So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018年の目標を考える!2017年を振り返ると・・・。 [東京・青梅周辺]

2018年の目標を考える!2017年を振り返ると・・・。
江戸の旅・お伊勢参り.jpg
金森 達 画

2018年の目標を考えるに当たり、2017年の行動を振り返ることが大事だ。日記を振り返ると、年間通じて追及してきたこと。
○老人会の俳句倶楽部の句会を中心に、雑誌新聞等への投句活動。「サンデー俳句王」佳作入選4回、「地」入選1回。東京俳壇佳作2回、むさしの俳壇佳作10回、NHK俳句佳作2回。
○障碍者移動支援のアルバイトを続ける。
○妻との日帰り、宿泊旅行(日帰りは河津桜花見、高田城桜花見、あしかがフラワーパークの藤花の 3回、宿泊は函館・鳴子温泉、湯の川温泉の法事を含め2回)。
○移住を検討して、古民家探し。徳島県勝浦町、奄美大島の二回。
○ライフワークの旧街道歩きと温泉巡り。四国遍路1~20番の歩き繋ぐ。
○海外旅行はクロアチア、スロベニアなど5ヶ国で温泉入浴1ヵ所。
○趣味の月平均2回のクラシックコンサートと年5回の演劇鑑賞を追及できたこと。
こうしてみると、結構動き廻っていたことになる。これらを可能にしたのは、健康上いろいろな後遺症や持病を持ちながらも、歩ける体調を維持できたこと。さらに経済的には、アルバイトで月に4~5万円程度の資金が年金のほかに確保できたこと。また、アルバイトが私に都合で決められる仕組みだったことによる。

 さて、2018年の目標は?というと、
○従来の延長線でやり続けること。俳句の投句活動、アルバイトで資金確保&健康確保。趣味のクラシックコンサート&演劇鑑賞。
○古民家探し&四国遍路21番以降の挑戦。旧街道歩きのさらなる追求。
○海外での温泉巡り・・・インドネシア・バンドンを基点にアパートを借り、温泉巡り一か月滞在体験を追及。
健康上さまざまな不安があるが、それでも前向きの新たな挑戦を続けていくことが大切。問題があれば、その都度対処すればよいと楽観的に考えらればと思う。

☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ

nice!(68)  コメント(1) 

2018年 謹賀新年&年賀状のこと 半世紀ぶりの版彫り制作。 [東京・青梅周辺]

2018年 謹賀新年&年賀状のこと 半世紀ぶりの版彫り制作。
DSC09050.JPG
新井薬師入り口

新年あけましておめでとうございます。

昨年は私のライフワークであった「旧街道歩き」では、四国八十八遍路歩きの1番から20番までを歩き繋ぎました。「温泉巡り」では、クロアチアの温泉に入浴する機会がありました。国内では函館の湯の川温泉、宮城県の鳴子温泉に、また仕事の関係で近所の温泉にも何度も入浴することも出来ました。
暖かい地方への移住生活を夢見て、徳島県勝浦町、奄美大島へ古民家探しにも挑戦してきました。家族全員が当面無理でも、とりあえず一人暮らしができればと思っています。
俳句生活では、これまでになく多くの雑誌・新聞媒体に投句を広げました。結果的には多くの句を作ることで少しづつ上達できたかなと実感できる一年でした。

さて、今年の抱負は、四国遍路を21番から繋いで歩くこと、海外温泉はインドネシア・バンドンに腰を据えて1か月くらい滞在しながら温泉巡りをしたいと夢を膨らませています。俳句生活は作句の数量と共に質を高める努力を続けたいと思います。

初詣は、中野区の新井薬師梅照院に行ってきました。
DSC09036.JPG
DSC09050.JPG
DSC09039.JPG
DSC09047.JPG
山門の修理の跡が見える柱
DSC09042.JPG
DSC09048.JPG
新井薬師本堂

 僧行春が開基となり、天正年間(1573-1593)の創建と伝えられ、江戸時代には「子育薬師」として有名だったようです。境内には食べ物や射的などの屋台が並び、参詣客が楽しんでいる様子が見られました。

