So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

温泉巡り紀行「湯崗子温泉『龍宮温泉』のタイル画について、加藤郁美さんから・・・。 [海外のはなし]

温泉巡り紀行「湯崗子温泉『龍宮温泉』のタイル画について、加藤郁美さんから・・・。
DSC07239.JPG

 9月14日、湯崗子温泉「龍宮温泉」探訪記のブログ
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/archive/20111005
に国書刊行会から「にっぽんのかわいいタイル:昭和レトロ・モザイクタイル編」を2016年5月に出版した加藤郁美さんのコメントが記されていた。以下

 ただいま、続編の「大正・戦前編」を執筆しておりまして、その主人公のひとりが、池田泰山という美術タイルを制作した人で、こちらの記事の、湯崗子温泉「龍宮温泉」浴室のタイルを制作しました。東京では宮内省の建設設計部門:宮内省内匠寮の仕事をうけて朝香宮邸ほかあちらこちらの宮邸、京都では島原遊郭のダンスホールに、と多彩な活躍をした人です。この池田泰山のお孫さんから見せていただいた納品リストに「湯崗子温泉」とあり、検索しているうち温泉マニア様の画像で浦島太郎のタイル画を拝見して、これにちがいない!と大興奮しました。お孫さんに問い合わせたところ、下絵の写真が発見されて、お孫さんもびっくりでした。

 ということで、その後加藤郁美さんに拙宅に来ていただき、「龍宮温泉」滞在の様子をお話し、資料を提供することになった。ラストエンペラー溥儀が湯崗子温泉「龍宮温泉」に滞在した後に、肝心のタイル絵が設置されたらしい。国会図書館で手に入れたという資料には、提供するにいたる経過が詳しく書かれていた。

 加藤郁美氏は、2016年6月、4年間の全国タイル旅と愛知県多治見市笠原町の歴史をまとめた「にっぽんのかわいいタイル:昭和レトロ・モザイクタイル編」で注目され、「月刊「東京人」の2016年11月号に「東京タイル紀行」、1965年の「三宅坂ビル」1930年の「赤坂プリンスクラシックハウス」、1937年の「東京国立博物館」、1940年頃の「岩の湯」の記事を紹介されていた。
DSC07240.JPG

 旧満州の「湯崗子温泉」の「龍宮温泉」浴室のタイル絵は、次刊の「にっぽんのかわいいタイル:大正モダン・アンティークタイル編」で新発見・解明の目玉記事として紹介されるようだ。温泉にこだわり、国内外の温泉巡浴の記事がこのような新発見・解明の助けになればとてもうれしい。


☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(35)  コメント(0) 

クロアチアとスロベニアの温泉 [海外のはなし]

クロアチアとスロベニアの温泉
温泉夜話 スパの起源1.jpg
温泉夜話 スパの起源2..jpg
金森 達 画

 2017年10月11日から「クロアチア、スロベニア5カ国周遊11日間のツアー」に出かけることになった。5カ国とは、クロアチア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、コソボ。セルビアを除いて、アドリア海に面している。いつも海外旅行には温泉を訪ねるのが私の目的になっていて、機会があれば一風呂浴びたいと思っている。
クロアチアの温泉は地図を見ただけで10カ所はありそう。スロベニアにも何カ所かありそうだ。日本語での紹介や日本人の温泉マニアらしき人の紀行文を探してまとめてみたい。

 クロアリアの温泉のイストゥラIstarske Topliceは、モトヴンMotovunから北東約7㎞(車で15分)、ミルナ川を渡ったところに在る温泉。この温泉の利用は、ローマ時代からといわれ、保養地として知られ、スパリゾートとして開発され、長期滞在の療養施設で治療する人が多い。参考:訪問記:
https://www.adria-ex.com/blog/item/321.html

 クロアチアのビゾヴァスケという町の外れに温泉娯楽施設・ビゾヴァスケ・トプリツェBizovacke topliceがある。1,970年にINAイナという石油会社が油田を発掘時に地下2000mのところから湧きだしたもの。40度の温泉は、リウマチや関節炎に効能があるようだ。石油臭が強く入浴後の洗剤で洗わなければならないという。
参考:訪問記 http://hrvatska.exblog.jp/15799340/
切手 バーデン・バイ・ウィーン紋章.jpg

