So-net無料ブログ作成
検索選択

「高級ホテルに泊まる上海・蘇州・無錫ミニターツアー4日間」  [海外のはなし]

阪急交通社主催
「インターコンチネンタルホテルとハイアットリージェンシーに泊まる 上海・蘇州・無錫ミニターツアー4日間」   2016年12月14~17日
DSC05170.JPG
上海新天地2階カフェからの眺め

 旅行費用は2名1部屋で一人39,900円。往復の航空便は、中国国際航空(CA)
1日目は、14時55分発の930便で、上海(浦東)着は17時20分。空港構内でラーメンを食べて、一路無錫へ。無錫蘇寧凱悦酒店(ハイアットリージンシーホテル)着は22時。
DSC04996.JPG
DSC05001.JPG

機内は日本語を話すスタッフがいない。今回の旅は、旧友が退職するので、ようやく一緒に海外旅行ができることになった。今回の参加者は夫婦者が多い14人。到着口で待つ添乗員は、中年男の邱(きゅう)さん。日本語は余り上手じゃない。往々にして少人数はガイドの質が悪い。中型バスで宿まで移動する。空港から上海市街地まで(約30㎞)の個人客のアクセスは、リニアカーとモノレール、バス、タクシーだ。リニアカーは約7分。モノレールは35~45分。
DSC05002.JPG
DSC05007.JPG
DSC05012.JPG
DSC05022.JPG
DSC05043.JPG
DSC05026.JPG

 ホテルロビーは43階フロア。ホテルの部屋は、65階フロアでとても広く、バスタブ浴室、シャワー室、トイレ室が分かれている。テレビは日本語放送が聞くことができた。

 翌日、6時頃からホテル近所の散歩に出かけた。小公園「白水池」、華中花園の隣で奥行きが広い。集団で太極拳をしていた。小公園に隣接して、大きな漢方薬店があり、従業員が出勤中だった。朝食は64階のレストランでヴュッフェ。さすがに一流ホテルで品ぞろえは言うことなし。朝もやの中、7時頃から陽が出てきた。
DSC05027.JPG
DSC05029.JPG
DSC05032.JPG

 この日の予定は、無錫市内の観光。太湖の北端にある「げんとうしょ公園」へ。げんとうしょとは、すっぽんの事。遊覧船内で無錫民族ショーの鑑賞で胡弓や琵琶の演奏、京劇風踊りを見た。10時35分発の遊覧船に乗る。琵琶湖の3倍の広さを持つ太湖には鮒・鯉・シジミ・白魚などの魚が生息している。中国では太湖の広さは3番目。
DSC05044.JPG
DSC05046.JPG
DSC05050.JPG
DSC05058.JPG
DSC05061.JPG
DSC05071.JPG

 昼食はスペアリブ、白魚卵とじ、豆腐スープなどの8品ほどの無錫料理。午後は、古い街並みの残る恵山古鎮で散策時間。酒屋で試飲をして、安い紹興酒ボトル25元(500円)のを購入。
DSC05078.JPG
DSC05080.JPG
DSC05079.JPG
DSC05083.JPG

 南禅寺ではガイドの邱さんから「南禅寺の登楼は10元でできるから」と言われていたが、登り口がすべてふさがれていて、登楼できなかった。
DSC05087.JPG
DSC05089.JPG

 700年の歴史を持つ清明橋を見学。観光客が多いせいかカフェ店が多い。古書店を覗くと、竹久夢二の復刻版を見つけた。
DSC05095.JPG
DSC05097.JPG
DSC05100.JPG
DSC05103.JPG

 最後に淡水真珠店の見学とショッピング。その後、上海まで1時間半、約180㎞バス移動。中心地で四川料理の麻婆豆腐などを食べた後、上海国家会展中心洲酒店(インターコンチネンタルホテル)へ。このホテルは、国際会議場隣接のホテルで今年6月にオープンしたばかりの上海郊外の便の悪いところ。地下鉄2号線の終点駅から徒歩5分。ガイドの邱さんもあまり知らなかった。
DSC05111.JPG

 オプションの外灘夜景観賞と観光トンネル体験、上海ヒルズ(94階)からの眺望(260元)は希望者が少なく、だれも参加しなかった。私は地下鉄に挑戦し、婁山関路駅近くの虹橋三希会所マッサージへ出かける。地下鉄駅構内で切符の自動販売機で購入しようとしたが、100元札しかなく、通行人の二人連れに声をかけ、崩してもらった。行先の場所をタッチして簡単に切符は購入できた。
DSC05115.JPG
DSC05116.JPG

 虹橋三希会所マッサージ日本人客が多く、テクニシャンの顔写真が張られ、指名料10元で指名できる。アロママッサージで80分、268元だった。帰りの地下鉄で終点「径涇東」のはずと乗っていると二つ手前で全員が下りた。私だけが取り残されて、動き出し、真っ暗闇の中で停止。慌てて、運転手は居るだろうと目の車両に歩いていくと向こうから来た乗務員が、戻るからそこで乗り換えて、というようなそぶりだった。まだ出来立ての路線で、乗り換えをしなければならなかったらしい。

 3日目は、午前中は蘇州観光で、午後は上海観光後、夕食という予定。
耦(ぐう)園は、世界文化遺産の一つ。外城河に面していて、役人の家だったが、縫製工場をえて、改修され今に至った。
DSC05122.JPG
DSC05127.JPG
DSC05128.JPG
DSC05132.JPG
DSC05134.JPG