今年の年賀状は、大晦日に作りました。版彫りにしようと100円ショップに彫刻刀、彫刻用の版木、絵の具、筆を一カ所で買い求めることができました。中でも彫刻刀セットが108円で飼えるとは驚きでした。それから何を彫るか?俳句倶楽部で地元の老人会から「慶祝句」を一句提出するよう言われていたので、提出句「かく生きた語り部たらん年新た」を彫りこむことに。メモ用紙にマジックで書き、それを裏返しにして版に糊付けする。その字の輪郭を彫刻刀で掘り込む。約二時間かかり、何とか形になりました。絵の具は赤、緑、青。筆で版の表面を塗り、年賀状に刷り込む。まあまあ、初めてだからこんなもんだろう。何といっても五十数年ぶり、半世紀ぶりの版彫りでした。
DSC09034.JPG
すべて100円ショップで調達、〆て432円
DSC09035.JPG
DSC09033.JPG

☆奄美大島へ友人と古民家探しに行く!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28
☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ
nice!(65)  コメント(10) 

奄美大島へ・加計呂麻島へ友人と行く!年寄りの珍道中ご報告!その2.

奄美大島へ・加計呂麻島へ友人と行く!年寄りの珍道中ご報告!その2.
DSC08901.JPG
加計呂麻島の巨大ガジュマル

古民家探しの3日目に天候予報の「曇りのち晴れ」に小躍りし、「男はつらいよ!」のロケ地・加計呂麻島へ行くことになった。名瀬から「黒潮のマングローブの森」を経由して古仁屋港へ。古仁屋港のある瀬戸内町はクロマグロ養殖日本一だそうだ。

レンタカーごとフェリーに乗せて約25分で瀬相港へ。古仁屋フェリー乗り場案内所で聞いたロケ地巡り効率の良いルートを聞いた。まず諸鈍の浅丘ルリ子演ずるリリーさんの家(今は旅館)へ向かう。海岸のデイゴの並木道があるところ。5~6月に朱色の花が咲き乱れ、琉球交易で港の目印になっていた。小さな家だ。デイゴの枝は青々と茂っていた。
DSC08866.JPG
DSC08869.JPG
DSC08871.JPG
DSC08872.JPG
DSC08880.JPG

さらに山を越え、寅さんの甥っ子が、彼女と戯れた徳浜海岸へ。海岸近くのペンションの電話番号でカーナビ入力をしたが、正確でなく方向違いの「秋徳」へ行ってしまった。
時間を浪費して着いた徳浜海岸は、季節外れで一人っ子いない。白いテーブルには白い巻貝などが置かれたまま・・・。海岸にはゴミが流れついて、寂しい風情だ。港で買い求めた弁当を頬張る。
DSC08893.JPG
DSC08894.JPG
DSC08887.JPG
徳浜海岸

 フェリー乗り場に戻って、途中の於斉(おさい)の巨木ガジュマルを目指す。ガジュマルの枝にはブランコがつながれていた。子供たちの遊び場になっているのか。時季外れとはいえ、ようやく晴れ間を見せた加計呂麻島に『奄美大島に来たかい』が感じられた。
DSC08896.JPG
DSC08897.JPG
DSC08899.JPG
DSC08901.JPG
DSC08904.JPG
DSC08905.JPG

4日目の宿は奄美空港の手前、笠利町用安の奄美リゾートホテル&コテージばしゃ山村。用安海岸に面する広大な敷地。宿泊施設、レストラン、体験村のケンムン村、マリンスポーツ、挙式開場などがある。ケンムン村は島人になる体験、古代焼体験、お菓子作り体験、島唄体験、塩作り体験ができる。部屋は本館の213号室で中庭には美しいプールがあり、海岸が見渡せる。1階フロアの男女別浴場には内風呂と温めの海水風呂がある。
DSC08951.JPG
DSC08909.JPG
DSC08911.JPG
DSC08912.JPG
DSC08913.JPG
DSC08915.JPG
DSC08919.JPG
DSC08921.JPG
DSC08923.JPG

夕食は隣接のレストランで、エビフライ定食、鶏飯定食&お刺身盛りをいただいた。奄美の代表的な鶏飯は、かつて薩摩藩の大官にふるまった鶏肉と米を使った島最高の料理だという。鳥のささ身、錦糸卵、わけぎ、椎茸、パパイヤ漬け、レモン皮、刻み海苔、もずくなどで出来ている。アツアツの鶏ガラスープをかける〝ダシ茶漬け“だ。このスープの味が最高だ。
DSC08928.JPG
DSC08956.JPG
DSC08958.JPG

奥敬太取締役にこの宿の歴史のお話を伺った。初代・祖父はこの地でバナナ栽培をしていた。二代目・父の代で旅館営業を始め、三代目で多用安海岸を生かした角的なリゾート地へと拡大・進化したという。