 スロベニアのツエリから東へ40km、列車で約50分のエロガシュカ・スラティナRogaska Slatina 温泉は、スロベニアでも規模が大きい温泉。11世紀にはすでに飲料水として利用され。17世紀には販売されていた。「Donat」ブランドの炭酸水の源泉で、マグネシウムが沢山含まれている。

 スロベニアのカムニクKamnikからバスで9km約15分行くとテルメ・スノヴィクTerme Snovik。カルシウム、マグネシウム、ナトリウムなどを含み、関節痛や腰痛などに効果がある。宿泊施設、室内プール、野外大プールなどを備えたレジャー施設がある。

 ポルトロージュPortorozは、19世紀以降リゾート地として発展を遂げてきた。南下すると約70ha(東京ドーム約15個分)の700年前からの製法で知られるセチョヴィリエ塩田がある。参考:訪問紀行https://4travel.jp/travelogue/10207084

 スロベニア北西部にあるブレッド湖畔の温泉は、昔から温泉が湧いており(鉱泉)湖に浮かぶ「聖マリア教会」とアルプスの山々の眺望を楽しめるリゾート地。リゾート地のホテルにはプールの設備があるが、温泉の源泉が惹かれているのは、老舗ホテルのGrand Hotel Toplice のプールの実。源泉は22度で加温して38度に保っている。泉質は炭酸とカルシウムを含む中性の無色透明。プールは水着着用だが、サウナは別料金でサウナに入るときは裸の混浴、サウナ以外で過ごすときは布を巻いて過ごすようだ。

参考:訪問記 ブレッド湖での鉱泉のあるお宿は、トプリツエGrand Hotel Toplice
https://4travel.jp/travelogue/10207138
http://www.heavenly-spring.com/europe/slovenia/ziva/index.html

 今回のクロアチア・スロベニア5か国周遊のツアーでは、ブレッド湖畔に半日観光の予定。うまくすればこのホテルで入浴が可能かも知れない。リユブリアーナからブレッドまでは、列車で40分~1時間10分、バスで1時間20分、駅から湖畔へはバスで15分。

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(37)  コメント(0) 

高幡不動尊参拝と都交響楽団プレミアムコンサートへ 2017年9月24日 [東京・青梅周辺]

高幡不動尊参拝と都交響楽団プレミアムコンサートへ 2017年9月24日
DSC07177.JPG
仁王門・室町時代築の重文

 40年前、妻と出会った頃、初詣にはいつも高幡不動尊へ行っていた。妻の姉が国立で書道教室をやっていて、そこに妻が一緒に住んでいた。東京都交響楽団プレミアムコンサートに応募して当選した場所が、日野市民会館だったので、さきに高幡不動尊の参拝をし、それから市民会館まで歩いていくことにした。
立川駅に出て、多摩モノレールに乗り換え、高幡不動駅で下車すると、京王線駅側に入り口が見える。
DSC07174.JPG
DSC07176.JPG
DSC07177.JPG
DSC07178.JPG
DSC07183.JPGDSC07185.JPG
仁王門・柱は補修の跡

 仁王門から入ると、左手に土方歳三像がすっくと立つ。不動堂、奥殿、五重塔、大日堂へと進んだ。
DSC07191.JPG
DSC07190.JPG
DSC07195.JPG
DSC07194.JPG
五重塔
DSC07203.JPG
奥殿
DSC07204.JPG
大日堂への萩

 大日堂の内部を参拝した。堂内には平安中期の金剛界大日如来坐像、不動明王像、阿弥陀如来像など。外陣天井に描かれた鳴り龍の天井絵(江戸時代:中村岳蓮筆)では真下で手をたたくと、「ビヨヨヨーン」という振動音が響いた。写真では赤みがかっていたが、黒ずんで見えた。他に誰も居なかったので、板の間に寝転がって天井絵もじっくり見てみた。両脇の部屋には、桂林山水朝陽夕粧・八枚(後藤純男筆)襖絵、富嶽図(坂本雅城筆)、安らぎ(長谷部日出男筆)などの書画が展示されていた。
DSC07210.JPG
DSC07211.JPG
DSC07215.JPG
DSC07212.JPG
仏足
DSC07220.JPG
DSC07219.JPG

