So-net無料ブログ作成
検索選択

スペイン「聖地サンテイアゴ巡礼」の旅、ルルドで宗教的体験 [海外のはなし]

DSC00445.JPG
ホテルパノラマは、聖域入口に近いところ。聖域は、ルルド駅から徒歩で15分ほど、蛇行するポー川に囲まれるようにロザリオ聖堂、マサビエルの洞窟、沐浴場、聖ビオ10世地下ハジリカ聖堂、ポー川の辺に薪を拾いに出かけ聖母マリアべルナテッドの生家やポリーの水車小屋がある。ポー川対岸には中世のころからの城塞だった所を「ピレネー博物館」として公開している。日曜日だからなのか通りや土産物や等のこの賑やかさは休日の軽井沢のようだ。
DSC00431.JPG
DSC00430.JPG
ルルド中心部
DSC00435.JPG
聖域入口
DSC00437.JPG
ホテルパノラマ
DSC00438.JPG
部屋
ホテルのフロントで明日の移動の相談をしてから、沐浴体験に出かけた。しばらく並んで待ち、係員の指示に従い、沐浴場の幕の内側に入る。ほとんどがカトリック信者のようで、幕間からこれから沐浴をする人のお祈りの声が聞こえて来る。私の番がきた。先に「ジャパニーズ」で言葉が判らない事を伝える。幕の内側にはロザリオが飾られる正面に向けて長方形の沐浴槽があり、三人の係員の指示によりとてもとても冷たい霊泉には入り、後ろにいる二人に支えられて「後ろに倒れなさい」と仰向けに倒される。わずか一分ほどだったと思うが心臓発作があるかと思うほど非常に冷たく、特に両足が凍えるようだった。お祈りの言葉を知らないので、いくつもの病気を治していただけるのであれば有り難いと黙してひたすら合掌の気持ちだった。洞窟の中にも入り、岩に手を触ってきた。少女がこの岩にも触っていたかもしれない。「超冷のルルド沐浴夏の洞」
DSC00445.JPG
DSC00444.JPG
マサビエルの洞窟
DSC00456.JPG
聖ビオ10世地下ハジリカ聖堂内部
DSC00463.JPG
DSC00465.JPG
聖堂段上から見た城塞

午後7時30分頃からポー川畔にあるレストラン「BROUWER SHUIS」」で夕食を取る。一人だと二種類の
メニューを頼んでも食べ切れないので、ウエイターにレタス、トマト、チーズをまぶしたパンにベーコンのサラダシェグ「HOT GOATS CHEESE SALAB」とスパゲッテイをハーフずつセットにするよう特別に頼み、ビールとフルーテイ白ワインを賞味した。
DSC00472.JPG
DSC00474.JPG
8時30分頃から小さな紙灯籠を持つ人達がロザリオ聖堂前に集まりだした。20人の合唱団、段上に見学者が150人、そのうち車椅子の人達がボランテイアの人達に付き添われて50人を先頭に30分の間に約二千人がゆっくりと整然と小灯籠を手に手に列を作り前に押し寄せて来る。両脇の椅子に座って見ている私の隣のお母さんが美声で合唱に加わる。9時30分,、陽が欠けたがまだ明るい。夕食時のアルコールが徐々に効いてきてクライマックスが終わった10時に丁度目が覚めた。聖地を維持する地元の人達と若いボランテイアの人達が融合して見事な采配で静粛に行われている。今日は宗教的体験を丸ごとさせていただいた。
DSC00479.JPG
紙小灯籠
DSC00480.JPG

☆高野山麓の天然水「月のしずく」http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/
☆旅と温泉の相談室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る