 虎丘は春秋時代の呉王の墓陵で、葬儀の三日後に白虎がでてきて墓の上にうずくまるという伝説から。高さ47mの斜塔が有名だが、今回は遠望するだけ。
DSC05136.JPG

 その後、蘇州刺繍研究所へ。蘇州の技術者を養成し、国内外に展示する目的で作られた。精緻な伝統作業が見学購入できる。片面、両面刺繍職人がいて表と裏で絵柄が異なる高価な作品も見ることができた。
DSC05137.JPG
DSC05138.JPG
DSC05139.JPG
DSC05142.JPG
DSC05143.JPG

 ランチは蘇州料理。店ではお客が着いてから、椅子やお皿を用意したり、エアコンを入れたりしていた。日本なら、ありえないサービスぶり。
12時過ぎに上海へ向かう。租界時代に建てられた建築群が残る外灘(がいたん)と新天地観光。
DSC05146.JPG
DSC05149.JPG
DSC05155.JPG
DSC05159.JPG
外灘
DSC05165.JPG
DSC05166.JPG
DSC05169.JPG
新天地

 夕食は今回のメインである上海ガニだ。ガイドはしきりに上海ガニ(淡水に生息するシナモクズガニ)は小さいのが特徴だと、お客の食後の批判をかわす伏線を張っていた。確かに実は小さいが甲羅のカニミソは美味。
DSC05171.JPG
DSC05174.JPG
DSC05180.JPG

 上海市街地から郊外のテルまで戻るのに。1時間余かかるので、私はここで「離団書」を書いて、ここで離団することに。ここから豫園方向へ歩くが、ちょっと遠いのでタクシーを止めるが、短い距離と外国人で面倒くさいのか、結局手を振って断られてしまう。そこへ白バイクのお兄さんが声をかけてくる。豫園まで20元というので、「タクシーでも10元だから、10元なら」といって立ち去ろうとするとようやくそれでいいという。初めてのバイクで運転手の後ろに乗り、しがみついての疾走だった。夜の豫園と外灘をゆっくりと歩き、地下鉄でホテルへ戻った。
DSC05182.JPG
DSC05183.JPG
DSC05186.JPG
夜の豫園
DSC05187.JPG
DSC05189.JPG
DSC05190.JPG
夜の外灘

最終日は、昼の豫園観光とシルク工場、ラテックス工場見学のお買い物時間で終わった。
DSC05195.JPG
マンションの洗濯干し
DSC05206.JPG
DSC05207.JPG
DSC05209.JPG
昼の豫園

☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ

nice!(62)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フォトジャーナリスト安田菜津紀さんの講演会~中東・東南アジア・東日本震災~ [東京・青梅周辺]

フォトジャーナリスト安田菜津紀さんの講演会~中東・東南アジア・東日本震災~
DSC05228.JPG
フォトジャーナリスト安田菜津紀さん

 2016年12月8日(日)青梅市役所で、世界連邦運動協会・青梅市主催の「平和の集い」のイベントとして取り組まれた。「平和ポスター展」に入賞した児童たちの表彰式の後、約1時間にわたり、撮影写真を使って講演された。
DSC05227.JPG
DSC05211.JPG
開場で市長のあいさつなど

 安田菜津紀さんは、フォトジャーナリストでカンボジアを中心に東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材を進め、記録し続けている。東日本大震災では、義父母の住む陸前高田市と縁があり、継続して取材している。2012年、「HIVと共に生まれるーウガンダのエイズ孤児たちー」で第8回名取洋之介写真賞受賞。TBS「サンデーモーニング」ほかテレビ・ラジオ出演多数。写真絵本に「それでも、海へ 陸前高田に生きる」ポプラ社刊。著書に「気にまた、あの場所へ シリア難民の明日」新潮社刊。
DSC05231.JPG
カンボジアでの戦車用地雷(カンボジアには、今なお400万個の地雷が放置されている)
DSC05238.JPG
シリアの子供たちと(ポスターから)

 講演では、ボランティア団体の貧困や戦争孤児に対する支援を目にし、私に何ができるのだろうと思ったときに「それぞれに役割がある。あなたは写真を撮り、知らせることで役割を果たしてほしい」と言われ、印象深い言葉だった。この言葉に私も納得した。世界の子供たちの不幸の数々を知った人が、まだ知らない、知らされない人たちに伝える。伝わることで次の行動を起こす可能性を引き出していく。
DSC05240.JPG
講演後のサイン会

 無知や偏見や誤解は、正しい解決を妨げている。そうした誤解や偏見をなくすために、小さな行動を積み重ねなければならないと思った。翌日、青梅市立美術館で展示されている「安田菜津紀 写真展~シリア難民の子供たち~」を見に行った。写真で紹介できないのが残念だが、戦火での悲惨な現実、でも時には明るく生きている子供たち。水も十分の取れない避難キャンプでのわずかな水のしぶきを大きな口で受け止めようとしている男の子の姿がとても印象的だった。
DSC05241.JPG
DSC05242.JPG
青梅市立美術館で写真展

 日本国内でも相変わらず、福島原発事故の被災者や沖縄基地問題でさまざまな被災を受けている現状には、腹立たしい思いだ。特に以前から危険な戦闘機と言われているオスプレイの墜落には「県民の生命や主権を守るため役割を政府は果たしなさい!」と強く言いたい。これではアメリカの植民地のような従属的な対応ではないか。政府の役人や政治家に『あなたたちに愛国心はないのか!』と問いたい。

☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(72)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本フィルハーモニー交響楽団公開リハーサルに行く!   2016.12.8 [東京・青梅周辺]

日本フィルハーモニー交響楽団公開リハーサルに行く!   2016.12.8
ゲーテ、ベートーベンと温泉のはなし.jpg
ゲーテ、ベートーベンと温泉 金森 達 画

 杉並区と日本フィルハーモニー交響楽団は、音楽を通して区民の豊かな交流と地域文化の振興に向けて互いに協力することを目的にした友好提携事業の一つとして、公開リハーサルを行っている。今年、何度か杉並公会堂でのコンサートに出向くことで知ったイベントで、初めて参加してみた。
13時からのリハーサルに合わせて、12時頃に並ぶと、すでに20人くらいの方が並んでいた。12時30分に開場。私は9-10席に陣取る。中央に向かって、少し左手の席に位置する。今日の栞には湯浅譲二作曲「始原への眼差Ⅲ」(2005年日本フィル委嘱初演作)で指揮者は、飯守泰次郎氏。2005年の初演時も同指揮者。
13時30分に席に着くと、前の8列目までは弦楽器のリハーサル用で、それぞれ観客に気にするでもなく集中して奏する人、舞台側に向けて奏する人。舞台上では客席側に向かって奏する人、楽譜にメモする人、互いに談笑しながら奏する人、ヴァイオリンを縦に抱えて黙している人、弓矢に松脂を塗っている人・・・・。全員が私服で年齢層は皆若い。

 13時にリハーサルが始まる。指揮者の飯守泰次郎氏が登場すると観客が拍手をしたので、彼は軽くお辞儀をした。作曲者の湯浅譲二氏が私の席の真ん前8-10席に座って、大判の楽譜を両開きで眺めている。演奏中に手直し、11番、14番などを指揮者が作曲者を振り向き、「どうでしょう?」のような仕草をして迎えたり、作曲者が出向いて「ちょっとここは」「木管よりも金管がよくでてる」「フョルテシモ、絃をもっと強く」のような声かけをしたりして、1時間が過ぎた。初演の時も指揮者が同じだったので、こうしたやり取りがされたのかもしれない。リハーサルもなかなか面白い!と感じた1時間だった。

 今年は5月から、年金だけの生活だったことから、健康で文化的な生活をどのように工夫するのか?が課題となった。妻に勧められて、三多摩演劇を観る会に入会したことで、2か月に1回観劇の機会ができたが、私は演劇よりもクラシックコンサートの方がうれしい。今年は、文芸の「女の一生「、加藤事務所の「Be My Baby」、青年劇場の「臨海幻想2011」、劇団民芸の「集金旅行」、劇団前進座の「切られお富」、劇団青年座の「横濱短篇ホテル」を観た。東京交響楽団の演奏が無料で楽しめる「都響プレミアムコンサート」に応募して、昭島、立川、福生公演の3回鑑賞することができた。9月以降で、ウイーン・ワーゴ・ヴォルク五重奏団、国立音大ブラスオルケスター、荻窪祝祭管弦楽団、マグリアオーケストラ、新宿フィルOB合奏団などの演奏会にも出かけた。新聞大手紙のプレゼントコーナーにはがきで申し込み、紀伊国屋ホールでの「MINAMATA静かな海へ」、ミュージカル「HOSPITAL HOSPITAL」に当選し鑑賞することもできた。東京都美術館の65歳以上のシニアは、毎月第三水曜日は無料で鑑賞できることを知り、「ゴッホとゴーギャン展」を見に行った。
 10月7日には、福島復興支援で活躍している、書道家シンガー友近やっくん(890)の青梅の介護施設での演奏にも二度立ち会うことができ、芸術の秋を存分に楽しめた年であった。

☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(92)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「出雲大社・足立美術館・鳥取砂丘 三朝温泉  [温泉巡浴]

クラブツーリズム主催「出雲大社・足立美術館・鳥取砂丘 三朝温泉 
タグ付き松葉ガニフルコース・アワビの踊り焼き」2日間へ行く! その2.
DSC04947.JPG
足立美術館の窓を額縁にして・・・

三朝温泉での宿泊は、三朝温泉郊外だった。宿泊した三朝ロイヤルホテルでは、20時30分発の「三朝温泉 夜の散策」無料バスを運行していたが、疲れていたので参加しなかった。
DSC04928.JPG
三朝ロイヤルホテル全景

 翌日、雨上がりの5時15分、まだ暗いホテルを出て、4㎞先の温泉街へ向かって歩いた。途中でY字路を三朝川に沿って右手へ。35分も歩くと温泉街へ。右手にとても風情のある木造の三朝館や有形文化財登録の旅館大橋を通過。三朝橋の袂に露天風呂がある。1981年(昭和56年)に三朝温泉に初めて入浴した217湯目の温泉地だった。まず懐かしの三朝温泉街「湯の村通り」に入る。鳥取県最後のヌード劇場と知られた「ニューラッキー芝居小屋」や射的場、湯治宿で自炊設備を持つ「民芸梅屋」、隣接の薬師如来へ。まだ6時前なので薄暗い。戻って三朝橋へ。
入り口の「三朝小唄像」の脇を下ると「公共露天風呂 河原風呂」へ。先客が一人。倉吉でラーメン屋を経営する麻田さんで、仕事を終えていつもここで朝風呂をして帰るという。6時から熱い湯が出るので、その前に温い湯を掻い出していた。風が出てきて、湯に体を浸けるまでが寒い。昔はもっと自然で広々とした印象だったが・・・。「4㎞を歩いてきた」というととても驚かれて、「倉吉へ帰るので乗せていこうか?」とお誘いいただいた。
DSC04924.JPG
DSC04913.JPG
DSC04915.JPG
DSC04918.JPG
DSC04922.JPG
三朝橋の露天風呂

