So-net無料ブログ作成

東京・日の出町に鎌倉大仏を凌ぐ日本第二位の12mの座仏・鹿野大仏が誕生! [東京・青梅周辺]

東京・日の出町に鎌倉大仏を凌ぐ日本第二位の12mの座仏・鹿野大仏が誕生!
DSC09334.JPG
日の出町の「鹿野大仏」

先日、句会の参加者から、「昨日、日の出の大仏へ娘に車で連れてもらった」と話していたので、私も4月26日に見に出かけた。日の出町の公共施設に車を置いて、そこから歩いて15分ほどで宝光寺の参道へ出る。総門をくぐり、参道の両側には石造りの尊者が並ぶ。さらに山門をくぐる。右側には保育園が立つ。本堂などの伽藍の左側が傾斜になっていて、墓園地域となる。寺の裏山・鹿野山にちなんで「鹿野大仏」と名乗った。参拝料は無料だが、駐車料がバス1,000円、乗用車500円、オートバイ200円かかる。
建造したのは、曹洞宗宝光寺の八坂良秀住職で、1995年に急逝した先代の昭道住職の発願だという。現住職が遺志を引き継ぎ、2013年の総代会で建設委員会を発足させた。
DSC09307.JPG
宝光寺入り口
DSC09308.JPG
DSC09309.JPG
参道の両側に尊者の像
DSC09311.JPG
山門
DSC09314.JPG
庭園の一角に鹿の湯跡も
DSC09315.JPG
本堂
DSC09318.JPG

大仏はさらに北へ奥へと坂道を歩く。まだ造成中なのかくぼ地の周りには、蓮池など四季いろいろな花々が植栽されている。杉林の九十九折りの道で、檜のチップを敷きつめた参道を歩き、見上げると突然大仏が現われるという設計だ。参道入り口に置いてある、竹造りの杖を突いた年配者が大勢参拝に訪れている。大型観光バスで来ている団体客もいた。
DSC09322.JPG
DSC09323.JPG
DSC09324.JPG
DSC09327.JPG
文化12年の彫のある石塔
DSC09325.JPG

 山ごとの敷地が広大なので、円形の蓮華座を含めて18mあるが、大自然の中では小さく見える。下から見上げる大仏の背は、真っ青な青空だ。台座と大仏だけで4億円をかけたという。造成費を含めるといくらになるのか想像を絶する。拝観料が無料で、どのように回収するのかとても気になる。今は駐車場入り口で地元の土産を細々と露店で売っている程度。
DSC09328.JPG
DSC09330.JPG
DSC09332.JPG
DSC09334.JPG
DSC09337.JPG
DSC09343.JPG
DSC09344.JPG

山形市の鈴木鋳造所で製造された。仏師は渡邊雅文氏。施工は㈱翠雲堂。大仏は青銅色の銅合金で造られた。横幅11m、八角形の台座は高さ約3m、縦横約1.5m。台形の蓮華座は高さ約3m、直径約14m。大自然に中ではそれほどの大きさには感じられないが、耳だけで2mもあるというから驚きだ。
DSC09345.JPG
DSC09319.JPG
DSC09346.JPG
大仏のパンフレット

室町時代、宝光寺の敷地内に湧きだす泉で、野生の鹿が傷を癒している姿を見て、文済禅師が人々の役立てようと「鹿の湯」と名付けた。明治初頭まで「鹿の湯」として各地からの湯治客でにぎわったその後、町営浴場として昭和中頃まで利用されていたが、今は大きな樫の木がひっそりと立つだけである。

4月11日から一般公開の報道
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00389453.html

☆インドネシアの温泉事情 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-01-26
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01


nice!(45)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

旅行先は吟行!投句箱に一句、後にお楽しみがあるかも! [温泉巡浴]

旅行先は吟行!投句箱に一句、後にお楽しみがあるかも!
DSC09300.JPG
DSC09301.JPG

昨年11月26日~2泊3日で妻と鳴子温泉へいった。鳴子温泉郵便局の前を散歩していたとき、こけし型のポストを発見!女性局員にお尋ねした時に対応していただいた方は渡部真理郵便局長だった。彼女の発案の「こけし型郵便ポスト」で、日本唯一だという。こけし型の電話ボックスがあることも発見!その後、鳴子温泉は松尾芭蕉とのゆかりの場所であることから、俳句の投句箱が置かれていて、私も一句投函した。