 五重塔の南側の芭蕉句碑に立ち寄った。
DSC07223.JPG
DSC07224.JPG

弁天堂の弁天池には巨大な緋鯉(錦鯉)が寄ってくる。参詣客が最大の鯉を指差して「この人ぐらいの大きさだったわ」という声掛けに驚いた。確かに大きく直径20センチ、長さ100センチはあろうか。
DSC07197.JPG
DSC07198.JPG
DSC07200.JPG
DSC07201.JPG

 お札所の宝輪閣には、あじさいまつり全国俳句大会の入選者の発表が展示されていた。高幡不動尊の広報誌「山報 高幡不動尊」高幡俳壇があり、選者は貫主の川澄祐勝氏。私も投句することにした。「秋の声鳴き龍打ちて顕るる」

 総門のそばの参道の天ぷら屋「四八天丼」でランチを取った。海老3本と南瓜・おくらの天婦羅で700円。満席のようで30分待たされた。かつ丼や鳥天もあった。
DSC07227.JPG
DSC07226.JPG

 ここから日野市民会館へ向かう。約4キロメートルか。「高畑橋南」を右折して浅川を渡り、国道20号線(旧中山道)を左折、松屋を右折すると日野中央公園と隣接する市役所・市民会館に着く。チケットを交換し、開場時間12時20分まで、日野中央公園で待つ。
DSC07228.JPG
浅川に架かる高幡橋

DSC07229.JPG
日野市民会館

 都響プレミアムコンサートは、1964年に開催された東京オリンピックを記念して1965年に東京都が設立。多摩と島しょ地区で開催される無料のコンサートで、これまでこだいら、福生、多摩で公演され、今回の日野は4回目の公演。指揮者は、梅田俊明さん。最初の演目は恒例の「オリンピック・マーチ」次いで、サラサーテの「カルメン幻想曲OP.25」ヴァイオリンは韓国のパク・ヘユンさん。指揮体験コーナーで、ビゼーの「歌劇 カルメンより前奏曲」で二年生の双子の女の子、4年生の男の子、指揮の経験があるという元教師が挑戦した。最後の演目は、ビゼー《アルルの女》組曲第2番」いずれも聞いたことのある楽曲だったので気持ちよく聞くことができた。流石にプロは違う。
前日、杉並公会堂で金山隆夫指揮のカラー・フイルハーモニック・オーケストラ第9回演奏会を聞いた。曲目はドビッシー「牧神の午後への前奏曲」、Rシュトラウス「交響曲 死と変容」、ムソルグスキー「組曲『展覧会の絵』」。管楽器の出だしが不調で、全体の印象が良くなかった。社会人のオーケストラだから大目に見るべきだが、私には十分楽しめた。
今月は他にに9月3日にNBAバレエ公演「HIBARI」。9月13日に国大音大Basicオーケストラ・コンサートで、家田厚志指揮、モーツアルトの歌劇「フィガロの結婚」K.492より序曲、ベートーベン「交響曲第5番『運命』作品67より第一楽章など。
9月16日にフリーデンスクラング第10回演奏会で、大貫ひろし指揮、チャイコフスキー「バイオリン協奏曲ニ長調〈独奏高木聡〉、チャイコフスキー「交響曲第4番ヘ短調」を聞いた。

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(59)  コメント(3) 

「ボストン美術館の至宝展」東京都美術館とグルメ丼グランプリの「さいとう割烹」へ! [東京・青梅周辺]

「ボストン美術館の至宝展」東京都美術館とグルメ丼グランプリの「さいとう割烹」へ!
DSC07167.JPG

 9月20日、第三水曜日の東京都美術館は、65歳以上の都民は無料で鑑賞できる。前日夜のグルメ番組で東京・入谷の「さいとう割烹」が紹介されていた。隣で魚屋を営んでいて、2100円のお刺身料理は、お見事だった。そこで食べてみたいと、向かった。上野の東京都美術館と入谷は、歩いて20分ほどの距離。

