So-net無料ブログ作成

旧街道歩き閑話 巡礼の旅の記憶のはなし [旧街道を歩く]

旧街道歩き閑話 巡礼の旅の記憶のはなし
DSC02358.JPG
 スペイン「聖地サンティアゴ巡礼」の旅を終えて早1か月半になる。八ヶ岳麓に住む巡礼体験者4名とカミーノナイトを過ごしたりしてスペイン巡礼の余韻を楽しんでいる。その時に話題になったスペイン・アメリカ合作映画エミリオ・エステべス監督「星の旅人たち」を見て巡礼に行くきっかけになったと聞いて、9月11日にその映画鑑賞をした。スペイン「聖地サンティゴ巡礼」に出発したばかりの息子ダニエルが事故で無くなり、息子が何を考えていたのかを知りたくて遺灰をリュックに結わえて眼科医の父親トムが巡礼に旅立つ。父親が息子の遺灰を途中の道端に撒く場面に静かな感動を覚え、涙を誘う。巡礼ルートの遺跡や秋の色ずく景色も素晴らしい。

私は今回の32日間にわたる巡礼の所々で拙い俳句を五十句ほど詠んでいた。帰国後、それぞれの句を整理、推敲を重ねているとその句を詠んだその場面がまざまざと思い出される。撮影した写真を後で見て思い出すのとは違う立体的な風景や場面と言ったらよいのか?詠むときの時間や思索の重さが記憶に反映されるのだろうか。

巡礼が予定よりも早く終わり、その後パリへ移動し五日間過ごした。ルーブル美術館の近くのたまり場で、弦楽器のコントラバス、チェロ、バイオリン奏者13人のグループが喧噪の街頭の中、私服で演奏しているのに遭遇した。彼らの演奏曲は、ブラームス、ドボルザークのスラブ、ビゼーのアラゴンやハバネラ、イサーク・アルベニスのアストリアスなどだった。営業の女性が聴衆に彼らの演奏曲CDの販売やチェロケースにおひねりを入れてもらっていた。私は長い時間演奏を聴いていたので、勧められるままつい20ユーロのCDを買うことになった。彼らは人種や年齢は様々で、リーダー格は女性のアジア系の顔立ちだった。オーケストラを首になったのか、就職口がなくグループを組んだのかわからないが・・・。練習のつもりで集中して演奏して収入が得られる、こんな方法もあるんだと思っていた。彼らは、Classique Metoropolitain「地下鉄弦樂団」というグループで、主にパリ市内の地下鉄の通路で演奏をしているらしかった。帰国して、自動車に乗る度にこのCDを聞くと、街頭で聴いた彼らの私服で演奏していた場面が鮮明に思い出される。単にレコード店で購入したCDであれば、また違った印象だったろう。
DSC02359.JPG

 今回の巡礼では、念願のレオンのパラドールでガラスドアに顔面を思いっきりぶつけたり、エッフェル塔の公園でつい居眠りをしてすりに掏られたり、警察署に被害届をしても言葉の問題で日本大使館が間に入っても結局役に立たなかった。こうした悔しく辛い目にあったことは強く記憶に残っている。働かせる感覚器官が多ければ多いほど、記憶は強化されやすく長期間にわたって残りやすいということだろう。

☆高野山麓の天然水「月のしずく」http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/
☆旅と温泉の相談室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆スペイン「聖地サンティアゴ巡礼」の旅 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ
nice!(49)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 49

コメント 4

Mitch

ご訪問とnice!、ありがとうございます。
海外ではちょっと油断すると掏摸などの被害に会いやすくなりますネ!?
by Mitch (2013-09-15 11:44) 

はせお

こんにちは
ブラームスの曲、聴いてみたいですね(^-^)
by はせお (2013-09-15 19:42) 

kojiyan

nice ご訪問ありがとうございます
世界の温泉めぐりとは魅力的ですね
by kojiyan (2013-09-17 11:11) 

Hide

今晩は〜大変ご無沙汰しておりますが、お元気そうで何よりです。
南アルプス市に兄が住んでおりますが、良い所でしたか〜
八ヶ岳は半世紀前スケートで行ったきり、とても懐かしいですよ!
by Hide (2013-09-17 20:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る