翌日朝、海岸を散策した後、レストランで朝食をいただいた。
DSC08943.JPG
DSC08944.JPG
DSC08941.JPG
DSC08934.JPG
DSC08969.JPG
DSC08972.JPG
DSC08962.JPG

 見学はまず大島紬村へ。紬のできるまでの一貫作業をしていて、その流れに沿って説明していただける。敷地1万5千坪の亜熱帯植物庭園が素晴らしい。同時間にクラブツーリズム主催の東京からのツアー客と一緒になった。あらゆる紬の中でも最も手間のかけられた紬。職人の技の精緻さに脱帽。泥染めの由来は昔厳しい税の負担を避けるために、泥の中に紬布を隠した。それをあとで取り出すと美しい黒色に染められていたことを発見。
DSC08974.JPG
DSC08980.JPG
DSC08987.JPG
DSC08988.JPG
DSC08993.JPG

 その後、黒糖焼酎の「高倉」「じょうご」などを造る「浜千鳥館」見学、
DSC09001.JPG
DSC08996.JPG

 土森海岸でランチ、あやまる岬で午後のコーヒーを楽しんだ。
DSC09003.JPG
DSC09009.JPG
DSC09017.JPG
DSC09014.JPG
DSC09012.JPG
DSC09021.JPG

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ

nice!(82)  コメント(2) 

奄美大島へ古民家探しに友人と行く!年寄りの珍道中ご報告!

奄美大島へ古民家探しに友人と行く!年寄りの珍道中ご報告!
DSC08787.JPG
羽田から奄美大島へ、下界の富士山の眺望

12月18日からの4日間。名目は一人暮らしを求める年寄りの移住古民家探しだが、もともと「なんで奄美大島か?」
実は、平成7年12月公開作『男はつらいよ 寅次郎紅の花』第48作目 
https://www.tora-san.jp/movie/48/ にある。20年前の作品の印象であった。寅次郎が奄美大島で女優だったリリーとばったり会って何日かリリーの家に居候していた風景の記憶だった。常夏の島・奄美大島に住むのもいいなと。
さて、JAL659便の飛行は天候に恵まれ、富士山の眺望は素晴らしかった。孫悟空か神にでもなって飛行したような感覚だ。
DSC08783.JPG
DSC08790.JPG
JAL659便からの下界の眺望

到着後、奄美大島の空港前のトヨタレンタカーで車を借りて名瀬のホテルビッグマリン奄美へ向かう。途中の小さな食料品店でお刺身などの夕食の食材を購入した。店の主人に美味しい焼酎「高倉」「じょうご」を紹介してもらい2本購入。
ホテルは名瀬長浜町・奄美博物館のすぐそば。ホテルは八畳バストイレ付きの和室501号室、の設備まあまあ。トイレのウォシュレットの水の勢いがない。2階フロアの大浴場には光明石温泉の湯船とサウナ。奄美大島のこの時期は閑散期で、陸上競技など内外のスポーツ関係者の利用が多いようだ。夜は友人とビール、焼酎を散々飲み、何度もお風呂に入った。
DSC08797.JPG
DSC08802.JPG
ホテルの大浴場
DSC08852.JPG
ホテルの部屋からの眺望
DSC08803.JPG
焼酎・高倉とじょうご

 天気は4日間の滞在中、曇りで雨の確立が10~30%との予報で、「これは来る時期を間違えたか?」と後悔し始める。

二日目、朝食は名瀬入船町の24時間営業のジョイフルへ。歓楽街の屋仁川通りの一角だ。もう小雨が降ってきた。9時過ぎに全国紙とサンデー毎日を読みたいと県立図書館へ行ったが、全国紙は一日遅れ、サンデー毎日は置いてなかった。サンデー毎日の「俳句王」に俳句投稿していて、発売日が火曜日なのだ。近くの不動産屋「池田不動産」に目を留め、行くと店の人は外出中の張り紙が・・・。仕方なく、表通りではなく、山際に立つ古い空き家らしいところを見回ることに。
DSC08807.JPG
 
 後日、ホテルの従業員に聞いた情報で、奄美大島のサービス業に雇用の需要があり、募集しても若い人が来ないという。年配の女性が「やめたいのですが・・・」と切り出しても「やめてもらっては困る」と慰留されているという。名瀬から30分車で通う若者のために家賃3,000円部屋を用意してあげているという話も聞いた。だから若い人の需要は確かにあるのだろう。

