So-net無料ブログ作成
検索選択

スペイン「聖地サンテイアゴ巡礼」の旅 ログローニョから 6月25日~ [旧街道を歩く]


6月25日、巡礼の旅8日目は、ログローニョを6時30分に発つが、町のパブが開いていたので、朝食にチョコパン、珈琲とオレンジジュースを取る。7時50分から湖がみえていてしばらく続く。
DSC00840.JPGDSC00842.JPG「夏影やコンパス長しカミーノや」昨夜のパブ街での様子を思い出し「パブの街楽団巡る夏の宵」9時、国道にかかる初めての陸橋を渡ると目の前にナバレッテの町並みが見える。町の入口左手に古代遺跡がある。12世紀(1185年)創設の巡礼者用の救護院跡サン・ファン・デ・アクレ。9時25分中心部にある教会の中に入る。この町で昨夜書いた絵葉書を郵便局を探して投函する。
DSC00845.JPGDSC00844.JPG4キロ先のペントサまで又黙々と歩く。ペントサの直前で自転車に乗った人に「日本人ですか」と声をかけられる。彼は片山琢美氏で横浜市戸塚区在住の資生堂勤務の方。私には日本人との会話は二人目である。30分ほど話し今日は縁起がいいな~と思っていた。
DSC00848.JPGDSC00845.JPGその後、Najeraナヘラまでひたすら歩くと気がついたら帆立て貝の案内がしばらく無いなと感じだ。13時ころ明らかに違う道を歩いていると確信。周りはいつもの小麦畑にと葡萄畑、小道を車で通って来た車三台に道を聞きながら、現在地がHVERCANOSウエルカノで、ナヘラまで2キロメートルはあることを知る。
DSC00856.JPGDSC00853.JPG巡礼の旅で最長の距離(35キロメートル位)を歩いたことになるのでは?鉄道を跨ぐ陸橋をくぐり、新市街へ。ここからさらに旧市街へ入り、ナヘリージャ川を渡って直ぐに左手に川沿いに下り100mほど行った奥へ。14時20分、ようやくアルベルゲに到着。今日は本当に疲れた。新市街に中華料理店を見つけたので夕食はここにしよう。アルベルゲに荷物を置いて早速昼食を食べに行く。川原そばにあるBAR NAXARAで、スパゲッテイとビールをいただいた。
食事を終わって移動しようとするとすこし離れたパブで飲んでいたハンガリー組と日本語を話すアメリカ人に呼ばれた。アメリカ人はジェームスで熊本で二年間いて日本語を学んだが、今はカリフォルニアで教師をしているという。ハンガリー人はガーズミー・ファービアンとホールバット・ペータ(これまでピーノとばかり思っていた)
DSC00859.JPGそこへ日本人の森茂氏が、到着した。ルピユイ(730キロメートル手前)から歩いて来たという。毎年歩き今回で5回目というから驚きだ。一日30キロメートル平均歩いている。
DSC00860.JPG夕食はここに来るときに見つけたので中華料理店中国賓館に行った。言葉が解らずに一苦労で、オリーブの実や油がたっぷり入ったミックスサラダ、豚肉と野菜、きのこの鉄板焼きでご飯、老酒(ラオチュウ)にありついた。

DSC00861.JPG

☆高野山麓の天然水「月のしずく」http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/
☆旅と温泉の相談室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html





nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る