 11時15分頃着くと、すでに20人が並んでいた。営業時間は11時30.分からで、店内は80席があるようで、すでに1回目の入店客が入ったばかりだ。並んでいる間に、従業員が人数と注文のメニューを聞きに来た。850円、1,050円のランチの内1,050円の海鮮丼を注文した。1時間待ってようやく店内に。店内の壁には芸能人?などが残した色紙が展示されていた。4人テーブルの相席で、前には中国人の二人連れが、刺身定食と天丼定食をのんびり食べていた。10分ほど待って、届いたランチは予想通りの豪華版だった。活きがよく、量的にもこの料金にしてはとてもお得だ。店内に、「2015年総合グランプリ『海鮮丼具大盛り』したまちフードフェス」の賞状が展示。店を出る時には列は店の角を曲がって続き、6~70人はいたか。
DSC07150.JPG
DSC07151.JPG
DSC07152.JPG
DSC07154.JPG
DSC07155.JPG
DSC07157.JPG
DSC07158.JPG
DSC07160.JPG
上野駅構内
DSC07162.JPG
DSC07163.JPG
上野公園

上野公園の東京都美術館へ13時15分着。並んだ最後尾の知らせには、30分待ちとあった。地下一階から2階は非常に混んでおり、なかなか歩みは進行しない。係員の「空いている2階から見て、また戻ることができます」との案内に従うことにした。ボストン美術館所蔵の珠玉の80点が展示。案内チラシの「ゴッホのルーラン夫妻」、ジョン・シンガー・サージェントの「フイクス・ウォレント夫人と娘レイチェル」、クロード・モネの「睡蓮」、「ツタンカーメン王頭部」、英一蝶の1713年作「涅槃図」など。写真はいずれも案内チラシから。
DSC07166.JPG
DSC07167.JPG
DSC07169.JPG
DSC07170.JPG
DSC07171.JPG
DSC07172.JPG


東京都美術館「ボストン美術館の至宝展」鑑賞の手引きとして、以下のブログを参考にしてはいかが?
ブログ「アートの定理」
 http://blog.livedoor.jp/origami06/archives/17459174.html#target1
とても勉強になります。内容は
〜目次〜
1. 展覧会の基本情報 2. 例えばこんな作品がありました
①ゴッホとモネの比較ができる! ②古代エジプトの絵は横顔ばっかり
③なかなか見られない中国美術  ④村上隆も!現代アートコレクション
3. 逆に惜しかったところ①無いです
4. まとめ

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(48)  コメント(0) 

都立福生高校の文化祭「第47回東雲祭」・演劇部の鑑賞! 2017年9月16日(土) [東京・青梅周辺]

都立福生高校の文化祭「第47回東雲祭」・演劇部の鑑賞! 2017年9月16日(土)
DSC07132.JPG

 演劇鑑賞の裾野を広げられないかとの思惑で、まず私が若い人たちの演劇を鑑賞したいと都立福生高校の文化祭・第47回東雲祭へ足を運んだ。JR福生駅西口を出て、マンホール絵に興味がわいた。福生は七夕祭りで有名になっているので「七夕の絵柄」だ。「出会いの像」の一角には、長いベンチに沿って、七夕由来のはなしと絵が紹介されていた。
第67回福生七夕祭りhttp://www.fussakanko.jp/pa0209/pa0209_01.html
DSC07127.JPG
DSC07128.JPG
マンホールの絵
DSC07145.JPG
DSC07149.JPG
出逢いの像

 徒歩15分も行くと、高校生の家族たちが三々五々高校へ向かっている。午前9時からは体育館でダンス部の発表が予定されている。校舎には「全国大会進出」の垂れ幕があった。
9時から30分間見ることができた。四十数名の部員で、人気の部活動らしく、演じるたびに観客の憧れの踊り子に対するエールがすごい!
DSC07132.JPG
DSC07133.JPG
DSC07134.JPG

 9時半からの演劇部の視聴覚室へ向かう。教室も狭く、観客も少ない。50分間、「合格ラインがやってきた」という演目。仲良しの59番と60番の間に、運命の「合格ライン」を引く女性がやってくる。何とか線引きをやめさせようとする59番と60番。後半は100番と0番も絡んできます。「百点までは一点刻みの世界、つまり順位をつけたり分けたりすることのできる意味のある世界として残って、このセンからこっち側は全部ゼロ。もう意味のない世界になるわけだ。なんていうか…切り捨てるって感じだな。」
そして最後は、線引き人に「 アッ、あの! …ひとつお聞きしてもよろしいでしょうか…。……あなたは…。(意を決したように)あなたは誰なんですか!」
DSC07141.JPG