二日目は、時々雨が降る中、大浜海岸から、名瀬から車で南西へ40分走った「環境省奄美野生生物保護センター」へ出かけた。国の施設なので野生生物のアマミノクロウサギやマングース、マムシなどが観られと思ったら、皆はく製でがっかりした。
DSC08811.JPG
DSC08812.JPG
DSC08813.JPG
DSC08814.JPG
大浜海岸
DSC08815.JPG
DSC08816.JPG
環境省奄美野生生物保護センター玄関を入って正面
DSC08817.JPG
DSC08823.JPG
DSC08818.JPG
館内・与論島の案内
DSC08828.JPG
環境省奄美野生生物保護センター
DSC08833.JPG
奄美博物館正面
DSC08835.JPG
DSC08838.JPG
DSC08840.JPG
DSC08844.JPG
DSC08845.JPG
奄美博物館内展示物
DSC08847.JPG
DSC08850.JPG
奄美博物館外展示物
ホテルビッグマリン奄美で夕食「奄美黒豚のしゃぶしゃぶ定食」

 三日目は、5時頃目が覚め、スマホで加計呂麻島の天気予報が午前中「曇り時々晴れ」だったので友人を叩き起こして、加計呂麻島へのフェリー乗り場・古仁屋港へ向かった。寅さん映画のロケ地だ。詳細は次回へ。
DSC08858.JPG
DSC08860.JPG
奄美大島の古仁屋港
DSC08864.JPG
加計呂麻島へのフェリーから

追伸:ところで、タイトルに「珍道中」と記したのは、どちらも67才になり、物忘れがひどくなった折、旅行中も『勘違い』や『忘れ物』が多く、冷や汗ものの連続でした。羽田空港での待ち合わせ中に、友人はソファの脇にキャスター付きトランクを置いたままで、近くのトイレに行った。戻るとそのトランクがない!そこで私と出会った。20分ほど、トイレなどを散々探し回り、最後に私が「ひょっとしたら、案内所に預けられているのでは?」と行くと「あった!」 空港職員が放置されているトランクを預かったという。

ホテルの精算時に、たまたまホテルウーマンと話しているうちに、トランクと帽子を忘れて出発してしまった。友人が初日から便秘で、頻繁にトイレに行くので、私は「出る時には出るのだから、ほっといたら~」と冷たい対応。私が持参した正露丸を二日目から飲み、3日目の夕方にようやく解決した。

加計呂麻島観光で、カーナビで登録した徳浜海岸のつもりが「秋徳海岸」へ行ってしまった。フェリーの時間が迫っていたので、慌ててしまい、お互いを攻め合ってしまった。血液型のO型とA型の性格がもろに出てしまった。

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ

nice!(36)  コメント(0) 

常夏の楽園・奄美大島へ古民家探しに友人と行く! 2017年12月18日~4日間

常夏の楽園・奄美大島へ古民家探しに友人と行く! 2017年12月18日~4日間
DSC08779.JPG
奄美大島のガイドブック

 今年の春、徳島県勝浦町の古民家のシェアハウスに10日間滞在して、古民家探しをしたことがある。移住に適当な古民家が見つからず、ついでに四国遍路1~20番札所までをつないで歩いてきた。今度はもっと暖かく、大自然に恵まれた場所として「常夏の島・奄美大島」へ目標を定めた。たまたま、長く別居状態から奥さんとの同居生活に戻った古くからの友人が、「俺も一人住まいがしたい」と言い出したので、一緒に古民家を探そうということに。
一度一人住まいを経験してしまうと、妻との同居生活にストレスを感じてしまうのは、私も友人も同じ考えのようだ。
古民家を購入するか、賃貸で借りるかして奄美大島に住んでみる第一歩を踏み出してみる。
DSC08780.JPG
DSC08781.JPG

 12月18日~4日間の予定。1・2泊目は、名瀬の「ホテルビッグマン奄美」の朝食付き、3泊目は「奄美リゾートばしゃ村」朝食付きを予約した。
行きは、JAL659便 羽田空港12時00分発-→奄美大島空港14時30分着
帰りは、JAL658便 奄美大島空港15時15分発―→羽田空港17時05分着
飛行機とホテル3泊分、空港施設使用料合わせて一人39,880円(阪急交通社)

奄美大島の交通は、食事や観光、古民家探しに煩雑に移動することになるので、レンタカーを借りることにした。
移住の相談は、事前にネットの情報で奄美市役所の企画調整課に空き家バンクについて問い合わせをした。するとほとんど空き家が無く、わずか2軒しかないという。現地の不動産屋さんの情報が多いという。徳島県勝浦町のシェアハウス古民家の移住を考える人に提供をしていないようだ。移住者が多い人気の島なのだろう。
現地に行って、どのような4日間を過ごすことになるのか、見当がつかない。次回のご報告をお待ちくだされ。