こうして2日目の日が始まった。宿に帰り、7時30分にヴィッフエの朝食。煮物の種類が多く、ヘルシーなメニュを選んでゆっくり食べられた。
午前中は、足立美術館へ。かつて、訪ねた時の印象は館内の窓がそのまま額縁になっていること。周辺の山々の借景が庭園に生かされていること。前から、妻が第1番にぜひ見て見たいところだった。足立技術館の創始者・足立全康氏の「庭園も一幅の絵画である」という言葉を表現している。晩秋というか初冬の、季節的には余り美しいとは言えない時期だ。
DSC04966.JPG
DSC04944.JPG
DSC04941.JPG
DSC04945.JPG
DSC04949.JPG
DSC04950.JPG
DSC04947.JPG
DSC04952.JPG
DSC04953.JPG

 新館ができ、河合寛次郎と北大路魯山人の陶芸作品と現代日本画の展示も見ることができた。枯山水庭をまじかにみられる「喫茶室粋」でコーヒーをいただいた。竹ずみのスプーンが添えられていて、奥ゆかしい雰囲気を楽しめた。借景の木々の隙間に一瞬車が走る動きを発見して、驚いた。道路は走っていないとばかり思っていたのに、道路があったのだ。
DSC04958.JPG
DSC04964.JPG

出雲大社に移動し、社殿に向かう直前に雨上がりの大きな虹が見られた。すぐそばから発生しているような、神話の世界へお迎えの虹となった。「観光センターいずも」で昼食を済ませ、案内人について参拝へ。のちに2時間の自由時間には神門通りへ散策を楽しんだ。出雲地方の「神在もち」に起因するという「ぜんざい」を食べに、日本ぜんざい学会壱号店に入店。あげ餅と白玉の二種類を注文した。あげ餅は、お椀いっぱいに膨れて、驚いた。
DSC04967.JPG
「観光センターいずも」での昼食
DSC04969.JPG
神楽殿
DSC04970.JPG
DSC04973.JPG
拝殿
DSC04975.JPG
DSC04977.JPG
本殿
DSC04981.JPG
御神木に神籤が・・・
DSC04984.JPG
神門通りに面しての鳥居
DSC04985.JPG
神門通り
DSC04986.JPG
ぜんざい餅

☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(95)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「出雲大社・足立美術館・鳥取砂丘 三朝温泉タグ付き松葉ガニフルコース・アワビの踊り焼き」2日間 その1.  [温泉巡浴]

クラブツーリズム主催「出雲大社・足立美術館・鳥取砂丘 三朝温泉 
タグ付き松葉ガニフルコース・アワビの踊り焼き」2日間へ行く! その1.
DSC04849.JPG
砂の美術館の展示

 12月5~6日、妻と二人、ひとり会費33,800円で参加した。サブタイトルが「旬の新鮮なカニを食べられるのはこの時期だけ」だったが、「タグ付きカニ」の茹でカニは、不満足だった。「タグ付き」とは、「地元で獲れたカニとそうでないカニを区別するために、地元で獲れたカニにはその証として各漁港のプラスチックタグが付けられています。このブランドタグを付けているカニがブランドカニであり、タグ付きのカニは信頼の証なのです。鳥取県内の沖合底引き網漁船が水揚げした甲羅の大きさが11cm以上の松葉ガニには、安心と信頼の証であるブランドタグが取り付けられ、鳥取産松葉ガニとして市場に出荷されます。」と説明されている。「信頼の証、ブランド」というと今年獲れたという意味かと思ったら、そうではないようだ。茹でカニは、カニ足を折って両手につまんで引くと、どれもすぐに切れてしまった。寺泊の冷凍ものでも、ランチに2,100円も出すと、足の実がしっかりと抜けていたのを思い出す。冷凍ものだと言わざるを得ない。ちなみに、坂浜漁港の中丸商店での夕食だった。参加した方々は、「全体の料金が安いのだから、まあ仕方がないか」という反応だった。
DSC04895.JPG
カニフルコース
DSC04897.JPG
タグ付き茹でカニ

 それ以外は、アワビは生きていたし、量的にも満足だった。何といっても今回の最大の驚きは、鳥取砂丘「砂の美術館」だった。砂丘には何度か行ったことがあるが、ここは初めてでとても感激した。2012年4月のオープンでまだ新しい美術館。今年は4月16日~2017年1月3日までの営業で「第9期 砂で世界旅行・南米編」。砂像彫刻家である茶園勝彦総合プロデューサーし、世界18人による「イグアスの滝とインディオ」「クスコの街並み」「新大陸発見」など壮大な砂像の数々だ。巨大な遺跡発掘現場を見るような感覚だった。入館料が600円はとても安く感じられた。
DSC04858.JPG
過去最大約3,000トンの砂を使用
DSC04870.JPG
DSC04865.JPG
美術館二階からの眺望
DSC04861.JPG
DSC04842.JPG
DSC04844.JPG
DSC04849.JPG
DSC04851.JPG
DSC04854.JPG
DSC04860.JPG
館内の展示物の数々
DSC04872.JPG
DSC04875.JPG
DSC04877.JPG
館内のビデオで