4月7日 鳴子温泉観光協会から郵便物が届いた。鳴子温泉観光協会主催・平成29年「鳴子温泉エンジョイ俳句」20選に入選したとのお知らせと賞品だった。入選句は「冬枯れやこけしポストの佇みて」で、こけし型郵便ポストを詠んだものだった。賞品には、鳴子温泉の名入りバック、タオル、バッジだった。
参考:鳴子温泉2泊3日ツアー鳴子温泉・東鳴子温泉の散策!
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-11-29
DSC09304.JPG

昨年春に、四国の徳島県勝浦町へ移住のための古民家探しに行ったとき、ついでに四国八十八寺お遍路を20カ寺繋いで歩いた。その時、第六番札所の安楽寺に投句箱があり、一句投函した。後に、投句の御礼として、「般若心経写経」をいただいた。安楽寺は温泉山と号し、弘法大師が我が国に温泉湯治の御利益を伝えた旧跡でもあり、温泉マニアとして印象深いお寺だった。
参考:徳島県勝浦町滞在第2報!四国遍路第1番~6番札所を歩く
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25

2014年12月26~27日に「信玄の隠し湯」長野市松代温泉へ行ったときは、投句の賞品として「松代温泉入浴券」をいただいた記憶がある。こうして、その時の愉しみ方の一つとして俳句詠みもよいものだ。忘れたころに参加賞や賞品が贈られてくるかもしれないのだ!
参考:「信玄の隠し湯」長野市松代温泉へ行く!
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-12-29

☆インドネシアの温泉事情 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-01-26
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01


nice!(45)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

2018年春祭りの裏方を体験する! [東京・青梅周辺]

2018年春祭りの裏方を体験する!
DSC09293-360x270.JPG

青梅市の春祭りは、大きくは多摩川を分けて、二箇所で時期をずらせて行われる。南側の旧調布地区は、かつて青梅縞と言う織物で名を馳せた地区から調布村と呼ばれ、今は友田町、下長淵、上長淵、駒木町、千ヶ瀬上、千ヶ瀬下の6地区合同の祭りとなる。各地区の山車や神輿が練り歩く。各地区の山車が合流して競い合う様は、カメラマンのシャッターチャンスとなっている。
DSC09284-360x270.JPG
DSC09265-360x270.JPG
DSC09268-360x270.JPG
DSC09267-360x270.JPG
山車の飾り彫りと山と海のお供え

裏方は前日の朝早くから、当番を決めて準備にあたることになる。本部.受付や神輿のテント、花場の準備、山車や神輿の引き出しや組み立て、手古舞の準備、各所接待の準備などいろいろ。私の任務は本御神輿係で、御神輿の守護と例大祭式典の補助で割に暇な仕事となる。なので、普段は気づかない事に目が行く。神輿の前に火消しの纏のような万燈が二つ置かれている。右手には平安時代の源頼政の凛々しい立像が、左手には部下の武将が鵺(ぬえ)=頭が猿、手足が虎、体が狸、尾が蛇、声は虎鶫(とらつぐみ)と言う怪獣?を退治している姿を表している。棒には取ってがついているので、この万燈を担いで火消しの様に怪力で振り回して練り歩いたのではないか。伊東市伊奈の三島神社例大祭で60kgを超える万頭を振り回している写真を見た事があるが、怪力の持ち主が珍しくなかったようだ。
神輿のお供物にはお決まりのお塩と鯛が二匹、人参と牛蒡置かれている。鯛は祭りの最終盤のご苦労さん会でオークションにかけられて、祭りの収入に貢献している。
DSC09271-360x270.JPG
DSC09282-270x360.JPG
DSC09283-270x360.JPG
DSC09270-270x360.JPG
DSC09273-270x360.JPG
山車の前の両脇にある万燈

さて、拍子木を迎えに行き、手古舞の六人を含め記念写真を撮り山車と神輿の巡行が出発します。近年では子供たちの祭りへの参加が少なく、子供会の大人の役員と幼児くらいで、小学生は何をしているんだ?と思うほどだ。でも、神輿担ぎは、今年も他地区からの助っ人が4〜5人。また近年、若い女性が目立つのは嬉しい。山車と神輿は昼に一度戻り、また出発し午後5時30分に戻るまで巡行し続けます。担当の山車曳きの友人は「ぶらぶら歩きはとても疲れるから、変わってくれよ!」と言いますが私はギックリ腰の治療中なので、お断りです。
DSC09295-360x270.JPG
DSC09292-360x270.JPG
DSC09293-360x270.JPG
DSC09296-360x270.JPG
DSC09291-360x270.JPG
DSC09298-360x270.JPG