奄美大島移住ガイドブック https://abcom.jp/works/booklet-ijyu/


☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(37)  コメント(0) 

障碍者移動支援ヘルパーを始めて一周年! 2017年12月10日 [東京・青梅周辺]

障碍者移動支援ヘルパーを始めて一周年! 2017年12月10日
DSC08589.JPG
高尾山山頂からの眺望(11/20)

昨年、11月に障碍者移動支援ヘルパーの仕事を始めてちょうど1年になる。昨年この仕事を知って、資格を得るために3日間講習を受けた。移動支援介護施設に登録し、最初は先輩について一対一での移動支援のヘルパーの仕事を開始した。

現役を引退して、老後の過ごし方を実験的に試してみよう、多くの高齢者にモデルケースとして「こんな過ごし方もある!」と知らしめようとブログで紹介してきた。
日本国内の旧街道歩き、スペインの聖地サンティアゴ巡礼、家出して温泉の町・別府や大分市での生活などを公開してきた。直近のクラブツーリズムのテーマのある添乗員(フェリーフレンドリースタッフ)に次ぐ仕事が移動支援ヘルパーの仕事だ。自分の開き時間を事前にカレンダーを会社に送って、仕事を当てはめてもらう仕組みが、自分の自由勝手な性分に合っている。

半年くらいは、障碍の軽い人たちの散歩、買い物が主だったが、後半からは、障碍者の日常生活の趣味のカラオケ、水泳教室、映画、バッティングセンター、温泉入浴などと範囲が広がった。近郊の公園への散策や、都内の東京スカイツリー、水族館、高尾山登山などへも同伴した。
DSC08568.JPG
DSC08561.JPG
DSC08576.JPG
昭和記念公園(11/3)
DSC08583.JPG
DSC08585.JPG
DSC08589.JPG
高尾山(11/20)

平日は1~2時間と短い散策や入浴などの移動支援が多いが、土・日には買い物と散策とランチの組み合わせで5~7時間と長い時間になることもある。月に10~14日間ほどの日程に、平日は1、2時間。土・日・休日は4~7時間とわりに長いヘルパーの仕事になる。
DSC08598.JPG
DSC08599.JPG
DSC08602.JPG
DSC08615.JPG
東京スカイツリー4階・すみだ水族館&浅草寺

障碍は、話ができない、計算ができない、予定を立てて行動できない、時間の予定が組めない、自分で着替えが全部できない、ランチの内容の選択を決断出来ないなど様々な障碍を持つ人たちに付き添って移動する。不測の事態に手助けする、一部介護することなど臨機応変な対応が求められる。事前に対象者の性格や行動を知らされ、外出時の危険を察知して事前に防ぐ気構えをする必要がある。住宅地の玄関のドアホンを押したがる、踏切の非常ボタンを押したがる、門の扉が開いていると閉めようとするなど。場合によっては、突然走り出して行動を起こすので、常に目が離せない。すぐ腕を抑えられる状態の位置にいなければならないこともある。
DSC08620.JPG
川越・時の鐘
DSC08627.JPG
まつり会館
DSC08639.JPG
喜多院の絵柄マンホール蓋
DSC08634.JPG
喜多院鐘楼

私にとっては、前回のクラブツーリズムの添乗員の仕事に比べると、ずいぶん楽に思える。30~45人の添乗員の仕事は、行程の管理や安全の管理は人数が多い分、とても神経が疲れる。大勢いれば、「車道に出ないように!歩道は対向者のために開けて!」いくら注意して怒鳴り続けていても性格なのか、直そうとしない人がいる。報酬は朝5時に家を出て、夜7~9時に帰宅するという効率の悪さで、時給は800円、前日の打ち合わせは2時間のみ、添乗翌日の精算日は1時間しかつかなかった。それに比べれば、移動支援ヘルパーは時給1,000~1,600円支給され、効率が良いように思える。

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(49)  コメント(0) 

鳴子温泉2泊3日ツアーで、最終日に塩竈神社を散策。 [温泉巡浴]

