So-net無料ブログ作成

スペイン「聖地サンチアゴ巡礼」の旅に向けて 8.健康上の準備 その2 [旧街道を歩く]

スペイン「聖地サンティアゴ巡礼」の旅に向けて 8. 健康上の準備その2

2012年末に尿道狭窄症で拡張法を2週間に一度、病院でしていたのを巡礼に行くと40日は持たせなければならないと言うので、その対策に狭窄部分をもう一度レーザーで切るか、どのくらいもつかそのままほっといてみる方法の後者を選んでみた。1ヵ月後に診察すると「5mmの幅が確保できているから大丈夫」と結局、次回拡張法を実施したのは3月19日で、なんと3ヶ月持ちこたえた。頚椎損傷による牽引は、新年から週に5万歩を目標に歩いていて、2月中ほどから6㎏の荷を背負って歩いているうちに1ヶ月以上持つようになった。ただ、10日ほど前からギックリ腰か寝違えたのか痛みを感じるようになって、マッサージを受けた後、マッサージ師に聞くと「腰の筋肉は硬くなっているが、ふくらはぎの筋肉が弱いようだ」との指摘を受けた。

やはり専門家(インストラクター)の指導で、1日25~30㎞を歩く続けられる体を作るにはトレーニングジムに通うのが得策かと思い知り、近くにある「かんぽの宿 青梅セントラルジム&スパ」に入会し、鍛えることにした。キャンペーン中で入会金が無料、3月いっぱいは無料体験が適応できることになった。フルタイムで月に8,400円(温泉の入浴料込み)インストラクター村崎さんの指導を1時間受けた。私の体が右肩が上がっていること、上半身が前かがみになっていること、骨盤の右が浮いていることがわかり、そうした対応の運動を指導していただいた。脇を締めてからだと直角にひじを後ろに引き、強く胸を張る姿勢で歩く、ジョギングをするようにした。
20130329021655.jpg
かんぽの宿おうめ
20130329021815.jpg
「かんぽの宿 青梅セントラルジム&スパ」の看板
20130329021455.jpg

DSC00007.JPG
かんぽの宿おうめの近くの釜ヶ淵公園の桜

ジムでの運動が終わってからの温泉入浴が楽しみになった。控え室で声をかけてくれたより高齢の男性は、かなりハードな車のスポーツ?をしているとかでこれまでオフの期間は各地でのマラソンに出ていると言う。「もっとすごい人がここにいるよ」「命を懸けるようなエベレスト級のガイドをする人がここでトレーニングをしている」ことも教えてくれた。ときあたかも例年になく早い桜の花の開花で、かんぽの宿のすぐ下の釜の淵公園の桜は、最盛期を過ぎて葉桜になりつつある。それでも花見目的で川原に陣取りのお客がひっきりなしだ。

☆「サンティアゴ巡礼の旅」に向けて 7.
  https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=59693775
☆高野山麓の天然水「月のしずく」http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/
☆旅と温泉の相談室 http://www.a-spa.co.jp/


nice!(25)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 25

コメント 2

ちゃーちゃん

こんにちは‼
お久しぶりに訪問しました・・・
良い温泉で休養されていたのですね。
ジムがあってトレナーさんが身体を見て下さって、正しい歩き方の
指導を受けて良くなる事間違い無しだと思います・・・
「聖地サンティアゴ巡礼」に頑張って行く事が出来ます様に・・・
by ちゃーちゃん (2013-03-30 14:50) 

hide-m

ちゃーちゃん さん いつもコメントをありがとうございます。「聖地サンティアゴ巡礼」の旅は、ちゃんと歩き続けられるのかとの不安でもあり、楽しみであり・・・。人生の一大決心です。
by hide-m (2013-04-01 10:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る