So-net無料ブログ作成

北国街道を歩く 野尻宿から関川、田切、関山、二本木宿へ。 216.8.28 [旧街道を歩く]

北国街道を歩く 野尻宿から関川、田切、関山、二本木宿へ。 216.8.28
DSC04303.JPG
塚が西側のみが残った北沢一里塚

8月28日(日)野尻宿を6時40分に出発。前日、観光案内所で教えられた「信濃町 観光タクシー助成券」を利用して、タクシーで野尻宿本陣跡まで行く。この助成券で信濃町が800円負担してくれる。気温は18度、7時に旅籠安右衛門(名主)本陣跡からスタート。
DSC04257.JPG
野尻宿本陣跡
DSC04260.JPG
国道18号線沿いにあるモニュメント

 国道18号線に出ると、ナウマンゾウのモニュメントが蕎麦畑に映える。拙句「雄叫びのナウマンゾウや蕎麦の花」下り坂の道沿いに、廃屋となったラブホテルが3軒、バブル崩壊の遺跡か?信越大橋の手前を右折し、7時48分に関川の関所「道の歴史館」へ。
DSC04262.JPG
信越大橋手前
DSC04263.JPG
信越大橋を下から

 突き当り、右へいくと加賀藩関川宿本陣跡、大石家池泉式庭園。さらに高田藩本陣跡豊田家にわずか石垣が残る。この辺り、豪雪地帯で一階部分が物置などで、主屋は2階からになる造り。
左手に戸隠山が見える。
DSC04267.JPG
DSC04268.JPG
関川の関所跡
DSC04270.JPG
加賀藩関川宿本陣跡、大石家池泉式庭園
DSC04272.JPG
高田藩本陣跡豊田家

 8時15分、右手は妙高高原駅、日本唯一のスキー神社を過ぎる。
8時37分、深川橋を渡り、田切宿へ。大田切川に架かる大橋の左かわ回り込み旧道右へ。
DSC04278.JPG
戸隠山
DSC04276.JPG
日本唯一のスキー神社

田切宿は二俣宿と合宿で、白田切川と郷田切川に挟まれた交通の難所。文化13年(1816
年)開湯の赤倉温泉は、田切宿の庄屋が発起人だった。9時3分右手は旧北国街道入り口だが草ぼうぼうで諦める。左に「二俣宿」関山宿へ6㎞の表示。明治天皇二俣御小休所跡。
DSC04282.JPG
二俣宿

 9時22分、御館(おたて)の乱無名戦士の墓の後、国道18号線に合流、赤倉温泉スキー場入り口を過ぎる。10分後、太田切川の妙高大橋を渡り、右折。
DSC04283.JPG
御館(おたて)の乱無名戦士の墓

 9時45分、坂口新田バス停手前に「坂口新田一里塚」があった。妙高山麓直売センターでトイレと220円の葡萄1房を購入、歩きながら水分補給。
DSC04288.JPG
妙高山麓直売センター

 10時21分、小野沢の白野山興善寺へ。右手に祠内に10分後に覆屋に2体地蔵の泉地蔵あり。
10時40分、関山神社と奈良薬師時にある日本最古のものに次いで古い仏足石。
DSC04291.JPG
覆屋に2体地蔵の泉地蔵
DSC04293.JPG
DSC04298.JPG
関山神社
DSC04296.JPG
仏足石

11時13分、西側のみが残った北沢一里塚。関山宿の東端へ国道に出てすぐ右手に蕎麦屋「縄文そば今町屋」でかき揚げ盛り蕎麦をいただく。2㎞行くと公民館前の筆塚、奥には片貝縄文資料館。公民 館前の日陰で昼寝、45分熟睡。
DSC04303.JPG
北沢一里塚
DSC04305.JPG
蕎麦屋「縄文そば今町屋
DSC04307.JPG
公民館前の筆塚と奥の片貝縄文資料館の表示版

13時18分、これより松崎宿。二本木の戸数67軒、寺院2軒、松崎宿との距離は2㎞で合宿。市屋一里塚跡は不明。
DSC04310.JPG
DSC04311.JPG

 13時25分、松崎宿入り口枡形になる欅と杉の大木の若宮神社通過。
DSC04312.JPG

 13時40分、白山神社、明治天皇二本木御休所。高さ2m、直径35㎝の円柱あり。「二本木に入ったら、綱を放して、小荷駄の者は馬に乗って通ってはいけない。村内はくわえきせるをするな」との記述らしい。
DSC04315.JPGDSC04316.JPG

 桜古木に囲まれた中郷小学校手前、右手山中に蛇塚。「北国街道踏切」を渡り、600mも行くと松崎宿。右手の安楽寺が本陣役を担った。1.5㎞も行くと左手に二本木駅。
DSC04319.JPG
二本木駅ホームに入る電車

二本木駅や北新井駅周辺に宿がないため、昨日泊まった黒姫駅前のふじのや旅館に泊まることにした。14時20分発妙高高原駅方面に乗車する。15時頃に黒姫駅に着き、「一茶記念館」へ向かう。公園入口の階段を登ると「是がまあついの栖か雪五尺」の句碑。文化9年(1812年)11月24日、一茶が柏原に戻った時の句。俳諧寺には「初夢に故郷を見て涙かな」の句碑。
DSC04321.JPG
DSC04322.JPG
俳諧寺
DSC04323.JPG
俳諧寺の天井

 一茶記念館で聞くと、信濃町で124の句碑があるという。今年の入館者は約15,000人、昭和35年には5万人を超した。ここで拙句「百の句碑万の寄せ来しおらが蕎麦」を投句。
DSC04325.JPG

「やせ蛙負けるな一茶ストリート」を通ってふじのや旅館へ。
夕食は昨日と同じ食事処で冷やしおろし蕎麦と行者ニンニク豆腐、熱燗をいただいた。じのや旅館で五代目小林隆信氏に宿のお宝の掛け軸などを見せていただいた。
DSC04253.JPG
DSC04328.JPG
ふじのや旅館五代目小林隆信氏

野尻宿から関川宿へ3.9㎞、田尻宿へ3.9㎞、関山宿へ7.9㎞、二本木宿へ3.9㎞合計19.6㎞ 約7時間。

☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(94)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 94

コメント 1

センニン

ご訪問 & nice! ありがとうございました。
また遊びに来ます。
by センニン (2016-09-09 20:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る