鳴子温泉2泊3日ツアーで、最終日に塩竈神社を散策。
DSC08712.JPG
塩竈神社名物の志ほがま

鳴子温泉11月26日からのツアー3日目は、フリータイムで仙台から、JR仙石線塩釜に移動し塩竈神社へ向かった。塩釜神社は1200年の歴史を持つ神社、宝永元年(1704年)に建立の本殿や鳥居などが、重要文化財に指定されている。駅からの案内板に従っていくと、昭和四年築の老舗味噌屋や和菓子屋ななどの古い町屋造りの建築物が目につく。味噌醤油醸造元の老舗店「太田與八郎商店。享保五年創業の第十一代目の老舗で銘菓「志ほがま」の製造元「丹六園」。店内は陶磁器の骨董品も展示。もち米の粉に青じそを加えて固めたお菓子で塩竈桜が型押しされていて美しい。この店構えの建物は300年を超えるという。
DSC08743.JPG
DSC08744.JPG
DSC08741.JPG
DSC08712.JPG
老舗銘菓「志ほがま」

 先には、大きな仕込み樽が目印の築160年の醤油味噌醸造元「萩原醸造」。創業300年の「阿部堪酒造店」などいくつかの老舗の商家前を通り表坂参道から参拝へ。202段の階段を上る表坂参道から参拝する。漁業で栄えてきた塩釜市の神社ならではの設備「献魚台」がある。漁師たちは神様に最初に捕れた新鮮な魚を奉納して、航海安全を祈願し、漁へ出るという。
DSC08714.JPG
DSC08719.JPG
DSC08717.JPG
DSC08723.JPG
灯籠と塩竈神社
DSC08728.JPG
志波彦神社

隣接する志波彦神社へ向かうと周辺はまだ美しい紅葉と四季桜を見ることができる。松島湾を借景に池泉回遊式庭園「御神苑」は必見!
DSC08729.JPG
DSC08731.JPG
DSC08733.JPG
DSC08734.JPG
DSC08736.JPG
DSC08737.JPG
DSC08739.JPG
DSC08740.JPG

塩釜のグルメは塩竈(千賀浦)湾の新鮮な海の幸の料理、何といっても寿司で有名。すし哲、亀喜寿司、丸長寿司がおいしいらしいがガイドブック紹介の値は、どれも3,150円で年金生活者には敷居が高い。それで一番館(4階・図書館)向かいにある[ふうらい坊」でランチ・刺身定食と天ぷら蕎麦を賞味した。お刺身の切り身は厚く、とても新鮮だ。
DSC08748.JPG
DSC08745.JPG
DSC08746.JPG
[ふうらい坊」でランチ

この近くには「浦霞」で知られる塩竈神社に献上する老舗醸造元「佐浦」がある。東京青梅のスーパーでも販売しているが、季節限定商品を販売している。

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(42)  コメント(0) 

鳴子温泉2泊3日ツアーで東鳴子温泉、鳴子温泉街を散策。 [温泉巡浴]

鳴子温泉2泊3日ツアーで東鳴子温泉、鳴子温泉街を散策。
DSC08694.JPG
渡部鳴子郵便局長とこけし型ポスト

東北新幹線で行く鳴子温泉へ、妻と出かけた。2泊3日の個人旅行フリーツアーで、新幹線往復料金を含めて一人28,000円だった。東京を11時に出発し、宿への到着は16時近く。3日目の帰りは9時に宿の送迎バスで仙台へ11時着。仙台発の16時44分発までは自由行動。
鳴子温泉は、鳴子温泉郷の一つ。鳴子、東鳴子。川渡、中山平、鬼首の温泉地からなる。私はかつて奥の細道歩きで、このルートを歩いていたのでとても懐かしい。宿は鳴子温泉の入り口にある6階建てのホテル亀谷。60年前からの営業だとかで、ホテル名の「亀」の書がフロントや部屋に飾っている。ロビーには18年前から緑ガメから飼っていて、今直径20センチほどに成長している水槽があ る。
DSC08683.JPG
ホテル亀谷全景
DSC08662.JPG
6階展望大浴場
DSC08667.JPG
1階源泉風呂
DSC08668.JPG
1階露天風呂
DSC08710.JPG
ロビーで飼われる亀

吾等の部屋は5階フロアのバストイレ付きの和室。浴室は6階の展望風呂と1階の源泉かけ流し風呂。泉質は酸性-含硫黄-ナトリウム-アルミニウム・カルシウム-鉄(Ⅱ)-硫酸塩泉。最初は石油臭いで気になったが、そのうちに慣れてきた。

