So-net無料ブログ作成

危機一髪エッセイー正義感で命を懸けた青春のとき・・

危機一髪エッセイー
正義感で命を懸けた青春のとき・・・暴力反対の自治会活動で頭蓋骨骨折!
旅行傷害保険の話.jpg
金森達 画

 1969年4月、私は19歳の時法政大学第二社会学部に入学。当時、法政大学は全共闘を名乗るヘルメットにゲバ棒で身を固め、自分たちに異を唱える教授や学生に暴力を振るい、授業を妨害していた。一クラス50名×5クラスに各3名の自治会自治委員を選出していたが、暴力で押さえつける全共闘を許せなくて、自治委員に立候補し、自治会活動をすることになった。わりに自由な校風だった北見北斗高校で生徒会活動をしていた経験が影響していたと思う。
 1970年(昭和45年)9月4日、中村哲法大総長は、夏休みに構内で東京教育大生がリンチで殺害された事件で、大学が採った措置や今後の方針を述べる「説明集会」のを開催。その時、全共闘と自治会系学生との小競り合いが続いた。武器をもつ「全共闘」に対峙した素手でスクラムを組む自治会学生の中にいた私は、「全共闘」側からのコンクリの握りこぶし塊の投石が左頭部に命中し、頭部から血が噴き出した。すぐに代々木病院に搬送され、9月24日まで入院することになった。診断は「左側前頭割創・頭がい骨骨折」で、裂傷を縫うのに緊急のため、麻酔無しで処置をされた。足のつま先を突っ張って呻き、我慢しきれずに失神してしまったことまでは覚えている。何日後か、田舎の親父が病院に駆けつけ「お前がゲバを振う全共闘の仲間で悪いことをしていると思っていたが、大学の学部長が『息子さんをこんな目に合わせて、申し訳ない』と頭を下げたことで、息子が悪いことをしていたのではないと解った」との言葉が印象に残る。

 夜間の二部学生だったので、昼間はいろいろな職業について働いていたが、9月26日に代々木病院で同室だった他大学の紛争で傷害を負った吉井雅彦氏が書かいた手紙で、当時労働法出版の労働旬報社に事件前から勤務中だった。その後、脳波異常や頭痛などの後遺障害で、1970年(昭和45年)11月1日、自宅療養のために北海道北見へ帰る。20歳の時だが、「もう俺の人生は終わった!」と嘆いていた時期だ。翌年1月に帰京し、職場や学園に復帰してからも、夕方になると左頭部に痛みが走り、毎日悩ましかった。また、キャッチボールなどで、頭の左側にボールが来ると恐怖心が起こるのがしばらく続いた。帰京後は、港区芝の佐藤電気工業に住み込みで勤務した。

 1969年6月26日、湯川和夫教授に、法大全共闘「公安委員会検事局」から、「革命法廷に出廷を命ずる」という至急電が届いた。このころ、「法大は全共闘の支配下に置かれ、バリケードなどで施設の破壊や強奪、暴行しようと彼らの勝手次第だった」(湯川教授伝)
1969年11月22日の授業再開後、1970年1月21日までに全共闘による傷害事件が重傷者1名を含め約30名の被害が出ている。実際には自治委員が選ばれていない「第二教養部自治会」名で暴力の限りを尽くす「全共闘」の行動に対し私たち二部四学部自治会は「暴力追放、大学の自治、民主主義を守る」訴えのクラスなどで宣伝活動をしていた。
 同じクラスにいた全共闘に共感する生徒で「異なる意見のものは殺してもいい」と私に面と向かって言う学生もいた。「暴力反対」を唱える私はもちろん自治委員は皆、全共闘に狙われていた。先述の1月21日は、「暴力反対等」を訴える自治会の方針で一斉に学内で宣伝活動をしていたⅡ文学部学生の松田恒彦さんが「全共闘」に凶器で頭部を殴られ、重傷を負う。この日、約50名の学生が重軽傷を負った。彼の傷害名は「頭部陥没兼揮裂骨折、頭蓋内出血、右脛骨骨折、顔面挫傷、右上肢打撲傷等」だれがこのような目にあってもおかしくない、全く異常な「戦争状態」の学生生活だった。当時の朝日新聞などのマスコミは、破壊的な全共闘の行動に好意的で、武器を持った全共闘と正規に選ばれた自治会活動をする素手で戦う学生との関係を「全共闘と代々木系学生の衝突」という言い方で、殺人もしかねない全共闘の暴力行動を黙認・擁護していた。
 1.21事件の被害者の松田恒彦さんは47年後の今でも出身地の高知県で車いすの生活を余儀なくされホームに入所している。学生時代の仲間や一部の教授たちによる「守る会」の支援が今でも続いている。


☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(55)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 55

コメント 1

レナ

湯川和夫
by レナ (2017-10-18 21:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る