So-net無料ブログ作成
検索選択

スペイン「聖地サンテイアゴ」巡礼の旅 テラデイージョズ・デ・ロス・テンプラリオスから 7月5日 [旧街道を歩く]

スペイン「聖地サンテイアゴ巡礼」の旅 テラデーションズ・デ・ロス・テンプラリオスから 7月5日
巡礼18日目、7月5日6時にテラデーションズのアルベルゲを出発。街の出口で矢印が曖昧で、国道沿いの道を歩くが草茫々で本当に大丈夫かなと心配しながら、キムさんら四人で歩く。サン・ニコル・デル・レアル・カミーノに7時15分につく。
DSC01181.JPGDSC01182.JPG
8時10分前方に街が見えて来る。右折してサアグーンの手前に石橋を渡った所に古い教会が出てくる。
DSC01183.JPG
12世紀に建てられたというムデハル式ロマネスク様式である聖母教会。8時50分に街に入るが工場街出中心部にはまだ遠い。一回休憩を取りサアグーンに着いたのが9時20分。
DSC01184.JPGDSC01190.JPGDSC01192.JPGDSC01194.JPGDSC01195.JPG
桐の幹のような色の街路樹が続き陰を作り風もあり過ごしやすい。
DSC01196.JPG
11時40分にアルベルゲに到着。開門は13時30分、
開けられている隣の洗濯場で靴下やシャツの洗濯を済ませ、食料品店に行く。ドイツ人の馴染みの男性がビールを購入中。ハム、サラダの缶詰、飲料水を購入し、店の前にだしていただいた椅子でドイツ人と並んで食べる。サラダのフォークが無いと言うと、彼が自前のアイスクリーム用のスプーンを貸してくれた。御礼にハムを二切れ差し上げる。彼は61才で息子と娘がひとりづつ。孫は三人いるといい写真を見せてくれた。彼は次の街で泊まるといいその後出発した。
13時30分からのチエックインで驚いた。受付のスタッフが日本人で私が東京での説明会で二度会ったことのある山本さんだ。ボランテイアで6月15日から手伝っているという。ここでは、地元の人達の援助で夕食も出すのでその用意で忙しいという。夕食は8時からで、歌も出るというからどうなることやら。韓国のキムさんの趣味がクラッシックギターと聞いたので、ギターが無いかと山本さんに聞いたが無いので残念だ。
DSC01198.JPG
アルベルゲ
DSC01202.JPG
アルベルゲの受付
DSC01204.JPG
夕食でフランス人父子で参加の11才の子にワインを注いでもらった。DSC01210.JPG
スープの大鍋が空っぽになったよ!
DSC01214.JPGDSC01212.JPG
ギター演奏や各国の歌、キムさんは「アリラン」を熱唱した。

☆高野山麓の天然水「月のしずく」http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/
☆旅と温泉の相談室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る