 鳥取砂丘は、道路を挟んで日本海側へ。小高い丘を登り、小さな岩や寄せ来る白波が美しい。丘の手前のくぼみには水が溜まっていた。頂上に上る人たちの足跡を追いかけて上り詰める。風が強いと下るときに足跡が消えてしまうところも・・・。誰も歩いた跡のない場所を歩いてみたい。
DSC04881.JPG
DSC04882.JPG
DSC04885.JPG

 三朝温泉の宿は、三朝温泉街から4㎞はなれた郊外の三朝ロイヤルホテルで、周りには何もない。一番近いコンビニはローソンで、ホテルから10分歩く。温泉街にあった本店の別館として建てられたとかで、温泉はそこから引いているという。HMI(ホテルマネーギメントインターナショナル)グループの一つ。在日インド商工協会理事長の比良竜虎氏がオーナー。三朝温泉の露天岩風呂入浴の記事は、次回に。

☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(74)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

達人は誰でもなれる!こだわり続けて、うーん十年! [温泉マニア]

達人は誰でもなれる!こだわり続けて、うーん十年!
DSC07786.JPG
トルコのパムッカレ温泉 ギリシア時代の大理石露天風呂貸し切り入浴

 私は温泉にこだわり続けて40年。旧街道歩きを続けて17年。恥ずかしながら、「温泉達人、旧街道歩き達人」を名乗っています。2年前までは、ちょっと気恥ずかしいので、「見習い温泉達人、見習い旧街道歩き達人」と言っていました。その後、「器が人を作る」と思いなおして、「見習い」を外しました。
旅行業界に入ってすぐ、営業の地元である中野区内、涌井啓権氏発行の地域新聞「週刊とうきょう」に昭和53年(1978年)10月から、「異色の宿」シリーズで宿の紹介記事を掲載していただきました。この時の肩書は、「異色の宿」研究家でした。「温泉宿研究家」というにはまだ範囲に自信がなく、あえて「異色の宿」に限定した研究家にしたのです。今、小池百合子都知事が当選後の面談で評判を落とした、都議会議長で自民党の川井しげお氏(中野区選出)がまだ30歳の区議会議員の頃です。
次いで大学の後輩の計らいで、昭和56年(1981年)3月から、機関紙連合通信社配信の「異色の宿」シリーズで月一回、1年間掲載していただきました。第2回の野趣豊かな一軒宿で紹介した群馬県の湯の平温泉が掲載後、火事で全焼し読者から、お叱りの苦情をいただいたことを後で知らされたこともありました。
平成2年(1990年)から、温泉にこだわるアスパサービス㈲を立ち上げ、本業の旅行代理店のほかに「温泉の認知度を高める」ためのあらゆる事業を起こしました。ホームページでの療養温泉の紹介、飲む温泉水の紹介・販売、温泉宿(異色の温泉宿、ペットと泊まる温泉宿、療養・湯治の温泉宿など)の取り扱い、温泉のエッセイ(療養温泉突撃取材、温泉夜話、マスコミの求めに応じてテレビ出演や温泉情報や商品の提供を続けてきました。また、温泉マニアの端くれとして、温泉地巡り(国内1,410か所、海外77か所)、温泉郵便局での預金、温泉絵柄の国内外の切手収集、温泉絵柄マンホールの写真撮影と収集をして公開・発信してきました。
08.3.12群馬県立近代博物館、昭和病院岡野昭理事長対談 013.jpg
日本最古の温泉マークと言われる磯部温泉郊外の古文書

 テレビ局から、何度か温泉達人としての番組に出演したこともありましたが、本業での添乗業務で日程が合わずに多くが出演できませんでした。温泉達人というと、温泉入浴の数や知識に限定される傾向の中で、療養に効果のある宿や温泉水の紹介による多く利用者の劇的な病状回復にかかわり立ち会えた体験は、深い意味での温泉達人冥利に尽きると実感しています。
1980年頃、旅行雑誌で町田忍氏が「銭湯めぐり」のエッセイを書かれているのを目にして以来、ずって彼の去就が気になっていました。1992年にTOTO出版から、「銭湯へ行こう」が出版されます。その後、銭湯に働く人々、ペンキ絵師、銭湯専門の大工、三助さんへのインタビューへと銭湯取材範囲が広がっていきます。35年たった今や、銭湯の達人としてその地位は確立しました。マスコミとの関係は、このようにして達人になるのだなと思いました。
SAVE0001.JPG
ハンガリーの温泉

 私は今後も過去の体験を振り返りながらも、今もこの一瞬にも神秘的で奇跡を起こしている「温泉の認知度を高める」ために新たな体験も加えて、さらなる発信をし続ける所存です。私はたまたま温泉の一分野にこだわることになりましたが、どの分野でもこの道何十年と真面目にこだわり続けることで、達人への道が見えてくることと思っています。
「旧街道歩き達人」については、別途記したいと思います。


☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(57)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本は、見た目先進国、民主主義国、実際は封建主義、専制主義国で、北朝鮮や中国とはどう違うのか! [東京・青梅周辺]

日本は、見た目先進国、民主主義国、実際は封建主義、専制主義国で、北朝鮮や中国とはどう違うのか!
IM000690.jpg
金森達 画

 私は最近、周りから「元気でいいわね!」と言われると「見た目元気で、実は病気や昔のけがの後遺症で大変なんです」と返すのが口癖になっている。
立憲主義の放棄や原発再稼働、沖縄基地強行建築、TPPや年金法改悪の強硬など自民党政権のやりたい放題はあまりにも・・・である。これでは北朝鮮や中国とどう違うのか?と問いたい。私はこうした事態は、数十年前からの「政党政治の悪慣れ」と「マスコミの堕落」が最大の原因だと思っている。自民党は政策の違う議員の存在を許し、右派が失敗すれば、こんどは左派を擁立して政権の下野をしない、それを許しているマスコミ。民主主義とは、いったん掲げた政党の方針が多数を得て実行に移して、その結果に不都合が生ずれば、潔く引き下がり、次善の策を採用するという循環が実践されてこその民主主義である。それが政治も経済も「過ちを認めず」ごり押しし続けてきたから、今の政治の劣化や大企業の不祥事が起きている。国民はそれに悪慣れしている。

 青梅市立図書館が4月から、指定管理化でTRCに経営を委譲したことから、「図書館はどうあるべきか?」に興味を持ち、にわか勉強を始めた。2年前から立ち上げた「行政に口出す探検隊」の課題でも取り上げ、4月に入って新館長に「要望書」を手渡した。①図書館は、国論を二分する福島原発、沖縄基地問題で情勢の要請に答えているか?両県の地元紙を備えてほしい。②9か所の別館の多くが読売新聞のみの備えで、少なくとも2紙備えてほしい。③全政党機関紙を備えてほしい。要請時もその後何人かの司書たちとの話でもどなたも「要望はごもっとも。個人的に私も同感です」とおっしゃるがすぐに実現していない。
今のところ、4月の新年度からの実現もどうなるか確約をしていない。
DSC04737.JPG
草津町立図書館(草津バスターミナルの3階フロア)

 日本国憲法の順守義務を負うべき政権担当者や国会議員による立憲主義の否定や強行採決を繰り返しながら、世論調査で安倍政権は60.7%の支持率を得たという。私にすれば絶句。そして福島原発事故で自主避難した子供たちが、いじめにあい金品まで要求されていた。いじめた子供たちの意思というよりも、その家族が普段からそうしたいじめの原因を作っていたのだろう。そうした事実を知らない無知や偏見・誤解を正さなければならない。読売新聞でしか情報を取り込めない日常では、そうなるだろうと予想はできる。
自分がその立場に立ったら、どう思うか?どうするか?という視点で見ることが大切だと思う。急がば回れで、全国の公共図書館や公民館に少なくとも国論を二分する福島原発問題、沖縄基地問題の日常を伝える地元紙を備えるよう声を上げよう!図書館に備えているアンケートに地元紙を備えるよう書きましょう!

☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



 

nice!(77)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

記念切手のデザインはどのように決められるのか?温泉絵柄切手発行を阻む壁を追う! [温泉マニア]

特殊切手、ふるさと切手などの記念切手のデザインはどのように決められるのか?
                 温泉絵柄切手発行を阻む壁を追う!
DSC04823.JPG
台湾の温泉切手シリーズ

 15年前に草津郵便局に「温泉絵柄の切手を発行するよう申請したことがあるか?」と尋ねたことがある。関東地区などの検討する機関で審議され、草津温泉の絵柄の申請をしたことがあるが、諸理由で却下されたことがあるとの話を伺った。では、どのような機関で決められているのだろうか。2016年11月17日、兵庫県有馬郵便局や熱海郵便局にも問い合わせをしてみた。いずれも「温泉絵柄の切手申請をしたという話は聞いたことがない、記録もない、お客様が直接その機関に要請したらどうですか?」という日本有数の温泉地の郵便局にしては期待外れの反応だった。静岡県熱海温郵便局では、梅園の切手は発行されたことがあるという。11月16日、日本郵便㈱のお客様相談センターに問い合わせをし、「わかる方につないでほしい」電話を待つと翌日、相談センターのスーパーバイザーの辻沢さんから電話をいただいたが、「その機関は本社にあるが、お答えできない」どの機関が切手発行にかかわっているのかさえ教えていただけなかった。お客様相談センターの上に社会貢献・CS推進室、さらに上が総務部だということはわかった。

 2007年10月1日、日本郵政は日本郵政㈱と4つの事業会社に分かれ民営化が決定。ネットで2007年(平成19年)11/9付けで、「平成20年度における特殊切手、ふるさと切手の発行計画について」を知った。ふるさと切手について「前年度の発行計画を改め、地方ゆかりの題材を(1)懐かしいふるさとの情景(2)観光地の名所(3)47都道府県の花(4)祭りの4分野によりシリーズで発行するとともに全国の郵便局等でご購入できるよう致します。地方支社単位の発行はなく、本社において題材の選定、企画、デザインを行うこととしております」2008年10/2付けで、「平成21年度の・・・」についても同様。2012年(平成24年)10月1日から郵便事業株式会社と郵便局株式会社が統合され、日本郵政グループは現行の5社体制から4社体制へと再編される。

