So-net無料ブログ作成

2017年の初旅は、平家落人の里・湯西川温泉へ。 [療養・湯治の宿]

2017年の初旅は、平家落人の里・湯西川温泉へ。
DSC05265.JPG
湯西川温泉の落人の里を偲ばせる茅葺屋根の旅館

 昨年末、急に思い立って旧友と1泊旅行に行くことになった。東京新聞の広告で、湯西川温泉湯西川館本館で2名1部屋、7,000円(税別)を思い出し、1月3日は「新年なので、その料金では・・・」というので1月4日~5日に決定。バスは池袋西口から往復3,000円で予約した。このバスは、東日本のエリアを安宿経営で席巻している「おおるりグループ」の営業で、おおとりグループの指定宿泊になると往復1,500円というから驚く。
8時40分に東京芸術劇場前を出発した。首都高速道路、東北自動車道に乗り継ぎ、パーキングで休憩し、日光宇都宮自動車道で今市へ。ここで日光、奥日光方面に行く方はバスを乗り換え、さらに鬼怒川温泉の芝居小屋で鬼怒川温泉の客は降りる。我々は五十五湖のドライブインで湯西川温泉の送迎バスに乗り換える。
標高750mまで九十九折りの坂を上ると山は徐々に雪に覆われている。湯西川温泉の奥のホテル平家本陣に到着。湯西川館本館から車で迎えに来た。
DSC05269.JPG
DSC05257.JPG
DSC05259.JPG
湯西川館本館

本館の階段を3階まで行き、こすげのトイレ無し10畳間。トイレは廊下に出てすぐ左手。正面は家族風呂と男女別風呂。右手は、食事場所の広間。荷を一旦おいて、ランチを食べに外へ出る。湯西川の中心地には40年前から、大型バスで添乗員としてきたことがあるのでよく知っている。

 湯西川人民資料館は、500円の入場料を支払う。昔は300円だったか。平家ゆかりの鎧や刀剣、馬具、調度品、平家の紋所である揚羽蝶の入った蒔絵重箱や、平家の繁栄を描いた「平家物語絵巻」など、落人伝説を裏付ける貴重な展示品。期待していた携帯用観音開きの仏さまはこちらの所蔵ではなかった。
スナックみどりで鍋焼きうどんと餃子、お酒熱燗を所望した。2合といったのに、二合入り銚子を二本出してきた。熱燗なのですぐに酔いが回ってきた。
DSC05261.JPG
DSC05262.JPG
DSC05263.JPG
湯西川人民資料館
DSC05264.JPG
湯西川公衆浴場
DSC05265.JPG
DSC05266.JPG

 湯西川郵便局は、預金したスタンプに[いい気分(温泉)]マークがつくのでここで預金したことがある。今は地元の方以外は、通帳を作ることができないそうだ。

 宿につき天然かけ流し温泉へ行く。三つの源泉を持つ宿で、アルカリ性単純泉の100%かけ流し。露天風呂はかすかに硫黄臭がする。無色透明で白と黒色の湯花が出ている。男子用湯船の隣に家族湯もあるが、浴槽は小さい。
夕食は3階フロアの広間のテーブル椅子で食べる。豚肉と野菜の鍋、鯉の洗い、湯葉などの煮物、海老や野菜の天ぷら、ウドのおしたしなどヘルシーな健康食だ。
DSC05270.JPG
DSC05272.JPG
男子浴室
DSC05275.JPG
DSC05276.JPG
ヘルシーな夕食膳

 翌朝は5時半に散策に出かける。まだ薄暗く、雪が1センチほど積もっていた。山からの風で雪がちらほら舞っているので傘を差しながら・・・。本家満久旅館の脇を入り、公衆浴場の前を抜けて橋を渡る。前方には茅葺屋根の清水屋旅館などが並ぶ昔の平家落人の里の風情いっぱいの風景だ。足跡は慈光寺方面への足跡だけ。湯西川に沿って平家の里、平家塚へ歩く。また、湯西川中心街を歩いて宿へ戻った。昔は源氏の追っ手を避けて,鬨をあげる鶏は飼わない、鯉のぼりは上げないという平家の掟。鶏の鬨は聞こえなかった。約一時間の散歩だったが、一人っ子いない雪路の散歩は感慨深い。
DSC05277.JPG
DSC05279.JPG
DSC05281.JPG
DSC05282.JPG
DSC05283.JPG
朝食膳

 熱い湯に入浴した後、朝食。9時30分に平家本陣から送迎バスで出発。鬼怒川温泉の芝居小屋・しばい処「花菊」には、10時20分着。乗り換え出発は12時。それまでこの芝居小屋で演じられる演劇と踊り・唄を鑑賞できる。無料だが、区切りにお酒などのお土産付きで寄付を勧められる。人情物の芝居の後だったので、ついほろろとお酒を千円でいただいた。
DSC05253.JPG
DSC05254.JPG
DSC05291.JPG
DSC05285.JPG
DSC05287.JPG
花舞小菊座長の芝居や踊り

 昼食はしばい処を出て10分ほどの食事処田吾作で天ぷらうどんを食べた。ここからは日光宇都宮自動車道、東北道、圏央道、首都高速道を乗り継いで、15時30分に池袋駅近くに到着した。

☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ



nice!(85)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 85

コメント 8

MINERVA

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

先月半ばよりご訪問が出来ませんでしたが、本日未読分を拝読致しました。
nice!が並ぶのも申し訳ありませんので、未読分の頭と2017年分に付けさせて頂きました。
by MINERVA (2017-01-08 12:18) 

ぴーすけ君

寒い中での温泉、気持ち良さそうです。
お料理がとっても豪華ですね。
by ぴーすけ君 (2017-01-08 13:04) 

ナツパパ

素敵なところですね。
いかにも温泉場という雰囲気がいいなあ。
本年もどうぞよろしくお願いします。
by ナツパパ (2017-01-09 14:40) 

mami

はじめまして!温泉好きのmamiと申します。こちらのブログで勉強させていただいてます(^^)過去の記事について伺いたいのですが、オーストラリアのペニンシュラ温泉に行こうと思ってます。是非オーナーさんとお話がしたいのですが、いらっしゃれば会えるのでしょうか?
by mami (2017-01-10 00:10) 

hide-m

私が行ったときは、オーナーは、留守でお会いできませんでした。多忙な方でしょうが、時間があれば会ってくれると思います。
by hide-m (2017-01-10 07:22) 

mami

hide-mさん
お返事ありがとうございます!
質問ばかりですみません、その際はアポは取れるんでしょうか?
by mami (2017-01-10 23:00) 

旅爺さん

こいつは初春から縁起がいいぜ~!”、で湯西川を堪能されてきたんですね。雪も楽しめたでしょう。ブログ仲間も1人居るんですよ。
by 旅爺さん (2017-01-11 09:05) 

hide-m

mamiさん アポのことは、よくわかりません。私の場合は、時間がなく会えなければ仕方がないと思っていましたので...。
by hide-m (2017-01-17 17:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る