So-net無料ブログ作成
検索選択

北品川の坂本龍馬ゆかりの?火鉢と対面!「クロモンカフェ」に行く!2010.12.23 [温泉マニア]

北品川の坂本龍馬ゆかりの?火鉢と対面!「クロモンカフェ」に行く!2010.12.23
2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 012.jpg
旧街道にあった長州志士たちが滞在した「土蔵相模」旅館の火鉢

 前回のブログで、北海道開拓での坂本龍馬の影響を考えさせられたことから、江戸・北品川の「クロモンカフェ」にある維新の志士たちが手をかざしたという火鉢のことを思い出した。品川宿入り口に土蔵造りのなまこ壁が特徴の「土蔵相模」旅館(遊女屋ともいわれる)が1982年まで営業していた。旧街道の今はファミリーマートのあたりに標柱と看板が掲げられている。1862年(文久2年)12月のイギリス公使館焼き討ち事件の際は、高杉晋作や伊藤博文ら長州藩士の拠点として使われた。解体のときに襖や「火打ち窓」と呼ばれる釣鐘型の窓枠、火鉢などは区立品川歴史館に保存されているという。残された二つの火鉢のうち、一つが2009年4月4日オープンの「クロモンカフェ」に保存されている。
2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 003.jpg
「土蔵相模」があった場所

2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 006.jpg
旧東海道・品川の宿

2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 007.jpg
町興しではためく「品川宿」の幟

 旧街道に面しているが、丸山パン工房の2階部分なのでわかりにくい。かつてはパチンコ店の家主の住宅、後にパチンコ店の従業員社宅だったという築60年の木造建築。土・日・休日は11時から(平日は11時30分)の営業で、丁度開店したばかりで従業員の飯島奏子(かなこ)さんが応対してくれた。
2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 008.jpg
「クロモンカフェ」は2階

2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 010.jpg
「クロモンカフェ」の入り口

2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 017.jpg
階段を登ってすぐの部屋

2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 018.jpg
部屋の角に火鉢が・・・

2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 029.jpg
奥の部屋

 オーナーは、薄葉聖子さん。飯島さんのオーナーとの結びつきは、品川神社で第二日曜日に行われる「品川てづくり市」(青空マーケット)で、カレー料理を提供していた飯島奏子さんと骨董品を販売していた薄葉聖子さんを「カフェ」開業が結びつけたという。調度品はオーナーの人脈で手づくり市に出店している作家らが協力していて、ユニークなカフェに仕上がっている。ここにある5組の木製のテーブルは麻布十番温泉が廃業した時に譲り受けしたものだという。このブログが温泉ネタをメインにしているので、つい安堵のため息をついた。麻布十番温泉は、1949年に地下500mからナトリウム炭酸水素塩泉(重曹泉)を湧出して開業。都内の天然温泉というので注目されたが、時代の流れで2008年3月31日に廃業。
2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 015.jpg
麻布十番温泉が廃業した時に譲り受けした木製テーブル

「クロモンカフェ」2部屋の隅に置いてあるガラス工芸アーチスト田村悠さんの照明ガラスは幻想的ですばらしい。ベルギー大使館あたりから流れてきたしゃれたデザインの椅子もいい。画家の深沢氏の描いた古風な襖絵も味がある。白地に青い釉薬で山水画を描いた陶器の火鉢の高さ、直径は約30~35センチほど。中に灰があるが火はない。若き維士たちが手をあぶりながら口角泡を飛ばしたのだろう。つい駄句を一句「維士たちの手あぶる火鉢 背をただし」
2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 021.jpg
2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 022.jpg
ガラス工芸アーチスト田村悠さんの照明ガラス

2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 030.jpg
深沢画伯の描いた飾りもの、襖絵も氏が描いた

2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 023.jpg
カフェから覗いた旧東海道・品川宿

 飯島さんは「タイやインドなどアジアが好きで、日本の温泉も好き!埼玉県久喜の観音温泉が大好き!」といっていた。私がまだ入浴していない温泉だな?と思って調べてみると高温自噴の「百観音温泉」だった。4月6日にこのブログでも紹介している。http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2010-04-06
11時30分を過ぎていたので、ここのランチを食べることになった。私が選んだのは、「カボチャとブロッコリーのドライカレーと野菜中華風スープ」玄米ご飯だというので硬いのかなと思いきや、柔らかくカレールーになじんで美味しい!スパニッシュオムレツも具のうちでボリュームも満足だ。他にはタイの特性たれをかけて食べる「カオマンガイ:鶏肉の炊き込みご飯」が780円。
旧品川宿散策に来る「歴史好きな人たちとさまざまな分野の芸術家が行きかう新しいタイプの交流カフェ」になりそうだ。
2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 024.jpg
「カボチャとブロッコリーのドライカレーと野菜中華風スープ」

2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 032.jpg
「カオマンガイ:鶏肉の炊き込みご飯」

2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 033.jpg
気さくに応対していただいた飯島奏子さんと火鉢

13時開演の品川プリンスホテルに隣接の「よしもとプリンスシアター」の下見に間に合うように歩いていった。途中の国道沿いの歩道は、銀杏並木でもうちりじりに黄色い葉は散り、丸坊主の木もある。2時間弱の漫才、パフォーマンス、ピアノとヴァイオリンの演奏と時間が過ぎるのが早かった。隣の若いアベックの女の子の笑いのタイミングや様子が興味深かった。
2010.12.123 北品川「クロモンカフェ」で龍馬ゆかりの?火鉢と対面 041.jpg
「よしもとプリンスシアター」入り口

旅と温泉の相談室アスパサービスhttp://www.a-spa.co.jp/

ペットと泊まる温泉宿 http://www.a-spa.co.jp/pet/
エッセイ「温泉夜話」 http://www.a-spa.co.jp/yawa/index.htm

温泉巡浴紀行http://www.a-spa.co.jp/junyoku/index.html

温泉水サーチhttp://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/search.html

旧街道をあるく旅 http://aaspa.web.fc2.com/index-tabi.html
冷え性対策に!田口式健康サポーターhttp://www.a-spa.co.jp/taguti/

nice!(67)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 67

コメント 6

りりー

こんばんは^^☆
訪問ありがとうございます^^
by りりー (2010-12-27 20:24) 

ねぇね

ご訪問&nice!ありがとうございます。
by ねぇね (2010-12-27 23:58) 

りりー

こんばんは!
お越し頂きありがとうございます^^☆
by りりー (2010-12-28 23:17) 

ぴーすけ君

良いお年をお迎えください(*´∀`*)ノ
by ぴーすけ君 (2010-12-30 21:54) 

水郷楽人

今年1年お世話になり有り難うございました。来年もよろしくお付き合いくださいね。
よいお年をお迎えくださいね。(^^)

by 水郷楽人 (2010-12-30 23:13) 

さち

竜馬、学生時代から大好きなので、
お写真とってもうれしいです!!
by さち (2010-12-31 00:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る