 ネット検索で日本郵政㈱の株主でもある「私の簡易書留」氏が「平成24年度特殊切手、ふるさと切手発行計画」について、以下のように書いている。
「まず、記念切手について気がついたのは、8件の計画となっていて、2011年に比べて2件減少しているということ。記念切手はほとんどが各省庁の要望によって発行されるものなので、民間企業として省庁との間に距離を保とうという考えなのでしょうか。
それならそれで、理由のあることだと思います。省庁に主導権を取られることなく、事業会社として、顧客に喜ばれる切手を自ら考案し発行していけばいいのです。
それに、シリーズ切手やふるさと切手を伸ばそうとすれば、記念切手のペースを落とさないと疲弊します。」
2016年6月23日に第11回 日本郵政㈱総会が開かれ、「私の簡易書留」氏も出席し、発言の挙手をし続けたが、発言の機会が与えられなかったという。

 日本以外の温泉国ではどうか?台湾の温泉4種セット、旧チェコスロバキアの「温泉保養地4種」、韓国の東來温泉など温泉地の絵柄の切手が発行されている。
DSC04827.JPG
旧チェコスロバキアの温泉切手6種
DSC04825.JPG
DSC04824.JPG
フランスで発行された欧州首都の絵柄の中に、チェコ・ブタベストの温泉施設が
参考:温泉夜話:外国温泉切手の話http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2011-08-14

 郵便事業は、民営化になったとはいえ、公共事業である。切手のデザインは日本郵便㈱本社のどこかで決められているようだが、決められる経過もガラス張りにしていただきたい。温泉大国日本は、古くから保養・療養として利用され、いまもその伝統は残り、温泉文化としても日本の発展に貢献している。温泉地の活性化にもなる温泉絵柄切手の発行を関係者に訴えたいと思う。切手絵柄になにかの利権がらみで選定されているとしたら、とても残念である。

☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



 

nice!(73)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

草津温泉ミニ湯治体験 草津の紅葉、沢渡温泉を楽しむ!  2016.11.02~03 [療養・湯治の宿]

草津温泉ミニ湯治体験 草津の紅葉、沢渡温泉を楽しむ!  2016.11.02~03
DSC04797.JPG
沢渡温泉まるほん旅館の檜張り大浴場

 3泊4日の草津ミニ湯治体験は、あわただしく日は過ぎた。3日目に白根山へ紅葉狩りと万座温泉に行こうとなった。天狗山プレイゾーンの先で、何やら「通行止め」の標識が・・・。この先、白根崋山ロープウェイから通行止めだという。とりあえず、そこまで行くことにした。この間が紅葉の美しいところ、山麓駅周辺から眺める山並みは、うっすらと雪景色。
DSC04749.JPG
DSC04752.JPG
DSC04754.JPG
白根山ロープウエイ山麓駅
DSC04757.JPG
ロープウエイの上は、うっすらと雪景色

 草津温泉街からは、紅葉景色から、冬景色への移り変わりを体験できるのだ。白根火山ロープウェイは標高2016mの山頂駅まで開業しているが、白根山湯釜周辺は立ち入り禁止だという。雪景色を見るためだけに、往復1,500円を使うのはちょっとと無粋な判断で引き返した。拙句「紅葉から雪へいざなふロープウェイ」
DSC04762.JPG
DSC04763.JPG
DSC04768.JPG

 最終日の4日目、草津温泉から山々を縫って日本ロマンチック街道を走り、旧六合村、呉坂峠を経由し沢渡温泉へ向かう。昔から、草津温泉湯治のあとに訪れた「草津の仕上げの湯」と呼ばれた美人の湯である。多くの湯治客は、強酸の草津の湯で荒れた肌をほのかに硫黄臭のある弱アルカリ泉の柔らかい泉質で治して江戸へ帰った。
DSC04785.JPG
上沢渡川
DSC04788.JPG
沢渡温泉街

 沢渡温泉のまるほん旅館は、私が1980年(昭和55年)1月に初めて入浴した80湯目の温泉地。15年ほど前にも旧友と入浴し、湯治用のシャワー付きトイレ完備の個室ができたと聞いて、感動したことを思い出す。午前11時からの入浴開始時間と知り、上沢渡川畔の公園で待機。「晩釣橋」の案内板で、江戸後期天保10年、蛮社の獄でつながれ脱獄した、蘭学者高野長英が弟子の医師である福田宗禎にかくまわれ、夜釣りを楽しんでいたのではないかとの話を知る。狭い坂を上り、共同浴場に隣接するまるほん旅館へ。700円の入浴料金を支払い、昔と変わらぬ檜張り大浴場へ行く。二階から板張りの階段を下りると両端に衣類棚がある。大小の湯船が二つ。大きな湯船には、石臼からこんこんと湯が滴り落ち、飲用もできる。湯に沈む肌は白く映り、こんなに私の肌は白かったかな?との思いにさせる不思議な湯。かつてはすべての時間が混浴だったが、今は女性専用時間が設けられている。
拙句「瀬の音や湯宿たたずむ川紅葉」「沢渡の長英夜釣る川紅葉」「横臥して冬の雲見る湯宿かな」
DSC04789.JPG
DSC04790.JPG
まるほん旅館
DSC04793.JPG
DSC04808.JPG
浴棟への入り口
DSC04806.JPG
DSC04797.JPG
DSC04800.JPG
DSC04804.JPG
DSC04807.JPG
DSC04810.JPG
まるほん旅館に隣接する共同浴場

