So-net無料ブログ作成

徳島県勝浦町滞在・第7報! 四国遍路20番へ向けて勝浦町まで歩く!2017.4.1 [旧街道を歩く]

徳島県勝浦町滞在・第7報! 四国遍路20番へ向けて勝浦町まで歩く!2017.4.1
DSC06044.JPG
勝浦町内に飾られている吊るし雛

 今日の予定は、3月30日に歩いた第19番札所・立江寺から第20番札所・鶴林寺までの途中、勝浦町・横瀬橋まで歩くこと。4月9日までのイベント、第14回 勝浦さくら祭りの行事に参加できないか、だった。JR立江駅から立江寺に行き、8時20分に到着。ここから出発し朱色の橋を渡り、左折する。気温が7度でとても寒く、手袋をつけて歩いた。
DSC06031.JPG
DSC06032.JPG

 9時05分、右手に八幡神社に着く。フウ(櫛淵のフウ)の巨木と樹齢700年のクスノキがあり、黒褐色の直系2センチほどのフウの実か?わんさか気味が悪いほど地面に落ちている。フウの木は「琥珀の液」という意味で、香料や薬用に利用されるらしい。
DSC06034.JPG
DSC06035.JPG
DSC06036.JPG
DSC06037.JPG
DSC06038.JPG

 9時47分、胎蔵寺の奥の消防詰所のトイレを使わせていただいた。勝浦町に入るとV字谷の切り立った山の斜面にみかん畑があり、荷を運ぶレールが白く縦に見えている。
DSC06039.JPG

 10時38分、「道の駅かつうら」の300m手前に「鶴林寺6㎞」の表示が出てくる。いくつかのルートがあるようで、ここからともっと先の横瀬橋からのルートもある。私は勝浦町の奥・坂本の「トライアルハウス坂本家」に住んでいるので、次回お遍路を歩きつないで歩くときに、バス移動でここから歩くことになる。

 10時40分、道の駅「かつうら」に隣接している人形文化交流館(ビッグひな祭り会場)に到着。その手前から、会社、民家で雛人形や吊るし雛がまだ飾られている。小雨が降っていたためか、郵便局の前には、雛飾りに雨除けのビニールをかけてあった。相当熱心に取り組んでいるようだ。
DSC06041.JPG
DSC06044.JPG
DSC06046.JPG
DSC06042.JPG

 勝浦町滞在の最初にここへ来て、3万体のひな人形を飾る人形文化交流館を見学して、道の駅内にある「手打ちうどん みやこ」の讃岐うどんを食べた。今日は11時前なので、まだ閉店中。第14回 勝浦さくら祭りは、3月25日~4月9日までの日程だが、河原の桜並木の桜はまだまだ蕾で残念だ。見ごろは、来週末だろうという。さらに歩いて勝浦町役場に隣接する図書館へ立ち寄った。
DSC06047.JPG
DSC06049.JPG
DSC06051.JPG
DSC06052.JPG
DSC06054.JPG
勝浦町役場

 勝浦町に天然温泉があることに気が付いた。2012年1月にオープンした勝浦病院の関連施設でデイサービス清流苑に併設されている「喜楽の湯」である。 浴室には、通常の浴室とジェット湯、サウナもある。肌につるつるで、清掃する女性は、「足裏がガサガサだったのが、つるつるときれいになった」という。入浴者は1日50人前後で、阿南市から車で来る人が多い。
 http://syoujukai.or.jp/chiiki%20kouryu%20onsen.html 以前から、知る人ぞ知るというから、かなり前から利用されていたのだろうか。
月曜日から金曜日は、18時~21時30分、土・日曜日は、13時から21時30分。第1・3月曜日が定休日。料金は3歳~小学生は100円、中学生以上は300円。泉質はアルカリ性単純泉で肌につるつる感が強い。源泉は31.2度で加温している。
DSC06060.JPG
DSC06061.JPG
DSC06072.JPG
DSC06073.JPG
DSC06075.JPG
DSC06082.JPG
DSC06083.JPG
DSC06085.JPG
DSC06088.JPG
温泉スタンドもある

 バスの時間がまだまだなので、歩いて「つばめ食堂」でチャーシューラーメンを食べた。勝浦町滞在での2回目の賞味になる。徳島駅から勝浦市街地の横瀬西までは、1時間に1~2便あるが、横瀬西の先へ行く便は2時間に一本。次の時間は13時20分なので、まだ時間調整が必要だ。それだけバスの便が良くないということ。横瀬西に桜開の桜があるので写真を撮影した。
DSC06062.JPG
つばめ食堂でチャーシューラーメン
DSC06063.JPG
DSC06066.JPG
勝浦川畔の菜の花
DSC06067.JPG
横瀬西の桜
DSC06069.JPG
横瀬西バス停留場

☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(79)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