 10年間、顧問をされてきた水谷先生は、7月半ばにこの演目が決まり、実質2か月の練習期間だったこと。社会人になって、働きながら演劇を続けることは、働く環境や会場費の負担が大きく大変なこと。演劇を観に来てくれるだけでも、部員たちの励みになることなどを語ってくれた。プログラムには、今回の演目が記されておらず、事前に演目や演目の趣旨などを知りたかった。
参考:台本
http://bibuya.com/list/%e5%90%88%e6%a0%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%8c%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%9f%ef%bc%81/

 生け花部の教室を見て、受付玄関に展示されている、各クラスの看板のコンテストの投票をして、都立福生高校を後にした。
DSC07142.JPG

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(54)  コメント(0) 

NBAバレエ団「HIBARI」評について、ブログの紹介。 [東京・青梅周辺]

NBAバレエ団「HIBARI」評について、ブログの紹介。
DSC07097.JPG

 前回のブログで、紹介したNBAバレエ団の「HIBARI」鑑賞について、素人の私には評価ができないので、ブログで内容については紹介できなかった。同伴したIさんの同級生でバレエ関連書籍の出版をし、自らもバレエ教室に通われている鵺子(ぬえこ)名で書かれているブログをご紹介します。http://nuekoballet.jugem.jp/

ブログのタイトルは、
鵺子の「スウィーツ・アンド・ザ・タウン」
―仕事とバレエとお菓子の日々 ※ 東京・南青山で繰広げられるささやかな物語―

 バレエに関心のある方、バレエ専門知識やバレエ鑑賞を肩ひじ張らずに学べるエッセイかな?と思えます。私は前回ブログに紹介した田中久子著「日本バレエを変える コーイチ・クボの挑戦」一冊で、そこそこのバレエ知識を持ったような気がしてきた。これから、私も時々、鵺子の「スウィーツ・アンド・ザ・タウン」を訪れて、優雅なひと時を持ちたい。
美しいもの、強いものに惹かれるのは人情。一歩踏み出すことで、さらなる好奇心がむくむくと湧き上がるのだと思う。

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(40)  コメント(0) 

いくつかの縁を取り持って、NBAバレエ団「HIBARI」を見に行く! 2017.9.03(日) [東京・青梅周辺]

いくつかの縁を取り持って、NBAバレエ団「HIBARI」を見に行く! 2017.9.03(日)
DSC07081.JPG
東京芸術劇場 プレイハウス

 某新聞社のNBAバレエ団公演のプレゼントに応募して、当選のはがきが舞い込んだ。
NBAバレエ団とは、特定非営利活動法人日本バレエアカデミーバレエ団の略称。1993年。バレエを通じて日本の人々の文化生活を豊かにすることを目的とし、多くのバレエ作品を公演している。
 SS席二名の招待券で、通常は一人12,000円の入場料。妻は都合で行くことができないので、老人会の俳句仲間に何人かに声をかけた。結局、宝石商を営んでいるIさんが同伴することになった。彼女は某都立高校の同級生で「日本バレエを変える コーイチ・クボの挑戦」を執筆した田中久子さんだった。久保紘一さんとは、今回公演するNBAバレエ団の芸術監督・演出だ。
 田中久子さんと久保紘一さんとのつながりは、田中久子さんはバレエ関連の書籍を専門に出版する㈱チャイコを運営している。田中久子さんが2013年秋から、職場に近い久保紘一さんが教えるバレエスタジオ「エンジェルR」に初中級クラスに通っていた。友人がたまたま「先生ってアメリカの『ダンス・マガジンに』特集されているのよ!」と記事を見せられた。ここで「先生はこんなに凄いダンサーだったのか!」と知ったという。
DSC07078.JPG
DSC07080.JPG
田中久子著「日本バレエを変える コウイチ・クボの挑戦」

 久保紘一さんは、1972年10月東京生まれ。コロラド・バレエ団の元プリンシパルダンサー。1989年、16歳で第6回モスクワ国際バレエコンクール、シニア・ジュニア男女混合ソロ部門でトップの成績を収めた。1991年2月、18歳でボストン・バレエ団のゲストとして踊り、8月再渡米し、以来アメリカで踊り続けた。身長が165センチというバレエダンサーとしては、不利な身体条件ながら、特異まれな技術・音楽性を駆使して克服、成功をおさめた。2010年に脱退し、NBAバレエ団のバレエマスター、2012年からは芸術監督を務めている。
田中久子さんは、2014年11月、スタジオの先生である久保紘一さんに出版の話を持ち掛けた。「背が低いというハンディがありながら、マジョリティのアメリカに乗り込んで、どうやってプリンシパルとして踊ってこれたのか?さらに先生は日本のバレエはおかしい。プロと称するバレエ団で踊っているダンサーたちの現実が酷過ぎる、変えなければならないとのお考えだとも聞きました。」こうした疑問を余すことなくお伝えしたのが、この書籍だった。

