So-net無料ブログ作成
検索選択

豪州・メルボルン ペニンシュラ温泉へ! [温泉巡浴]

オーストラリア紀行 メルボルンでの温泉ツアー 2013年4月30日
DSC00166 (640x480).jpg
洞窟風呂の内側から

ペニンシュラ温泉取材目的のツアーは、「Point Nepean Natlonal Park +Highights below」で199ドルだった。ツアーデスク前から午前7時30分に小型バスで出発。参加者は、3組の若いペアで年配で一人参加は私だけで合計9名。市街を抜けるとどこまでも平地、そのうち緩やかな丘陵地になり牛・馬・羊の牧場が現れてくる。50分走るとつづら折りの坂道に、標高247mのビューポイントらしきところで休憩。営業時間が7時30分だから時間調整でもなかろうに20分もいた。10分でペニンシュラ・ホットスプリングスに到着。するとそこで降りたのは三人のみだ。後の6名は別の観光か?
DSC00123 (640x480).jpg
DSC00119 (640x480).jpg
12時00分が集合時間、3時間の入浴時間だ。ペニンシュラ温泉はチャールズ・デビットソン氏が世界の30ヶ国のスパを研究し、10年の歳月をかけて2005年にオープンした国内最大級の温泉施設。地下637mをボーリングで湧出した温泉。源泉は50度だが、浴槽の温泉は37~43度に設定している。 入口には湯が出ているところに石で作った温泉の成分等の情報が刻まれている。成分は、重炭酸塩が1リットル中1163ミリリットル、アンモニア2.7、ホウ素1.3、カリウム3.6、カルシウム116、塩素1432、シリカ23、ナトリウム868、硫酸塩2.7、マグネシウム90ミリリットル。
DSC00130 (640x480).jpg
フロントでチェックイン
DSC00127 (640x480).jpg
DSC00125 (640x480).jpg
DSC00124 (640x480).jpg

ここから長い木つくりの廊下を渡って受付のあるフロアに移動する。広い敷地を2区分に分け渓流沿いにある区域が30ドル、その他は50ドルで、土日は5~10ドル高くなる。私は両方の入浴・取材することにした。バスタオルとバスローブを渡される。ロッカーに荷物を入れて、水着に着替えバスタオルを肩に掛けて用意ドンだ。カメラは持込オッケー。ビデオカメラはダメだ。写真撮影は他人に向けないで自分だけをとるようにとの注意事項を確認させられる。
DSC00146 (640x480).jpg
DSC00137 (640x480).jpg
DSC00135 (640x480).jpg
DSC00132 (640x480).jpg

とにかく広い。傾斜のある敷地に多くの湯舟、打たせ湯、小さな桶風呂、ジェット風呂、サウナ、スチーム風呂、歩行風呂などが用意されている。圧巻なのは2011年にオープンしたばかりの山頂の露天風呂だ。最近見たブログでの取材記録で「今工事中だ」と見ていたのでラッキーだ。360度の眺望で誰もが感嘆の声をあげる。入浴中の写真を撮りたかったが、片隅が空いたときに露天風呂のごく一部を入れての眺望で我慢したが、後で若い韓国系のペアが撮った全員で嬉々とした顔で写っているのを見せられた。洞窟風呂が人気のようで一旦入るとなかなか出てこない。清掃、消毒方法での件や湯質、湯量等を聞きたかったが何せ日本語スタッフがいないのでらちがあかない。オーナーのチャールズ・デビットソン氏に会えないかと申し出たが「メイソンに滞在中」で日本語での説明は聞けなかった。
DSC00144 (640x480).jpg
DSC00142 (640x480).jpg
ペニンシュラ温泉のパンフレット表紙.jpg
ペニンシュラ温泉のパンフレット.jpg
パンフレット掲載写真
DSC00166 (640x480).jpg
DSC00162 (640x480).jpg
DSC00159 (640x480).jpg
DSC00148 (640x480).jpg

ランチは場所を変えてワインとオリーブを作りをしているレストハウスでいただいた。最初、ランチ時に注文を受けるために10種類の試飲をワイワイしていただいたが、誰も注文をしなかった。2人ではボトルワインは注文しないよ。全員で1本頼んだら、とでもアドバイスをすれば良かったかな。試飲の際にそれぞれの好みを口にしていたので面倒臭いと私は思った。パンに各種のハムやベーコンとチーズ、野菜サラダが出たが、スープやコーヒーが出なかったのが意外だ。近くに葡萄園があったが、既に収穫が終わり黄色に染まった葉だけを残していた。
DSCF7766 (640x480).jpg
DSCF7772 (640x480).jpg
DSCF7771 (640x480).jpg
DSCF7764 (640x480).jpg
下りながら、イチゴを栽培している店に立ち寄った。時期によってはイチゴ刈りだろうが、6ドルとかのイチゴパックを一人に一個渡された。半分を食べて残りは持ち帰った。
次はAshcombe Maze & Lavender Gardensへ。20ヘクタールの敷地の大庭園で背の高い松で作った迷路が自慢のようだった。全員迷路で迷わしてから地図を渡され「15時までに戻ってきて!」紅葉が見られる楓や銀杏があり、如何にも季節を感じさせる庭園だった。
DSC00181 (640x480).jpg
DSC00177 (640x480).jpg
img src="/_images/blog/_a7d/hide-tabi/DSCF778120(640x480).jpg" width="640" height="480" border="0" align="" alt="DSCF7781 (640x480).jpg" />
DSCF7781 (640x480).jpg
運転手のステイーブン氏は一年おきに日本の白馬にスノーボードをしに友人3人と来日しているという。待ち時間に身振り手振りでの会話で盛り上がった。最後に港に立ち寄った。大型フェリーが到着したばかり。朝の同乗した1組のペアがイルカウオッチングに行っていたようで帰りの車中、イルカが泳ぐ 写真を見せていた。サザンクロス駅に到着したのが17時30分、ここで解散。私は駅に行き、明日のヘップパー
ン温泉行きの切符を買いに行った。

 ☆高野山麓の天然水「月のしずく」http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/
 ☆旅と温泉の相談室 http://www.a-spa.co.jp/
 ☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html



nice!(25)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 25

コメント 2

もーもー

訪問・niceありがとうございます
温泉マニア  すごいですね
日本は、ほとんど  制覇でしょうか?
  オーストラリア 素敵な温泉があるんですね
あちらこちら  出没されてるんですね
  笠間にも  いらしたんですね
あーー生きてるうちに  日本中は  巡浴したいなー
また  お邪魔致します
by もーもー (2013-05-15 09:00) 

YUTAじい

おはようございます。
ご訪問、nice! ありがとうございます。
海外の温泉・・・縁が有りませんが素適です!

by YUTAじい (2013-05-15 09:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る