So-net無料ブログ作成

ジョグジャカルタへ列車で移動、ゲストハウスへ。 [海外のはなし]

ジョグジャカルタへ列車で移動、ゲストハウスへ。
DSC09839-360x270.JPG
特急列車の車窓からの田園風景

 腹立たしい思いで目覚め、三時三十五分、今度はコーランの祈りの放送。今朝は手持ちの味噌汁と菓子で済ませる。
DSC09804-360x270.JPG
 7時30分にタクシーで昨日交渉したスタッフと運転手で出発。途中、稲作の段々畑に見惚れる。9時40分にTasikmalaya駅に到着して、乗車きっぷに変更した。彼らは機能約束した全てで70万ルピーの他に運転手の報酬を要求してきた。「それはちがうでしょ。70万でも高いと思ったが、バイクで予約に行って貰ったり手間をかけたから、いいと思ったのに。運転手にチップを払うなら貴方から支払いなさい!」と語気強くいった。駅構内にあるカフェでケーキパンとココアを購入(410円)した。
DSC09810-360x270.JPG
DSC09812-360x270.JPG
DSC09813-360x270.JPG

 こうして無事に出発。隣席はインドネシア人の青年で寝ている素振りなので、声をかけずにいた。時々席を立って窓外の椰子や田圃の景観の写真を撮影。車両は古く何でエグゼクティブクラスが高いのか?食堂車はあるが、ナシゴレンなどのお弁当らしい。15時13分にジョグジャカルタに到着した。
DSC09822-360x270.JPG
食堂車のメニュー
DSC09816-360x270.JPG
DSC09828-360x270.JPG
DSC09833-360x270.JPG
DSC09826-360x270.JPG
DSC09839-360x270.JPG
車窓の田園風景
DSC09820-360x270.JPG
列車のトイレ

 タクシーの客引きが激しい。500円と言うので無視。結局、白タクの400円で頼んだが、それが宿に行き着かなくて延々と45分探し求めて到着した。見かねて500円を支払う羽目になる。宿はRumah zen Homestay Yogyakartaルマ ゼン ホームステイ ジョグジャカルタ。主人はダニエルで何と奥様は日本人の林友子さん。今は実家の仙台に帰国中で、8月に帰国する。
 DSC09843-360x270.JPG
DSC09849-360x270.JPG
DSC09847-360x270.JPG
DSC09850-270x360.JPG
DSC09845-360x270.JPG
DSC09852-360x270.JPG
DSC09846-360x270.JPG
DSC09855-360x270.JPG

スアイプでお話することが出来た。七年前に彼女が彼の家にホームステイして知り合い、結婚したという。彼は41才。冷蔵庫にビールらしきものを発見して、早速いただいた。8日ぶりのビールだ。
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る