徳島県勝浦町滞在・第6報! 四国遍路17番~19番札所を歩く! 3.30 [旧街道を歩く]

徳島県勝浦町滞在・第6報! 四国遍路17番~19番札所を歩く! 3.30
DSC05999.JPG
恩山寺の十大弟子像

 遍路歩きを早く出るために、住んでいる所から40分歩いて「横瀬西」バス停始発の6時45分に乗る。JR牟岐線南小松島駅から徳島駅経由、8時26分に徳島線府中(こう)駅で下車。前回の到着地点から、歩きつなぐ。
DSC05960.JPG
井戸寺手前の角

 第17番札所・井戸寺は、第16番札所・観音寺から約3㎞。8時50分に到着。聖徳太子作と言われる七仏の薬師如来像ご本尊。後に弘法大師が十一観音像を彫って安置した。日限大師堂にある大師が杖で一夜に掘ったというこの寺の名の由来となった井戸がある。
DSC05962.JPG
DSC05964.JPG
DSC05965.JPG
DSC05967.JPG
DSC05969.JPG

 9時32分、上喰鮎橋を渡り、30分歩いて東へ進み眉山の西麓にある地蔵院へ。
DSC05970.JPG

 平安時代初期の弘仁年間(810年~824年)に空海(弘法大師)が四国巡錫の折に女人の出産の安産を願い、地蔵菩薩を安置したことが始まり。寺の前にある放生池は地蔵院池と名づけられている。江戸時代には藩主の船遊び場となっていた。丁度地元のおじさんが「放生地で釣れた大きな鯉を境内の小さな池で飼っている」と案内してくれた。見事な鯉だ。
DSC05973.JPG
DSC05975.JPG
DSC05974.JPG

 この先はしばらく地蔵越で雑木林の古道を歩く。この山は椿山なのか?咲いている花の数と同じくらい地面に散り落ちて、鮮やかな紅色の模様を創造している。
DSC05980.JPG

 11時13分、園瀬川にかかる潜水橋を渡る。法花を通過し、道を間違えたか?中華料理店チーアン吉安で中華そばを賞味(@650円)。隣席のお客に地図の確認をする。
DSC05985.JPG
 
 国道55号線に入り、どこで間違えたか2~3㎞逆歩き。出会った釣り具を買いに行くというおじさんに間違い気づかされる。スマホの電源が切れそうで、マックでコーヒーと充電するために休憩。一日置いての歩きは、足の痛みが残っての歩きは、相当しんどい。
15時05分、約20㎞歩いてようやく第18番札所・恩山寺に到着。聖務天皇の勅願寺で行基が開山した。修行中の大師を母・玉依御前が訪ねて来、従来女人禁制を解禁した。母・玉依御前の剃髪所のお堂がある。
DSC05994.JPG
DSC05996.JPG
DSC05997.JPG
DSC06001.JPG
DSC05998.JPG
DSC05999.JPG

 しばらく古道を歩く。竹林の中を歩く遍路もあり、ここでも椿が地に散る花びらが印象的。下って15時37分、弘法大師おむつき堂。16時08分、不動明王と小仏群を通過。16時15分、立江川に架かる朱色橋を渡り、街に入る。
DSC06002.JPG
DSC06005.JPG
DSC06009.JPG
DSC06011.JPG
DSC06014.JPG

 16時18分、約5㎞歩いて、第19番札所・立江寺に到着。行基が光明皇后の安産を祈願して開基。弘法大師は行基の小さな延命地蔵を六尺の大像の胎内に本尊を納めた。安産の地蔵尊として信仰を集めた。境内には子授地蔵尊が建つ。本堂の天井絵はカラーで豪華絢爛。もっと近くで見てみたい。多宝塔は大正7年に建立。
DSC06015.JPG
DSC06016.JPG
DSC06017.JPG
DSC06019.JPG
DSC06021.JPG

 ここからJR牟岐線立江駅までは徒歩5分。南小松島駅で下車し、南千歳か農協前バス停から、バスを乗る予定だった。時間が18時38分でまだまだ時間がありすぎなので、駅から降りた女性に声をかけ、唯一のスーパー「ディリーマート」を知る。香川から来て、恩山寺そばに住む徳島での生活ぶりを聞くなど長話になる。買い物を済ませ、バス停に待つが反対側に「勝浦・・」行のバスが通過。ここでバス停の反対側に待っていたことに気づく。徳島バスに連絡を取り、手前の「横瀬西」行の最終時間19時25分を知る。結局、横瀬西バス停着は20時。勝浦のタクシーを頼んで、田舎トライヤルハウス坂本家に着いたのは、20時20分。(タクシー料金は1,130円)徳島駅まで行った場合の列車と路線バスの運賃節約のつもりが、逆に高いものについたという間抜けな話だ。
今日は家から横瀬西(約4㎞か)まで歩いたこともあり、41,600歩、29㎞。

☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(38)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る