いたことが思い出される。
DSC01525.JPG
DSC01526.JPG
山道に倒木があり、歩けるように支えてくれた
DSC01527.JPG
DSC01528.JPG
DSC01570.JPG
DSC01573.JPG
DSC01571.JPG
クマよけの鉦叩き
DSC01525.JPG
DSC01568.JPG

山の鼻からは尾瀬ヶ原湿原の散策になる。時々晴れ間を見せる。正面に燧ケ岳(ひうちがたけ)が見えるはずだが、今は曇って見えない。木道の両側には池糖(小さな沼)が現われ、ヒツジグサを観ることができる。色がさまざまで、美しい。花はほとんどみられず、枯れりんどうの花がわずかに見ることができた。前方にシラカバが見える池糖にベンチがあり、「逆さ燧」の表示板があるところで休憩した。「牛首分岐」の手前だ。
DSC01530.JPG
DSC01533.JPG
DSC01535.JPG
DSC01537.JPG
DSC01538.JPG
DSC01539.JPG
DSC01541.JPG
DSC01543.JPG
DSC01544.JPG
DSC01549.JPG
DSC01550.JPG
DSC01551.JPG
DSC01552.JPG
DSC01555.JPG
DSC01554.JPG

 天候不順を考慮して、このあたりから、ぶらぶら戻ることにした。「山ノ鼻」から植物研究見本園のベンチで、バス中で用意していただいた弁当を食べた。ガイドに引率された富岡西中学校の8人ほどのグループに分かれた生徒たちも近くで弁当の時間。
DSC01562.JPG
DSC01565.JPG
DSC01563.JPG
植物研究見本園のベンチで昼食
DSC01566.JPG
DSC01575.JPG
DSC01578.JPG

「山ノ鼻」から鳩待峠への戻りは、すっかり水が引いて石段は歩きやすい。鳩待峠には尾瀬ヶ原の山小屋に宿泊する予定の家族が停電でスマホが通じず山小屋とのキャンセルの連絡が取れないと困っていた。妻のドコモがたまたま通じたので、そこから連絡を取ることができた。台風のため山小屋での水回りや食事の用意など、予想できない多大なの影響を与えているのだと実感した。

☆インドネシア滞在の旅 出国審査で「違法滞留」https://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-07-01
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ

nice!(41)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -