So-net無料ブログ作成
検索選択

スペイン「聖地サンテイアゴ」巡礼の旅 ベルバレロから 7月17日 [旧街道を歩く]

スペイン「聖地サンテイアゴ巡礼」の旅 バルバレロから 7月17日
DSC01656.JPG
巡礼31日目の7月17日、バルバレロのアルベルゲで6時にレストランで朝食。スイス人のにこも一緒に取る。
DSC01652.JPG
結局出発は6時45分。
DSC01653.JPG
7時20分、靄がかかる幻想的な風景に出会う。展覧会に出しても良い評価が得られるのではとも考えてしまうほどだ。
DSC01654.JPGDSC01655.JPGDSC01656.JPG
8時10分、サンテイアゴまであと100キロメートルの表示石に到着する。巡礼者はここで記念写真を撮る。歩いて巡礼をする場合、巡礼証明書を発行してもらうためには、この前の街までのクレデンシャル(巡礼手帳)発行を済ませていなければならない。自転車の場合は200キロメートル手前から。
DSC01658.JPGDSC01660.JPG
すぐにモルガーデの街。追いついてきたやましなさんはここで休憩。牛追いの群れに遭遇する。
DSC01663.JPG
10時20分、右足を滑らせて左足の膝の下を擦りむく。近くにいた巡礼者の男性がすぐに「大丈夫か?」と寄って来る。傷の様子を見て「ノープロブレム」と言って前を歩いていった。「月のしずく」の神秘の水をスプレーして消毒し絆創膏を貼る。すぐ先にあったバルでションとにこと会うが、私は休憩なしで行く。
DSC01670.JPG
ガリシア地方は栗で有名らしく栗の大木が目立つ。
10時50分、ポルトマリンに入る手前のミニョ川がせき止められてダム川になっていて、ダム建設により古い村が水没している。
DSC01671.JPGDSC01672.JPGDSC01673.JPG
12世紀建築のサン・マルコ教会は移築した。
DSC01680.JPGDSC01677.JPGDSC01679.JPG
公営の160人気収容のアルベルゲは教会の裏手にあり、13時時からの開門で私は11時15分に到着。荷物を置いて、近くのバルでガリシア州の名物料理であるタコ料理「プルポ」とビールをいただいた。
DSC01676.JPG
この5日前から虫刺されの痛みに悩まされていたが、ここでようやく薬を調達できた。アルベルゲはすでに50人は並んでいる。ジャンボであるがゆえの弊害(洗濯やシャワー、トイレを待たされたりなど)を考えて料金は10ユーロと二倍になるが、私営の小さいアルベルゲに変更することにした。調理室もあるのでスーパーマーケットで海老などを調達して日本料理を食べるつもりだ。アルベルゲはwifiがokだったが、電波が弱いのか写真の取り込みができなかったので、お昼をとったバルに居着いてブログを書くことになった。
ビール一杯を注文して2時間居着いたが、写真の取り込みに時間がかかりおまけに最後の保存で固まってしまった。仕方なく、夕食後に近くに見つけたHOTEL VILLAJARDINでwifiを借りることにした。すると、先ほどバルでビール一杯で粘っていた時の男性のウエイターが出入りするではないか。「イエーイ!」なんで?というそぶりをすると「ここのウエイターなんだよ」というそぶり。つい握手を求めてしまった。
ところで、夕食の食材求めにスーパーマーケットにいった。空いている箱に入ったシマエビがあったので五匹取って持って行くと大騒ぎだ。箱単位でしか売らないのだという。これまでの街ではOKだったのに・・・。結局、サラダ菜、ハム、小イワシの缶詰、トマト、ヨーグルトにパンのヘルシー食事となった。
DSC01681.JPG

☆高野山麓の天然水「月のしずく」http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/
☆旅と温泉の相談室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ





nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る