 帰京への途次、国道353号線の吾妻川沿いにあるレストランでランチをとる。中之条中心街の店は、文化の日の休日のためか大変な混雑ぶりでどこも満席だった。旧友はハンバーグランチ、私はカツカレー。飲み物がフリーで飲めたのはうれしかった。窓外には熟んだ柿の実が枝に残っていて、晩秋の気配を見せている。
拙句「山里や残りし柿の明々(あかあか)し」
DSC04811.JPG

☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(78)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

草津温泉ミニ湯治体験 町立図書館へ通う! 2016.11.1~2 [療養・湯治の宿]

草津温泉ミニ湯治体験 町立図書館へ通う! 2016.11.1~2
DSC04769.JPG
草津町立図書館から借りた本

草津温泉ミニ湯治の第2日目から、草津町立図書館へ通うことにした。ワンディ美津木から歩いて、まず草津郵便局へ立ち寄る。
DSC04723.JPG

 16年前に、日本で温泉の絵柄の切手がほとんどないのはなぜか?と草津郵便局に電話で聞いたことがあった。切手発行を管轄する関東地区の組織に「草津温泉の切手を取り入れてほしい」と申請をしているが、撥ねられているという話だった。その理由は、草津というと湯畑に灯籠の絵柄が定番だが、灯籠は宗教的な意味があること。ベルツ博士の絵柄には、ベルツ博士の業績に賛否分かれるからとかということだった。その後も温泉切手の絵柄の申請をしているのかを聞きたかった。残念ながら、郵便局長が留守だったので、ここで預金をすると通帳に「[いい気分(温泉)]草津温泉 草津郵便局」とスタンプされるので、千円預金をし、絵入り年賀はがきを50枚購入した。
温泉夜話:温泉郵便切手のはなし http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2007-04-29

そこから徒歩5分で、草津温泉バスターミナル、草津温泉駅へ着く。2階の草津温泉駅で、草津温泉から川原湯温泉までの切符を記念に購入した。バスターミナルに隣接していた温泉資料館は利用者が少なくなるなどの理由で昨年(平成27年)11月に閉鎖していた。資料の一部は図書館が移転した3階の「温泉図書館」に展示されていた。図書館長は取材に出かけていて、留守だった。2階からエスカレーターで上ると右手の「温泉図書館」と染められた暖簾をくぐる。
DSC04737.JPG
DSC04724.JPG
DSC04725.JPG

正面に湯畑の古い時代の湯樋、木管と錐などの草津温泉の資料が置かれていた。左奥の「町民ギャラリー」には江戸から明治時代の草津の絵図が展示されている。ガラス張りの周りにカウンターが並び3階からの窓外を眺めながら読書が楽しめる。草津温泉ならではのいくつかの図書コーナーがあり、いかにも温泉とともに歩んだ図書館の存在を感じさせる。
DSC04726.JPG
DSC04728.JPG
DSC04730.JPG
DSC04731.JPG
DSC04736.JPG
DSC04734.JPG
DSC04782.JPG
DSC04772.JPG
DSC04774.JPG
DSC04777.JPG
中沢孝之館長

 それは草津町広報誌にも表れ、20ページの中で2ページを割いて、毎号「こんにちは、図書館です 草津を知る・シリーズ」で「温泉図書館で草津のことを知る。調べる」「泣き灯籠とお化け灯籠」「芭蕉の碑」などの話題が掲載されている。
人口は10月現在、6,619人で、徐々に減っているという。草津への入込は、平成28年8月で宿泊が211,052人(前年比105.63%)、日帰りで88,384人(94.90%)、合計で299,436人(102.22%)。図書館の入館者は、49,283人(一日平均177人)。登録者は、12,677人(町民7,027人、町外5,650人-リゾートマンション所有者、ホテル・旅館の従業員・アルバイト、湯治での滞在者)蔵書冊数は51,880冊、総貸出数は35,042冊。
ここでも日本有数の観光地で湯治などの長期滞在者が多い草津町ならではの特徴がみられる。二階の売店でコーヒーなどの飲料が購入でき、それを図書館に持ち込んでの飲用ができる。新聞は全国紙や東京新聞や群馬県、福島県の地元紙が備えていた。福島民報は、原発事故以来、草津にも福島県民が何人かが住み、福島県庁から「地元紙が必要であれば、送ります」と毎年連絡が来るので、お願いしているとのこと。

翌日も図書館に通うと、中沢孝之館長に声をかけていただいた。青梅市の図書館を考える会の一員として、草津の図書館情報をお聞きして、「平成28年度草津町立図書館経営概要」などの資料をいただいた。とくに「こんな思いで活動します」として、司書および職員は、皆さんに満足をしていただくため、『ありません・わかりません』を言わないよう常に学習を怠らず、新しい情報を収集します。・・・また、草津に関する郷土資料(温泉・スキー・高山植物・火山・栗生楽泉園)の収集に力を入れ、草津の歴史が埋もれてしまわないように整理や分類を行います。

草津温泉の特殊性や地域性を大切にしている印象を抱いて図書館を去った。3階からのガラス張りのカウンターからの眺めも素晴らしかった。ちょうど紅葉も終わりの時期だったが、晩秋の雰囲気を十分楽しみました。

☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(93)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る