翌日の一日はのんびりと東鳴子温泉と鳴子温泉の散策。東鳴子温泉方面へ歩き、JR陸羽東線鳴子御殿愈駅へ。駅舎内に沢山の絵が展示されていて、この書かれている標語が面白い。「ムリしなくてもいいからね しあわせに鳴子と」「わたしは弱い あなたは弱い それを知ってる二人は強い」など。駅員に聞くと観光土産店にポストカードとして販売されているという。当初は「子供たちが描いたのかな?それにしてはうますぎる」と思っていたが、絵本作家の大野隆司氏の作品だった。東鳴子温泉観光協会のイベントで知り合い、町興しでなし得たことらしい。今では東京からの大野氏のフアンが作品を求めて東鳴子温泉に来る人もいるという。
DSC08671.JPG
DSC08670.JPG
DSC08672.JPG
JR鳴子御殿湯駅
DSC08673.JPG
DSC08674.JPG
DSC08675.JPG
鳴子御殿湯駅駅舎内
DSC08676.JPG
DSC08677.JPG
東鳴子温泉街
DSC08679.JPG
DSC08680.JPG
東鳴子温泉神社

鳴子温泉街を散策する。駅まで歩き裏手に回り、鳴子郵便局へ。局前には珍しいこけし型ポストが鎮座している。宮城県版絵入り年賀状がないか、預金をすると温泉名が印字されるのか、などを聞いていると女性職員が小さな紙コップにお茶を入れてくださった。「えっお茶を入れてくれるの?」と驚くと「いつもそうしてますよ」とのこと。彼女は何と渡部理恵鳴子郵便局長さんだった。「こけし型ポストは、日本初の設置ですよ」局内には素敵な飾りがされており、女性ならではの感覚だなと改めて思った。温泉マニアとして「温泉絵柄の切手の発行にご尽力をしてほしい」と訴えると「こけしの絵柄の切手は、地域版で発行しているのですが・・・」とおっしゃっていた。
DSC08692.JPG
鳴子温泉源泉の一つ
DSC08694.JPG
鳴子郵便局まえのこけし型ポスト
DSC08696.JPG
郵便局内の飾り
DSC08703.JPG
土産店内に下げられたこけし提灯
DSC08706.JPG
こけし電話ボックス

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(50)  コメント(1) 

シニア大冒険計画・キャンピングカーで米国横断! [海外のはなし]

シニア大冒険計画・キャンピングカーで米国横断!
DSC08580.JPG

 11月11日付けの西多摩新聞「シニア大冒険計画・キャンピングカーで米国横断!」の記事を妻が見て、「これ、貴男に合っているんじゃない?」と記事を見せてくれた。
そこで思い出したのが、私のブログでも紹介した白川由紀著「もっと世界を見たい」だった。1994年からドイツからネパールまでの10カ国の国境を越えて大陸横断にトラックを改造したオーダーメイドの路線バスの旅だ。彼女はその後、トルコから南アフリカまでのアフリカ大陸縦断15カ国、南アメリカ大陸縦断バスの旅も成功させた。
http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2008-03-13

 何時かはそんなアドベンチャーな旅をしたいと思っていただけに、西多摩新聞の情報に飛びついた。羽村市で「ケインズ・イングリッシュカフェ」を開いている増山健一氏ら三人が中心メンバーで、翌日早速話を聞きに行った。記事では、2018年4月27日~5月16日に20日間の予定だったが、実際は2019年の同日だという。
 8人乗りのキャンピングカー利用、自炊で寝泊まりし、費用は一人30万円を上限とするという。性別年齢は不問。行程は、ロサンゼルス~ラスベガス~エリア51~グランドキャニオン~モニュメントバレーをえてメンバーの一人の知人の大農場・大牧場を訪問、メンフイス~ナッシュビル~ワシントンDC~ニューヨークまでを横断する約4千㎞。食事は自分たちで自炊し、自分たちで運転することになる。アメリカ西海岸の温泉情報などの書籍をお届けして検討することになった。
また、参加者が日常英会話に不自由しないよう実施までの期間1年余を開けたという。増山さんのイングリッシュカフェ(一時間1500円)で学んでいただくという。たまたま受講生と若いウクライナ人の女性講師が見えていたので、増山氏が「あなたもついでに体験したらどうか」と勧められたので、仕方なく参加する羽目になった。

 私の希望参加条件として、行程の中に最低でも3~4か所の温泉地に立ち寄ること。運転や座席に座りどうしでは、私の腰が持たないので、行程の観光などに歩く時間を取ってほしいこととお伝えさせていただいた。

