So-net無料ブログ作成

スペイン「聖地サンテイアゴ巡礼」の旅 ペドロウソから 7月21日 [旧街道を歩く]

スペイン「聖地サンテイアゴ巡礼」の旅 ペドロウソから 7月21日
DSC01783.JPG
巡礼者像への近道をフェンスの扉を開けてとしてくれた。
巡礼34日目の7月21日、ペドロウソのアルベルゲを7時に出発。
DSC01763.JPG
今日の目的地は、時間調整というのかサンテイアゴ・デ・コンポステーラの直前の街、Monte do Gozoモンテ・ド・ゴソに宿泊する。わずかに14.5キロメートルだが、ここはサンテイアゴで毎日12時に行われるミサの前に巡礼証明書を手に入れて、当日のミサで到着者の国名と出発地を告げてもらうため。
7時50分、ユーカリ林に入り香りが強く感じる。
DSC01770.JPGDSC01771.JPGDSC01772.JPG
9時前に教会の前に地元住民が集まっていて、9時丁度に鐘が鳴った合図で一斉に教会のなかに入っていった。9時38分、再びユーカリの香りがしてきた。テレビ局の真ん前のバルでケーキとコーヒーの休憩。「異のすべてサンテイアゴへ夏の霧」
DSC01774.JPGDSC01777.JPG
10時30分、ローマ法王ヨハネ・パウロ二世が訪問した記念のモニュメントに到着。 モンテ・ド・ゴソのアルベルゲは、最大800人が収容という巨大なアルベルゲでまずスタンプを押してもらう。高台の上にサンテイアゴのカテドラルの街を指差す二人の巡礼者像が建っている。
DSC01777.JPGDSC01781.JPG
そこに行くのに地元の大きな鎌を持ったスペイン人男性に声を掛けたら「ここから近道を行きなさい」とフェンスの扉を開けてくれた。巡礼者像で記念写真を撮ってもらっていると「日本人ですか?」と美しい女性に声をかけられた。
DSC01783.JPGDSC01784.JPGDSC01785.JPG
ベネズエラ人で1982年に日本語の弁論大会に出るために一ケ月日本に来て、東京、埼玉、宮島、広島、京都に行った。今はアメリカのオレゴン州に住み、通訳(六ケ国語)の仕事をしているという。昔は漢字も書けたが忘れてしまったとカタカナで自分の名前「エリコンタグ」と書いた。コンフェラーダから弟や主人達4人で歩いているという。「あなたのメールアドレスは?」と聞かれ、日本の私のブログ「温泉マニア」で検索しトップのブログをと紹介した。自分のブログのアドレスを覚えていないので・・・。何度も「ありがとう」と声をあげながら別れた。
DSC01788.JPGDSC01790.JPGDSC01791.JPGDSC01796.JPG
巨大なアルベルゲの 私のベットは2905室の下のベット。先着順なので下のベットを選んだ。早速にランチへ。
DSC01799.JPGDSC01810.JPGDSC01798.JPG
階段を下りたところにカフェとレストランがある。レストランは9ユーロの飲み物代別のフリー制でつまり「食べ放題」らしい。私は魚肉、ムール貝、ハム等が入った酢味のサラダ、魚の揚げ物&ポテト、ヨーグルト、果物のキューイにビールとした。
DSC01800.JPGDSC01801.JPG
夕食は同メニューで8ユーロだという。ビール代を入れて合計10.70ユーロ。DSC01802.JPGDSC01803.JPGDSC01804.JPGDSC01805.JPG
14時から陽が出てきた。 食事後は髭剃り、シャワーを浴びてから、カフェでブログ作成に行く。

☆温泉夜話 http://www.a-spa.co.jp/yawa/index.htm
☆高野山麓の天然水「月のしずく」http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/
☆旅と温泉の相談室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る