So-net無料ブログ作成
検索選択

パリ・凱旋門からエッフェル塔へ歩く! 7月25日 [海外のはなし]

パリ・セーヌ河から凱旋門、エッフェル塔を歩く 7月25日(パリ2日目)

6時にホテルを出てセーヌ河へ。超豪華ホテルHotel Devilleの裏側には泊まる金がなく寝袋で寝ている人がいた。河に沿って散策を始める。
DSC01973.JPG
ノートルダム寺院に行く橋から三番目の橋が鍵だらけで、橋の上で鍵を切り落とすというのか大きなペンチを持った男を撮影する場面に出会った。
DSC01981.JPG
彼に橋の正面に在るのは寺院か何か?と聞いたが分からなかった。彼が途中で片言の日本語を話したので驚いた。反対側はPALAIS DU LOUVRE CALERIES DES ANTQUES ルーブル美術館。
DSC01978_1.JPGDSC01988.JPGDSC01987_1.JPG
その先にPL.DELA CONCORDE 中にはいると周りは豪華なパレス、1806年に門の上に四頭の馬に引かれた二輪戦車の彫刻があるナポレオンが造ったカルゼールの凱旋門があり、
DSC01989.JPGDSC01990_1.JPGDSC01994.JPG
そこから北西に公園が続き奥の方に凱旋門が見える。
DSC01998.JPGDSC01999.JPG
凱旋門を左折してエッフェル塔の方面に歩く。フランス革命百周年祭のパリ博覧会の年に完成した。セーヌ河の西側ではエッフェル塔の模型を沢山抱えた青年が売り子で観光客に声を掛けている。
DSC02007_1.JPG
DSC02010.JPG
入場者が大勢並んで凄い人気だ。それぞれにエッフェル塔と自分の写真を撮るのに色んなポーズをとっている。「夏雲やポーズをとらせるエッフェル塔」
DSC02003.JPGDSC02012_1.JPG
エッフェル塔の公園でタブレットで原稿を書いているうちに眠くなり、ついベンチで寝てしまった。眼が覚めると若い男が「そこで寝てはダメだ」といいコップを差し出して、恵みを求めている。ベンチで寝るのとどっちが公共に反しているのかと反発した。その後歩いているとすれ違った女性が落とし物を拾った時に丁度私と顔を合わせ、信心深そうに十字を切り私に近寄り「この指輪を貰ってください。神の思し召しです」というような強い口調で私に押し付けて来る。 仕方なく受け取ったあとに、彼女が戻ってきて「コカコーラの分だけチェンジして下さい」という。新規のたかりかと面倒になり、金色の指輪を返して別れた。

ネットで評判が良いという「ラーメン北海道」で味噌ラーメンと餃子をおいしく食べた。支払いをするときに驚いた。ビニール袋に入れた現金がない!
DSC02019_1.JPGDSC02020.JPGDSC02018_1.JPG
店に事情を話し、ホテルに帰り置き忘れたのでは無いことを確認して警察へ。日本語のスタッフがいないので、途中で係員が日本大使館に電話をする。すると若い男性が出て「昼休みが終わるので10分あるのでそのあとにかけ直してくれ」という。役所だからそうかもねと思ったが・・・。かけ直すと年配の男性が出て「私にどうしろというんですか。英語で被害届を頑張って書くしかないでしょう」「緊急にお金を振り込んでもらう方法は、ユニオンサービスがあり、その電話番号を教えましょう」となり、結局被害届は詳しく書けずに諦め、自分が悪いのだが怒り心頭で、係員の目の前で「これじゃ役に立たないじゃないか」と日本語で怒鳴って被害届をビリビリ破いてきたら、知り合いがくる度にハグやキス、お喋りしていた彼等は眼を丸くして驚いていた。
そして 食事代を支払うのに、持っていた日本円で12000円のうち帰りの交通費をとって2000円をユーロに両替屋で替えて「ラーメン北海道」へ帰しに行った。事情を聞かれて「では夕食が無いなら私が炒飯を作ってあげるから、食べていきなさい」と嬉しいお言葉。でも「今はお腹がすいていない」と言うと「では弁当にして持って行きなさい」と冷えた烏龍茶も入れてくれた。あとで食べた炒飯は海老入りでとても美味しかった。
DSC02032_1.JPG
心臓に悪いほど色々と体験させてくれるわ。「ラーメン北海道」のオーナーは中国人の翁剣鳴(オウケンミン)オンクさんで日本に7年間いたという。奥さんはベトナム出身の人。ブログに書かせていただく許可をいただき写真も撮影する。
DSC02021.JPGDSC02022_1.JPG
家族には何かと面倒をかけているので、盗難の件は旧友に頼んで送金を頼む事にした。持つべきは友人かな。と調子のいいことを言っている。「うたた寝でスリの餌食やパリの夏」

☆温泉夜話 http://www.a-spa.co.jp/yawa/index.htm
☆高野山麓の天然水「月のしずく」http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/
☆旅と温泉の相談室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
☆スペイン「聖地サンティアゴ巡礼」の旅 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ








nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 1

takeuchi

「すりに逢った」久しぶりの「スリ」という言葉ですね、日本では聞かなくなった言葉、外国では今でもスリがあるんですね!??
多くの移民や外国人、人種差別などがある大都市での出来事なのですね!!!
by takeuchi (2013-07-30 07:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る