 募集要項は、
1.趣旨:ロサンゼルスからニユーヨーク間を横断すれば凡そそのアメリカが分かると言われております。観光・交流を楽しみながら私たちのアメリカ認識をより一層豊かなものにしたいと思います。
2.移動・宿泊・食事:キャンピングカーで移動するとともに宿泊し、食事は参加者による自炊となります。キャンピングカーには自炊設備は勿論、トイレ、シャワーも設置されています。
3.日程:2019年4月27日~5月16日 20日間
4.旅費:30万円を上限にしています。(個人保険を含まず)
5.募集人員:3名のキャンセル待ちを含み11名。性別、年齢不問。
6.お問合せ・お申し込み:増山健一さん[電話]090-1800-9295
7.英会話に自信のない方:旅行に必要な英会話の取得を「Ken‘s English Cafe」で対応。

☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

nice!(54)  コメント(2) 

クロアチア等周遊の目玉、プリトヴィツエ湖群国立公園を歩く! 2017年10月17日 [海外のはなし]

クロアチア等周遊の目玉、プリトヴィツエ湖群国立公園を歩く! 2017年10月17日
DSC08030.JPG
下湖群のシャプリラ洞窟

 ツアー7日目に、スプリットからバスで3時間半、「クロアチア・スロベニア5ヶ国周遊11日間」の目玉の一つ、プリトヴィツエ湖群国立公園へ向かう。この公園は、大小16の湖と92か所の滝を持つ国立公園で1979年にユネスコの世界遺産に登録されている。入場料は110クーナ。プリトヴィツエ川は、森の中を蛇行して流れ、ユラナ川との合流点では、落差78mのヴェリキ滝となり、二つの川は一つの湖に流れ込んでいる。湖の標高差は約640m。園内はとても広いので、遊覧船やエコロジーバスが運行している。
DSC07929.JPG
DSC07930.JPG
DSC07932.JPG
DSC07934.JPG
DSC07935.JPG
DSC07940.JPG
DSC07941.JPG
DSC07943.JPG
DSC07948.JPG
DSC07949.JPG
DSC07950.JPG
DSC07953.JPG
DSC07955.JPG
DSC07958.JPG
DSC07961.JPG
DSC07967.JPG
DSC07970.JPG
DSC07972.JPG
DSC07975.JPG
DSC07981.JPG
DSC07988.JPG
DSC08000.JPG
DSC08004.JPG
DSC08006.JPG

 私たちはカフェ公園入口から入園し、上湖群方面の木道を歩く。上湖群は、公園西側の標高の高いエリアになる。二キロ余りを歩くとベールのように流れ落ちるヴェリキ・ブルシュタヴツィ滝に出る。西に向きを変えガロヴァツ湖に沿ってバスステーション3へ出る。ここからは約5㎞移動して下湖群の入り口になるバスステーション1へ。
DSC08007.JPG
DSC08021.JPG
DSC08024.JPG
DSC08027.JPG
DSC08028.JPG
DSC08030.JPG
DSC08031.JPG
DSC08035.JPG
DSC08037.JPG
DSC08042.JPG
DSC08047.JPG
DSC08050.JPG
DSC08055.JPG
DSC08058.JPG
DSC08064.JPG

 下湖群は、中心に当たる大きな湖コズイヤク湖から流れる段上の滝が続くエリア。カヴァノヴァツ湖とカルジェロヴァツ湖の間の遊歩道を抜けて、園内最大のヴェリキ滝に着く。終点はチケット売り場の入り口1へ。上空から見るヴェリキプルシュタヴツイ滝の周辺の眺望は素晴らしく、妖精でも出て来そうな神秘的な森だ。パンフレットの写真も紹介する。
DSC08537.JPG
パンフレットの写真


☆危機一髪エッセイ http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26
☆四国歩き遍路 第1番・霊山寺~第6番・安楽寺http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2017-03-25
☆北国街道を歩く 軽井沢追分宿からの挑戦!http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-12
☆旅と温泉の情報室 http://www.a-spa.co.jp/
☆旧街道を歩く旅 http://www.a-spa.co.jp/tabi/nikko/index.html
★スペイン聖地サンティゴ巡礼を歩く 初日サン・ジャン・ピエ・ド・ポーから
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-19
☆海外温泉入浴珍道中 http://www.a-spa.co.jp/junyoku/matsuno.htm
☆旅と温泉の思い出ショップ http://aaspa.web.fc2.com/shop/
☆おんせん県おおいたで、生活費1ヶ月6~7万円で過ごせるか挑戦中!第2弾
 http://hide-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-02-01

旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ

nice!(39)  コメント(1) 
前の10件 | -
メッセージを送る