So-net無料ブログ作成
検索選択

スペイン「聖地サンテイアゴ巡礼」の旅 モンテ・デ・ゴソ 7月22日 [旧街道を歩く]

スペイン「聖地サンテイアゴ巡礼」の旅 モンテ・ド・ゴソから 7月22日
DSC01873.JPG
サンテイアゴ・デ・コンポステーラのカテドラル前広場の大道芸人
巡礼35日目の7月22日、モンテ・ド・ゴソの巨大なアルベルゲを7時に出発。わずかに4.5キロメートル先のサンテイアゴ・デ・コンポステーラへ向かう。昨夜のアルベルゲの8人部屋は、たまたま私以外の7人がスペイン人とフランス人の女性。とても緊張した。いつも通り、耳栓をしたが、夜中に目が覚めるとあまりにも静かなので、耳栓を外すと微かな寝息と多分外に放し飼いの鈴を付けた馬がアブを追って動いて、その鈴の音が聞こえる。
DSC01819.JPG
8時12分、GALLCA州の偉人の胸像かががあり、そこを右折して下る。すぐ前方の町並みの間にカテドラルの先塔が見えてくる。
DSC01827.JPG
DSC01825.JPG
DSC01823.JPG
8時30分、市街地への入口、ポルタ・ド・カミーニョ(カミーノ門)につく。カテドラル(大聖堂)に入り、大聖堂、地下の聖遺物が納められている銀の箱を見る。
DSC01863.JPG
カテドラルについて感動の余り抱き着いたり、倒れ込んだりする人が・・・
DSC01840.JPG巡礼者が聖ヤコブの像の後ろから抱き着くというのは、9時30分からの入場と聞き、先に9時に開かれる巡礼事務所に行くと既に20人ほど並んでいる。
DSC01841.JPG
ここで巡礼証明書を午前中に発行してもらうと12時からの巡礼者のためのミサで国と出発地の名前が読み上げられるという。時間があったので、近くのサンフランシスコ教会でスタンプを押してもらおうと行ったが、教会には誰もいなく隣接したホテルのフロントで押してもらった。教会でホテルを経営しているところは、日本でお寺が幼稚園を経営しているようなものかなとも思った。やましなさんと一緒になったので、ミサで50分辛抱して聞いたいたがいつ呼ばれたのかわからなかった。8人の神父さんが勤めたが、その中で1番若そうな眉毛の濃い背の低い神父は私が見ているだけでも三度欠伸をし、さらに手で顔下半分を覆って欠伸を隠してしていた。昨日の夜遅くワインを飲みすぎて眠いのだろう。それにしても巡礼者が何百人も見ているのに不謹慎というもの。
「ヤコブ貝欠伸(あくび)の神父夏夜長」
DSC01830.JPGDSC01836.JPGDSC01874.JPG
9時すぎに予約していた五つ星のパラドールHotel de Los Reyes Catolicos オステル・デ・ロス・レジェス・カトリコスは、カテドラルの正面右手にあった。
DSC01845.JPGDSC01850.JPGDSC01857.JPGDSC01856.JPGDSC01851.JPGDSC01853.JPGDSC01859.JPG
チエックインして荷を408号室に置いて表に出た。部屋は中庭に向いて入るが特別に眺望が言い訳ではない。前に宿泊したサン・マルコス・修道院ほどではないが、シングルで朝食付150ユーロだった。
DSC01884.JPGDSC01872.JPG
ホテルの正面に向かって左側の坂を下DSC01888.JPGりすぐのガレージに11時までに先着10名まで昼食が無料で食べられるというので、30分前に行ってみると韓国人の3人らが既に並んでいた。ランチの時間が12時と聞いてミサとかぶってしまうので諦めた。夕食は同じく18時までに並ぶという。
広場には大道芸人達が技を競う
DSC01860.JPGDSC01873.JPG
ランチはガイドブックに紹介されていたセルバンテス広場のカサ・マノールCasa Manoloに行った。
DSC01878.JPG
時間が良いためか大勢並んでいた。結局席についたのは1時間後の14時。巡礼者用メニューで、豚肉と野菜のスープ(今回はきちんと肉が入っていた)と大きな鰈(カレイ)の揚げたもの&ポテトチップス。魚王国の日本男児として骨をできるだけ残さないように食べた。
DSC01879.JPGDSC01880.JPGDSC01881.JPG ホテルでスペイン西北部ガリシア州の都市でオウレンセ行きの列車の時間を調べてもらった。Termas de Outaris テレマス・デ・オウタリスとTermas Chavasqueiraテレマス・チャバステイラの二カ所の温泉場がある。列車で1時間くらいだったと思う。日本食レストランの有無を聞いたら駅の方向に近いところに「京都」という店があるという。タクシーで行ってみると営業時が13時から16時、21時30分から24時までという。これでは待てないので、駅が近いので明日の下見に寄ってみた。帰り道、何度か道を聞いてみると中心部の近くにもう一つ日本料理店があるというではないか。そこを目指して、アラメダ広場で移動遊園地でとても賑々しいので立ち寄ってみる。観覧車まである。
DSC01893.JPGDSC01890.JPGDSC01891.JPGDSC01892.JPG
ポボ・カレーゴ教会のすぐそばにそのに品料理店、La casa de la marguesa ラ・カサ・デ・ラ・マグレサという名の店でキッコーマン醤油の前掛けをした男性従業員がいた。シェフはチェコ人だという。
DSC01895.JPGDSC01899.JPG
アボガド、胡瓜、つな、胡麻かけ、ノリなしの巻き寿司と握り寿司セットと味噌スープ、松竹梅の冷酒を「コールドにして」と注文したが常温できた。ビールも頼んで29ユーロだった。味噌スープは美味、握りはシャリがちょっと硬かったかな。
ホテルに戻るとカテドラルの前の広場でイベントがあり大勢の市民が集まっていて歌などを鑑賞し23時には花火も打ち上げられた。まだ演奏がガンガン響いている。近所のバルには大勢の家族連れが飲み食いを楽しんでいる。とにかく夜が長いのだ。

☆温泉夜話 http://www.a-spa.co.jp/yawa/index.htm
☆高野山麓の天然水「月のしずく」http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/
☆旅と温泉の相談室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ




nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(109) 
共通テーマ:旅行

nice! 19

コメント 2

takeuchi

終に終着したんですね。 
お祝いには、すし屋での豪勢な食事でしたね。。
スペインで日本酒で乾杯!
これからの予定は?
帰国は?
お元気で!!!!
by takeuchi (2013-07-27 06:26) 

職務経歴書のダウンロード

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
by 職務経歴書のダウンロード (2013-09-14 12:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 109

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る