 Iさんにバレエ公演三日前にこの書籍をお借りして、読了したことでこの公演の理解が深まることとなった。当日、東京芸術劇場プレイハウス 中ホールの座席は、1階SS席A列13、14番だった。最前列で「これでは近すぎてダンサーの足元が見えない、首が痛くなるんじゃないか」と係員にもう少し後ろの席に変えていただけないか?と懇願したが、ダメだった。二階席は空きがあったが、遅れてきた予約席の代替席だという。でも結果的には、最前列ならではの素晴らしい体験をさせていただいた。男性ダンサーは上半身裸体で、鍛え上げられた体の筋肉の動きや汗のかき具合、踏ん張っての静止状態が足が震えるほどこらえる状態がわかるほどの近距離での鑑賞となった。ダンサーたちの顔の表情も勿論である。
観客によっては舞台全体の構成や流れも見てみたいという方には、前列の席は不都合かもしれない。クラッシックコンサートの場合、私は前列の5~7列目の中央やや左側のコンサートマスターの表情が見える場所をとることにしている。左に寄り過ぎては、ヴァイオリンの音が強く、右に寄りすぎると低音のベースの音が強く感じてしまう。音曲全体のバランスを考えて二階席が良いという人も居るかもしれないが、私は視覚的にも刺激を求めたいので・・・。

 ダンサーは30名弱出演して、最後の挨拶に芸術監督・久保紘一さんが挨拶をされた。往年の細身の鍛えられた体とは言えない貫禄のある体格だった。伝統的なバレエを変えて、日本の若手バレエダンサーが日本でも食べていけるような新しい分野を「HIBARI」は構築したのでは、との感想を素人ながら思った。
客席の9割以上は年配の女性で埋め尽くされていた。バレエが好きな方だけではなく、美空ひばりが好きだから来たという観客が多い印象だった。今後は「石原裕次郎」とコラボするとかいくらでも新境地を進化させることができそうだ。

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(59)  コメント(1) 

2017年5月から、天然温泉が近い青梅事務所を処分するために不動産業者に依頼! [東京・青梅周辺]

2017年5月から、天然温泉が近い青梅事務所を処分するために不動産業者に依頼! 
DSC07038.JPG
2階北向きの洋室からの眺望
DSC07047.JPG
真ん中の家
DSC07046.JPG

 私は2013年8月に旅行業をやめ、仕事から手を引いた。翌年6月、思い切って、スペイン聖地巡礼の旅を35日間で歩き繋ぎ、45日間のスペイン・フランス・デンマークの旅を終えた。それから3年、法人が持つ事務所の維持が負担となり、いよいよ処分することになった。固定資産税が7万円、電気ガス・上下水道や火災保険や自動車の維持費もかかった。
法人を廃止するには法人所有の財産の処分が必要で、事務所の処分が欠かせない。

 2017年5月、住友不動産販売に声をかけ、希望販売価格を1,080万円で販売物件登録をしていただいた。(物件番号100085026677 一戸建て:青梅市長淵8-172-15) 隣の自宅と同年の築28年。土地は128㎡、建物は1階52.17㎡、2階46.37㎡。購入の2006年に1階部分の6畳和室と8畳洋室をつなげて、フローリングと床暖房に改修。2階は従来通り6畳洋室、6畳和室×2室のまま。1階部分は机椅子やビジネスコピーやキャビネットなど事務用品がそのまま、2階部は書棚やベット等がそのまま置かれていて、写真を撮ることができなかった。とりあえず、外観の写真だけで紹介することに。

