So-net無料ブログ作成

ニュージーランド温泉巡り ロトルア 「タラウエラ湖のボートで行く秘湯」その2. [海外のはなし]

ニュージーランド温泉巡り ロトルア 「タラウエラ湖のボートで行く秘湯」
                                      その2.  2014年5月4日
DSC05153.JPG
ロトルア 「タラウエラ湖のボートで行く秘湯」の第二のポイント「ブッシュスパ」

ベスト・イン・ロトレアを8時30分に迎えにきたタクシーに乗る。昨日実現できなかった「タラウエラ湖のボートで行く秘湯」への再チャレンジである。タラウエラ湖のボート乗り場には、私を含め男性4人が待つ。9時に出発。穏やかな湖面を順調に走り、9時30分には、岸に沿って湯気が上がる第一のポイントに到着する。
DSC05135.JPG
DSC05138.JPG
DSC05141.JPG
DSC05152.JPG
DSC05144.JPG

 砂地を掘ると高温で火傷をしそうなほどだ。3人はここからボート乗り場までのウォーキングルートを約4時間掛けて歩くのだという。私は、「水着を着替える更衣室がないので水着を最初から身に着けておいた方が良い」とアドバイスされていたので、既に水着を身につけていた。すぐにでも湯に入ろうとすると「ちょっと待って!この先の入浴ポイントへ行くんだよ」とボートタクシー運転手に再度ボートに乗ることを促される。
DSC05150.JPG
DSC05148.JPG
DSC05147.JPG

 そこからさらに10分ほど走った第二ポイントでボートを降り、森林を100m歩いていくと、囲いに守られた砂地の底から湯が湧き出ている5×10m程の楕円形浴槽があった。「これがブッシュスパと言っていたところか?」無色透明の湯だが、注意書きに「顔を湯に浸けないで!」ようやく二日掛かりの執念みのった瞬間だ。砂地を掘ると熱い湯が湧き出るポイントもある、場所により湯温が異なるのが分かる。湖岸での湯浴みもしたかったが、危険だから案内をしないということか。帰りのボートの中で、水に浸すとどっと広がるフェイスタオルで「顔を拭きなさい」と、渡してくれる。ようやく陽が当たってきた。タウポと違って、ロトルアは裸入浴するのに暖かいので助かった。
DSC05162.JPG
DSC05153.JPG
DSC05155.JPG
DSC05159.JPG
「顔を湯に浸けないで!」の注意書
DSC05165.JPG
フェイスタオル
DSC05167.JPG
DSC05169.JPG
シダ林の植生群
DSC05170.JPG
乗り場に戻る

 11時にボート乗り場に戻り、迎えのタクシーを待つ。昨日送迎していただいた同じ女性だった。湖に近いレジャー温泉施設「ポリネシアン・スパ」で降ろしていただいた。「ポリネシアン・スパ」の前身は、1882年に政府が開業した「パビリオン・バスハウス」。「ポリネシアン・スパ」は四つのエリアに分けられ、大人用専用風呂、貸切風呂、個室露天風呂など計26もの浴槽があり、硫黄泉とアルカリイオン泉で満たされている。私は料金が一番安く入浴できる14.5$のファミリースパで入場した。プール側に面した棚から荷物を入れるケースを取り、更衣室で着替える。子供達用の塩素殺菌のプールと38度と40度の湯温が異なる二ケ所の天然温泉浴槽がある。他に大人のみ利用できる大人用スパが25$、個室スパは18$~、湖に面するレイクスパは43$。営業時間は8時から23時までなので、星空を眺めてのロマンチックな雰囲気も愉しむこともできる。貸切風呂や個室露天風呂は日本風に裸で入浴ができる。なんでも社長が日本の温泉を何度も訪ねて、この施設の設計をしたのだという。ちなみに、日本のおんせん県おおいたの別府市とロトレアは姉妹都市である。施設を出て、ロトルア博物館側へ向か途中のポリネシアン・スパの隣に「ボコボコッ」と泥湯が沸騰する音や蒸気が上がる沼地が見える。ロトレア湖の一角が硫黄臭とともに蒸気が立ち上っている。
DSC05175.JPG
「ポリネシアン・スパ」
DSC05171.JPG
DSC05172.JPG
DSC05174.JPG
昔の「ポリネシアン・スパ」の写真
DSC05177.JPG
隣接する蒸気や噴出する泥

 「ポリネシアン・スパ」の斜向かいに1933年~1982年にかけて使用され、昔のアールデコ建築をそのまま修復したレクレ-ション施設「ブルー・バス」がある。天然温泉屋外プールで泳ぐこともできる。
 1908年に建てられた温泉入浴施設だった歴史的遺産「ロトルア博物館」に入場する。当時の浴場や温泉療養法の、地下での泥風呂治療システムなどを展示されている。慢性の病気にかかっている療養者のために、深い温泉プールもあった。北ウイングは男性療養者用、南ウイングは女性療養者用の施設だった。屋上からの市街地の眺めも素晴らしい。ここには日本語でのパンフレットもある。
DSC05178.JPG
DSC05180.JPG
DSC05182.JPG
二階から見下ろす正面の展望
DSC05188.JPG
地下に残る療養用に用いられた泥風呂
DSC05189.JPG
屋上からの展望
DSC05191.JPG
DSC05193.JPG
「ロトルア博物館」の裏手のロトレア湖の一角

 ベスト・イン・ロトルアのすぐ湖側に温泉療養を目的とした「クイーン・エリザベス病院」のスパ施設もある。リウマチや運動器障害に悩む患者が来院し、温泉水を噴射させながらオイルマッサージをするAix Massageアイクス・マッサージ、温泉水を混ぜた泥に浸かるMud Bathミネラル泥浴、温めた石と冷やした石を使用するStone Massageストーン・マッサージなどがある。観光客用の温泉プール浴のみもある。


☆高野山麓の天然水「月のしずく」http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/
☆旅と温泉の相談室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆スペイン「聖地サンティアゴ巡礼」の旅 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆温泉夜話 オーストラリアの温泉入浴に挑戦する!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-04-23
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ

nice!(82)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 82

コメント 1

旅爺さん

ロトルアには行きましたがボートで行く温泉には行きませんでした。
2・3回行かないと良い所は見きれませんね。
by 旅爺さん (2014-05-16 17:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る