上長淵地区のご祝儀は毎年二百万円が目標値らしいが、景気が悪く、法人のご祝儀が少なく今回は少し下まわるようだ。調布地区の六地区だから六倍?人るということか。

nice!(48)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

インドネシアの温泉巡り長期滞在の準備について 2018年4月11日 [海外のはなし]

インドネシアの温泉巡り長期滞在の準備について 2018年4月11日

5月27日から1か月間のインドネシアの温泉巡りの準備を進めている。
ウオーキングシューズ2.jpg

インドネシアの温泉巡りについて、まず現地情報は欠かせない。ネットでは最適の情報を見つけた。インドネシアの温泉情報は「南極星」に詳しい。ジャワ島やバリ島の温泉情報の取材記事を載せている。これをもとに温泉巡りの計画を立てたいと思う。
インドネシア発信の情報誌
http://www.nankyokusei.com/magazine/2011/01/vol1.php
1か月間に及ぶ滞在なので、私の持病や後遺症対策を考えて、対処を始めている。
1か月に一度の頸椎損傷のために牽引のリハビリを行っている。これは出涸れる直前に一度行っておけばよい。前立腺肥大症と膀胱硬化症手術の後遺症で3か月に一度、膀胱につながる尿道狭窄症対策のため、尿道拡張措置を出かける前に行っておく。高血圧症治療のために、1か月分の薬を持参する。
 問題なのは、今1か月前から、ぎっくり腰治療中で、ほねつぎ整体院へ通っている。ようやく腰の痛みは和らいだが、バックパッカーのような旅行になるので、最低でも10㎏以上の荷を担いで長い時間歩かなければならない。この荷の重みにぎっくり腰がぶり返さないかが心配だ。
滞在中にはブルグで毎日発信したいので、今タブレットの練習を始めた。デジカメからWIFIで写真を転送し、写真の大きさを編集しブログに貼り付けることまではできた。今度はWORDで文章を作成し、それをブログに貼り付けることができるか、などを検討している。

☆インドネシアの温泉事情 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-01-26
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01


nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

桜満開!青梅の梅岩寺、金剛寺、釜ケ渕公園にも! [東京・青梅周辺]

桜満開!青梅の梅岩寺、金剛寺、釜ケ渕公園にも!
DSC09246-360x270.JPG
梅岩寺

 西多摩の青梅は、山の街でどこに行っても桜咲く!所により桜散るです。私の主治医の近くにある「梅岩寺のしだれ桜」は、本堂を借景としてシャッターチャンス!青梅の花見のに来る観光客はまず最初は、梅岩寺、次いで青梅の発祥地と言われる金剛寺に行きます。梅岩寺、金剛寺の枝垂桜は江戸時代より関東で有名な姉妹枝垂桜の古刹でした。

DSC09232-360x270.JPG
DSC09230-360x270.JPG
DSC09226-360x270.JPG
DSC09222-360x270.JPG
DSC09225-360x270.JPG
DSC09228-360x270.JPG
金剛寺
DSC09238-360x270.JPG
DSC09239-360x270.JPG
DSC09241-360x270.JPG
DSC09246-360x270.JPG
DSC09245-360x270.JPG
梅岩寺

金剛寺には青梅の名のいわれの何代目かの梅の木があります。かんぽの宿青梅のある釜ケ渕公園の桜も見事ですが、時期は終わってしまいました。
DSC09254-360x270.JPG
DSC09262-360x270.JPG
DSC09253.JPG
DSC09255-360x270.JPG
DSC09257-360x270.JPG
DSC09251-360x270.JPG
DSC09260-360x270釜ケ渕.JPG
DSC09250-360x270.JPG
DSC09252-360x270.JPG
釜ケ渕公園

 この原稿は、5月に行くインドネシアでの長期滞在の発信の為の練習で、タブレットで原稿や写真の取り込みをしています。使い勝手が慣れていないので大変です。毎日の出来事を短時間で出来るように練習するつもりです。写真はデジカメからwifiで送り貼り付けています。

☆インドネシアの温泉事情 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2018-01-26
☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01


nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る