 不動産会社の物件紹介では、我が事務所だけが外観の写真のみで情報が乏しい。それで、①10年前に購入するまで、老夫婦が住んでいて煙草は吸わない、扱いが丁寧だったこと。②1階の日当たりが良く、床暖房フローリングに改修してまだ10年であること。③外壁の壁塗りと屋根の清掃は3年前に終えたばかりであること。④2階は、多摩川を越えて青梅市街地の眺望ができること。青梅市のイベントで毎年開催される8月第1土曜日の花火大会の様子が窓越しに素晴らしい景観が楽しめること。⑤青梅市内に3カ所の天然温泉、歩いて徒歩10分のところに「かんぽの宿鮎美の湯」があると伝えていた。
だが、部屋の内部の写真がないため、問い合わせで、見学に来る人はいなかった。いよいよ本気で売るためには、物件の詳しい情報が必要。アルバイトでやっていた障がい者・児の移動支援ヘルパーの関係で、登録していた会社が、新しく作業所をつくることを聞き、「良ければ事務用品、事務机・椅子、キャビネット・白板・シュレッダーなどを8月21日に取りに来ていただいた。
 屋内の写真を撮影するために、必死に部屋の片づけを黙々とやった。2階部分は事務所としては使用していなかったが、家族の所有する書籍や衣類・雑貨などの物置き状態だったから、一軒家の引っ越しをするようなものだった。8月28日、ようやく1・2階部分の整理がつい、写真撮影をすることができた。外観は隣の自宅の二階から、斜め上から撮影した。
DSC07059.JPG
DSC07054.JPG
1階のフローリング・床暖房(奥の厨房にカーテンの仕切りでつながっている
DSC07056.JPG
厨房
DSC07064.JPG
1階のウォシュレットトイレ
DSC07063.JPG
1階の浴室
DSC07065.JPG
2階のウォシュレットトイレ
DSC07066.JPG
2階から階段下
DSC07068.JPG
玄関の吹き抜け
DSC07033.JPG
DSC07034.JPG
二階洋室・北向き
DSC07037.JPG
二階洋室からの眺望・青梅市街地
DSC07041.JPG
二階6畳和室
DSC07043.JPG
二階洋室・ベットはじきに運び出す


 これまで都内に住む人の別荘として検討するが駐車場が1台分しかないことに難を示していたらしい。アクセスはJR青梅線の東青梅駅と青梅駅からどちらからも徒歩で20分。青梅駅からはバスで4分、上長淵停留場で下車し、徒歩4分。多摩川まで徒歩5分、奥多摩や五日市までJR路線あり。天然温泉は車で1分(歩いて10分)のところに「かんぽの宿青梅」の鮎美の湯、車で8分(徒歩30分)のところ・JR河辺駅前「河辺温泉の梅の湯」、青梅市内に車で15分のところに岩蔵温泉。近隣には車で20分のところに「つるつる温泉」、25分のところに「瀬音の湯」、30分のところに「昭島温泉湯楽の里」もある。考えてみると天然温泉の 宝庫ともいえる。山や川遊び、歴史ある伝統的なイベントも盛りだくさん。都会の人にとっては、同じ東京都内の自然あふれる別荘として、アクセスの便の良い別件だと思う。一度ぜひ見に来てください。

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(56)  コメント(0) 

障がい児・者の移動支援ヘルパーの仕事をして10か月。2017年8月19日 [東京・青梅周辺]

障がい児・者の移動支援ヘルパーの仕事をして10か月。2017年8月19日
夏 風鈴と朝顔.jpg
画 金森 達

 リタイアしてから、自分の都合よいスケジュールで仕事ができることを条件に探して、2016年5月9日までクラブツーリズムのテーマのあるツアー添乗員をしていた。添乗員での様子をブログに紹介したことが社の規定に反するといわれ、「ブログをすべて削除するか仕事を辞めるか」と迫られ、クラブツーリズムの添乗員をやめた。
 その後、たまたま隣家のK氏から、障がい児・者のヘルパーのアルバイトをやらないかとのお誘いがあった。毎月20日に来月の仕事を受けられるスケジュール表を出して、その日程に当てはめてくれるという。条件として、東京都が実施している障がい児・者移動支援従事者養成講座を受講すること。毎週日曜日の3日間、小金井市にあるケアこげら小金井事務所で講座費用12,000円を納めて受講した。
「様々な障がいがあっても、お金の管理や切符を買うなど少しの支援で買い物やボーリングを楽しむことができます。重い障がいを持っていても、カラオケやハイキングだって可能です。障がいのある方の外出や社会参加にあなたの力を貸して下さい」(養成講座のチラシ)移動支援ヘルパーは、障がい者と行動を共にして、障がい者にできないことをサポートして、日常生活や社会参加のお手伝いをすることになる。

