So-net無料ブログ作成

なぜ温泉療養・温泉水の飲泉をすすめるか? [飲む温泉水]

なぜ温泉療養・温泉水の飲泉をすすめるか?

金森達 画

日本は昔から温泉天国で、療養温泉として医者が少ない時代や地方で大きな役割を果たしてきました。神経痛やリウマチに効く温泉、胃腸など消化器病に効く温泉、骨折に効く温泉、子宝の恵まれる温泉、がんに効果のある温泉など温泉地によっては長い歴史の中で経験的に効能が信じられている温泉地があります。欧州の国によっては入浴によるリハビリと飲泉による温泉療養が医療分野でも大きな比重を持ち、温泉地には立派な飲泉所が整備され、医者の処方箋により療養生活をおくっている国もあります。

 温泉療養の効果は、入浴によって体の皮膚をとおして、また蒸気を呼吸で吸収し、外部から作用し温泉水に含まれる化学的成分が体内に浸透します。また飲泉によって直接体内に取り込み、消化器系をはじめ内臓器官をとおして体内の全身に作用します。まだ科学的に十分に解明し尽くされていませんが、糖尿病の血糖値が西洋医学でも血糖値が一定の数値まで下がらないといわれている患者が飲泉と運動で劇的に正常な数値まで下げるという例も珍しくありません。私自身も6年前から、九州・鹿児島の温泉水で天然のゲルマニュウムを含む「薩摩の千年水」「星の雫」を飲泉してきました。以来、体内の循環が良くなったせいか、深酒をしても悪酔いをしなくなったこと、寒さに強くなり風邪をひかなくなったこと、飲泉して4年目から水虫がきれいになったことなどの効果を自覚しています。最低1日1リットルを目安に飲泉をしています。

金森達 画

 温泉は地球の地殻とその内部のマグマの活動によって、生成されます。降った雨が岩盤の隙間をぬって浸透し、地下数千メートルにある多孔質岩層に溜まります。その下にあるマグマ溜まりの600~1,300℃の高温の地下層に熱せられます。新たに浸透してくる雨水に比べて、比重が軽いので今度は地上に向かって上昇して地表に湧き出したのが温泉(循環水説)です。上昇してくる途中、ミネラル分や各有機成分などが溶け出し、さまざまな温泉水を造りだします。

 温泉にはさまざまなミネラルが含まれており、継続して適量を飲み続けることで血液の循環をより促し、免疫力を高め、健康な体をつくることができます。近年では、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、肥満、痛風などの生活習慣病に、大きな効果を挙げていると温泉療養が見直されています。
 今都会の水道水は濃度の濃い遊離塩素が含まれ、人体にさまざまな害をもたらすといわれています。人体の75%が水分です。体内を汚れの無い天然のミネラル豊富な温泉水で満たすことで健康を増進させ、健康を維持、回復することができます。飲用温泉水は、湧出した温泉水分析の結果、各都道府県知事や保健所にて飲用に適すると認可を得て販売されているものです。

温泉水サーチhttp://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/search.html
飲む温泉水ショップhttp://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/index.html
飲む温泉水飲用体験談http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/taikendan.html#top
星の雫 http://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/hosinosizuku.html
療養・湯治の温泉宿http://www.a-spa.co.jp/totugeki/index.html
金森達ギャラリーhttp://a-spa.hp.infoseek.co.jp/kanamori/
第25回温泉水謝恩プレゼントhttp://www.a-spa.co.jp/onsen-shop/present.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る