 最初の2回はお隣のKさんに同行して、見習いの移動支援ヘルパー。2017年12月から、私のスケジュールに当てはめていただいた移動支援ヘルパーの仕事をこなし、8月末で10か月になる。当初は初心者にふさわしい対象者につけていただいたようで、施設に入所されている方や自宅に対象者をお迎えして1~6時間の散歩、お買い物などから始めた。そのうちにカラオケやボーリング、映画鑑賞、プールでの水中歩行、トレーニングジムでの見守り、実家への送り迎えなどじつにさまざまだ。いくつかの組み合わせで長い時間を過ごすことも増えてきた。散歩をしながら買い物、カラオケとか。対象者が仕事を終えて、17時から温泉入浴に行く、カラオケに行くこともある。
考えてみれば、健常者が日常行っている行動を何らかの事情で一人ではできないことでも、家族やヘルパーなどの手を借りられれば、健常者と同じように行動することができる。ごく当たり前のことが、これまでできなかったということだろう。

 ヘルパーの時給は、1,100円~1,600円で対象者の状態やヘルパーの内容によるようだ。今私が所属登録している所は、対象者に合流するまでの交通費は、ヘルパーの自己負担となる。私の場合、自家用車は妻が優先で車を使っているので、車がないときは、登録事務所の車をお借りするか、バス電車での移動になる。私のライフワークの一つに「旧街道歩き」があり、一日に1万歩を歩くことが目標なので、移動支援ヘルパーで2~4時間で8~15㎞歩く対象者もあるので私にとってはちょうど都合のよい仕事だと思っている。

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(33)  コメント(0) 

西多摩地区の演劇集団について、考える。 2017年8月12日 [東京・青梅周辺]

西多摩地区の演劇集団について、考える。 2017年8月12日
DSC07031.JPG
2017年7月の「第二回HAMURAメリーリボン演劇祭」で演じられた劇団宙の演目

 8月3日、都立羽村高校を訪ね、演劇部の情報をいただいた後、8月9日に都立福生高校へ出かけ、副校長にお会いした。高校1年生の6組は放課後演劇に練習を積み、演劇部と合わせて文化祭で演劇の成果を文化祭で発表されたこと。全学年での演劇の取り組みは珍しいようだが、都立国立高校でも1年生が演劇を取り組んでいるという。福生高校一年生の各組の昨年の演題は、「現代版桃太郎」「赤ずきんちゃん」「The補講~早く授業を終わらせよう!~」「先生を絶望させると世界が終る」「チョコレート戦争」「白雪姫」だった。

 2016年7月22日~23日に行われた「第二回HAMURAメリーリボン演劇祭」の参加団体を紹介する。以下、ネットで調べた情報を整理する。

「演劇集団 銀のすず2号」代表:大野英子[電話]042-555-2586 会費:月2,000円、入会条件60歳以上。土曜日、ゆとりぎコミュニティセンター・年1~2回公演。市内老人施設、保育園でのボランティア公演あり。
  
「劇団 宙(そら)」羽村市で活動するアマチュア劇団。アマチュアからセミプロへ。昨年の第二回HAMURAメリーリボン演劇祭(7/22~23)の演目「虎落笛(もがりぶえ)~森鴎外『安寿と厨子王』より~」代表:塩田真紀子[電話]042-579-0365 会費:月500~1,500円、入会条件、中学生以上。日曜日9時~12時。ゆとろぎコミュニティセンター。

「劇団さんまるはた」某都立高校の演劇部OB・OGで劇団を立ち上げ。西多摩地区を中心に活動中。昨年の7月『第2回HAMURAメリーリボン演劇祭』にて「ハバナイスデイ!」公演。

「劇団 マイスター」西多摩で活動する社会人演劇集団。元福生、五日市、羽村高校の演劇部卒業生で始めた。現在はほとんどが10代後半から20代半ばの社会人。土曜日等に毎週福生市の会館等で1・2回の練習。主宰:高井まさひろ
       昨年の第7回公演「リレイヤーⅢ」

東京都立羽村高校演劇部 2017年文化祭 一般公開日9月16日(土)11寺30分~、14時~ 約40分間
東京都立福生高校演劇部 2017年文化祭 9月16日(土) 9時30分~50分間
                            9月17日(日)13時30分~50分間

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


nice!(41)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る